前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • 日産コンツェルン

    日産コンツェルンから見た日立国際電気日立国際電気

    日立国際電気 - 日立電子・国際電気・八木アンテナ(旧社)の三社合併により誕生。新社の八木アンテナは分社化された子会社。日産コンツェルン フレッシュアイペディアより)

  • 東証システムサービス

    東証システムサービスから見た日立国際電気日立国際電気

    2008年7月21日 小型選択テレビの維持・保守事業を株式会社日立国際電気へ譲渡する。東証システムサービス フレッシュアイペディアより)

  • 2インチVTR

    2インチVTRから見た日立国際電気日立国際電気

    これらの広帯域信号の記録技術および精巧なメカニズムの制御技術は真空管を用いた、当時の電子回路としては特に高度なものだった。後に電子回路はトランジスタや集積回路で置きかえられたものの、基本的な技術は変わることなく用いられた。しかも、その後の1インチVTRも信号処理やテープ走行制御の基本技術は本方式を継承発展させたものであり、この技術が先進的なものだったことを物語っている。AMPEXは基本特許を広範に取得したため、芝電気(現在の日立国際電気)やNECなどの国内メーカーは自社生産を行うためライセンス料を支払って技術導入をしていた。一方家電メーカーはアンペックスの特許にとらわれずにVTRを生産できるようにヘリカルスキャン方式の開発に傾斜していきEIAJ統一I型、3/4インチのU規格(Uマチック)などを経て1/2インチのベータマックスやVHSを生み出した。2インチVTR フレッシュアイペディアより)

  • mova

    movaから見た日立国際電気日立国際電気

    KO(国際電気、現日立国際電気)※KO210iのみ。現在携帯端末からは撤退。mova フレッシュアイペディアより)

  • 日立国際八木ソリューションズ

    日立国際八木ソリューションズから見た日立国際電気日立国際電気

    株式会社日立国際八木ソリューションズ(ひたちこくさいやぎソリューションズ、英:Hitachi Kokusai Yagi Solutions Inc.)は、アンテナ及びアンテナ周辺機器,のメーカー。日立国際電気の連結子会社である。本項では、前身法人である八木アンテナについても扱う。日立国際八木ソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見た日立国際電気日立国際電気

    日立ソリューションズ、日立システムズは、システムインテグレーターとして、情報システムの開発やアウトソーシングの受託を行う。売上高に占める比率は19%、7万6,534名の従業員を抱える。関連企業に日立国際電気など。日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 日立電子

    日立電子から見た日立国際電気日立国際電気

    日立電子 フレッシュアイペディアより)

  • UM02-KO

    UM02-KOから見た日立国際電気日立国際電気

    FOMA UM02-KO(ふぉーまゆーえむぜろにけいおう)はNTTドコモが提供する、日立国際電気製の通信モジュールである。ユビキタスモジュールなどとも呼ばれている。UM02-KO フレッシュアイペディアより)

  • M規格

    M規格から見た日立電子日立国際電気

    当時ニュース取材(ENG)で使用されていたU規格や1インチVTRはいずれもカメラ部とVTR部を分離しなければならなかったが、小型化された本機ではVTR一体型カメラ(カムコーダ)が可能になり、機動的な取材活動に寄与することになった。同規格にはほかに池上通信機と日立電子が賛同した。しかし、直後にソニーから同コンセプトのベータカムが発売になると販売は伸び悩み、多くの放送局で採用されることはなかった。その後松下電器では、1985年にメタルテープを採用した後継規格のMIIを開発・発売することになるが、当規格との互換性はない。M規格 フレッシュアイペディアより)

  • 前田正博 (官僚)

    前田正博 (官僚)から見た日立国際電気日立国際電気

    2007年(平成19年)6月:株式会社日立国際電気取締役。前田正博 (官僚) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「日立国際電気」のニューストピックワード