93件中 51 - 60件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    ママー・マカロニ - パスタの製造 - 日清フーズ(株)子会社(日清製粉グループ)栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    上記会社と同じく旧西武化学工業が前身。後に農芸・鉄鋼の両部門を朝日工業として企業分割、社名を改称。長らくセゾングループの一員となっていたが、2004年に第一経営グループに収まった。しかし2009年同グループが経営破綻したため、ファミリーマート主導で再建・再編され、株式会社ジョイアス・フーズとなる。2016年1月29日、ジョイアス・フーズは日清製粉グループ本社が株式の65.1%を取得した上で同社が連結子会社とされた。なお大豆製品専門メーカーとして分社化された新会社の朝日食品工業は、2016年に社名を株式会社アサヒコに変更した。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • 富田浜海水浴場

    富田浜海水浴場から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    富田浜海水浴場にアクセスしていた富田浜駅は閑静とした住宅街の中にある。1959年(昭和34年)の伊勢湾台風の襲来まで、富田浜地域は白砂青松の砂浜だった。遠浅の海水浴場だった富田浜町は別荘地として発展してきた。医療法人富田浜病院と付属で過去にあった富田浜看護婦学校が所在しており、皇后美智子の実家(日清製粉グループ本社)正田家の別荘や名古屋市の財界人が使用する別荘地にもなっていた。有料の海水浴場もあり、夏休み期間になると、富田浜駅のホームは名古屋駅や四日市駅からの海水浴客で混雑した。富田浜海水浴場 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス

    シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスから見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    大枝宏之(1987): 元日清製粉グループ本社社長兼日清製粉会長シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 福岡国際マラソン

    福岡国際マラソンから見た日清製粉グループ日清製粉グループ本社

    日清製粉グループ(ラジオ)(2002年)福岡国際マラソン フレッシュアイペディアより)

  • テンコーポレーション

    テンコーポレーションから見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    コンベア式フライヤーを採用し、油温管理および揚げ作業経験などの有無にかかわらず均質かつ迅速な供食と、人件費低減を成し得ている。天ぷら粉は日清製粉グループ(日清製粉・日清フーズ)と共同開発したものを使用し、天ぷら油は日清オイリオグループに特注した植物油を使用している。テンコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知

    マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知から見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    オフィシャルスポンサー:興和(バンテリン名義)、第一生命保険、日清製粉グループ本社マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川亮

    瀬川亮から見た日清製粉グループ日清製粉グループ本社

    日清フーズ(日清製粉グループ)「お好み焼粉」(2009年 - )瀬川亮 フレッシュアイペディアより)

  • ユビキノン

    ユビキノンから見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    2007年現在コエンザイムQ10の原料製造を行っているのは世界でも日本企業5社(日清ファルマ(日清製粉グループ本社子会社)、カネカ、旭化成ファーマ(旭化成子会社)、三菱ガス化学、協和醗酵工業)のみであり、世界シェア100%を握っている。中でもカネカは最大のシェア(約65%)を持っている。各社とも、発酵法によって製造を行っている。ユビキノン フレッシュアイペディアより)

  • 水沢アキ

    水沢アキから見た日清製粉グループ本社日清製粉グループ本社

    日清製粉 チーズケーキミックス「クールン」、パスタ「マ・マー スパゲッティ」水沢アキ フレッシュアイペディアより)

93件中 51 - 60件表示

「日清製粉グループ本社」のニューストピックワード