38件中 11 - 20件表示
  • キドカラー

    キドカラーから見た日立国際電気日立国際電気

    1970年代からは、日本コロムビア(現:デノン)にもOEM供給された。期間は1995年までのようである。これは、「トランパ」「ファインカラー」シリーズと名付けて販売されていた。ただし、一部の大型テレビのみDENONブランドで発売された。この他に同じグループの日立電子にも業務向けに、カラーモニターがOEMされている。キドカラー フレッシュアイペディアより)

  • '87未来の東北博覧会

    '87未来の東北博覧会から見た日立国際電気日立国際電気

    出展者 : 新日本製鐵、日本鋼管、川崎製鉄、住友金属、神戸製鋼所、東北金属工業、日揮、日本精工、セイコー電子工業、沖電気工業、東北電気工事、国際電気、スタンレー電気、オリンパス光学工業、ウルトラクリーンテクノロジー協賛グループ'87未来の東北博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオカー

    ラジオカーから見た日立国際電気日立国際電気

    無線機の主なメーカーは日本無線・池上通信機・東芝特機電子・日立国際電気など。ラジオカー フレッシュアイペディアより)

  • アキタ電子システムズ

    アキタ電子システムズから見た日立国際電気日立国際電気

    2001年3月30日 - 日立製作所がアキタ電子を完全子会社化(第2位株主で49%を持っていた日立国際電気が日立製作所に売却)。アキタ電子システムズ フレッシュアイペディアより)

  • UM02-KO

    UM02-KOから見た日立国際電気日立国際電気

    FOMA UM02-KO(ふぉーまゆーえむぜろにけいおう)はNTTドコモが提供する、日立国際電気製の通信モジュールである。ユビキタスモジュールなどとも呼ばれている。UM02-KO フレッシュアイペディアより)

  • VX方式

    VX方式から見た日立国際電気日立国際電気

    オートビジョン方式(1973年)松下電器・日立電子 → 市場に受け入れられず短期間で消滅(前述)VX方式 フレッシュアイペディアより)

  • W-SIM

    W-SIMから見た日立国際電気日立国際電気

    本田技研工業の提供する「インターナビ・プレミアムクラブ」で利用可能な「カーナビ専用サービス for internavi Premium Club」に対応した通信ユニット。WS017IN(ネットインデックス製)は、カーナビ本体とはUSBで接続する。BT001HKは、日立国際電気製。W-SIM フレッシュアイペディアより)

  • 若さとリズム

    若さとリズムから見た日立国際電気日立国際電気

    しかし、その後の2006年に、同番組の第1回放送分(1965年10月16日放送)の放送送出用2インチカラービデオテープが奇跡的に発見され、それを画像修復したものが総合テレビの『NHKアーカイブス』で2007年1月14日に放送され、視聴者から大きな話題を呼んだ。テープが発見された当時、NHK放送センターには既に2インチVTR再生装置が無かったため(ローバンド、ハイバンド共に)、愛宕山 (港区)にあるNHK放送博物館に保存されていた芝電気(現・日立国際電気)製の2インチVTRデッキ(SV-7400型、ハイバンド・ローバンド共に再生可能)を使って再生し、それをパナソニック製のD-3のNTSCデジタルVTRにコピーをし、埼玉県川口市にあるNHKアーカイブスにてコンピューターを使って映像を修復し、放送に漕ぎつけたという。若さとリズム フレッシュアイペディアより)

  • パーソナル無線

    パーソナル無線から見た日立国際電気日立国際電気

    国際電気(現 日立国際電気パーソナル無線 フレッシュアイペディアより)

  • 国際電気通信

    国際電気通信から見た日立国際電気日立国際電気

    1948年(昭和23年) - 国際電気通信株式会社狛江工場は電元工業株式会社(現:新電元工業株式会社)となり、翌年独立し国際電気株式会社となる。国際電気通信 フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「日立国際電気」のニューストピックワード