前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • アイネス

    アイネスから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    1999年 - プライバシーマークの認定を取得。デジタル決済専門会社 COCを設立、 日立ソフトウェアエンジニアリングと資本・業務提携を発表アイネス フレッシュアイペディアより)

  • 日立ソリューションズ

    日立ソリューションズから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    2010年10月にシステムインテグレーターの日立システムアンドサービス(日立システム、日立SAS)とソフトウェアハウスの日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)が合併して設立された。日立ソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    2009年4月、業績悪化の責任をとり、取締役会長の庄山悦彦と代表執行役執行役社長の古川一夫が退任し、元副社長で日立マクセル、日立プラントテクノロジーの取締役会長、元日立ソフトウェアエンジニアリング代表執行役の川村隆が代表執行役執行役会長兼執行役社長に就任。同時に、グループ会社に転出していた元副社長3名も副社長に復帰し、経営改革が進められている。日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 日立ソフト

    日立ソフトから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    日立ソフト フレッシュアイペディアより)

  • 日立ソフトウェア

    日立ソフトウェアから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    日立ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • スーパーカネコノバシステム

    スーパーカネコノバシステムから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    ところが、SH-2関連の開発プログラムはまだ完成域に達しておらず、下請けの日立ソフトウェアエンジニアリングによる作業も滞り、開発は頓挫、同社は完成を見ずに引き上げてしまう。残された未完成の基板を元にカネコ独力で完成させ、第1弾ソフトギャルズパニック4遊を発売したのは1996年。既に同等以上の処理性能を持つ基板が各社から出ている中にあって、当初の目論見は外れ、この基板を用いる他メーカーは数社のみに留まった。スーパーカネコノバシステム フレッシュアイペディアより)

  • 真瀬正義

    真瀬正義から見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    1996年4月 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社に入社。真瀬正義 フレッシュアイペディアより)

  • 大連華信コンピュータ

    大連華信コンピュータから見た日立ソフト日立ソフトウェアエンジニアリング

    未上場会社であるが、日本のNEC、NTTデータ、日立ソフト、NECソフト、新日鉄住金ソリューションズ、米国のマイクロソフトが出資していることか公開されている。大連華信コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • プラスe

    プラスeから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    2001年(平成13年)1月22日、JCMは日立ソフトウェアエンジニアリング、東京放送(現TBSテレビ)、ビーエス・アイ(現・BS-TBS)、日立京葉エンジニアリング(現・日立ケーイーシステムズ)、日立電子サービス(現・日立システムズ)、JSAT(現・スカパーJSAT)、NTTコミュニケーションズと共同記者発表を行い、プラスeを発表した。発表当初のコンテンツ提供事業者はエイベックスほか13社に及び、同年1月25日に東京都武蔵野市のガスト関前店に試験導入することが公表された。記者発表時点でプラスeの導入を決めていた企業はすかいらーくなど12社であった。また2005年(平成17年)までの導入目標を日本全国で5,500店舗11万台とした。なお、この発表の前に、日経産業新聞が2000年(平成12年)10月5日にプラスeについて報道している。プラスe フレッシュアイペディアより)

  • 日立システムアンドサービス

    日立システムアンドサービスから見た日立ソフトウェアエンジニアリング日立ソフトウェアエンジニアリング

    2010年10月1日付けで日立ソフトウェアエンジニアリングと対等合併し、日立ソリューションズに商号変更した。日立システムアンドサービス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示