46件中 11 - 20件表示
  • 電車にのって〜かながわフォト日記〜

    電車にのって〜かながわフォト日記〜から見た日立国際電気日立国際電気

    日立国際電気(2007年8月6日 - 2007年9月28日の月・水・金)電車にのって〜かながわフォト日記〜 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽百年食堂

    津軽百年食堂から見た日立国際電気日立国際電気

    協賛:弘前市、八戸市、黒石市、青森銀行、みちのく銀行、アサヒビール、日立国際電気、ユニー津軽百年食堂 フレッシュアイペディアより)

  • 若さとリズム

    若さとリズムから見た日立国際電気日立国際電気

    テープが発見された当時、NHK放送センターには既に2インチVTR再生装置が無かったため(ローバンド、ハイバンド共に)、愛宕山にあるNHK放送博物館に保存されていた芝電気(現・日立国際電気)製の2インチVTRデッキ(SV-7400型、ハイバンド・ローバンド共に再生可能)を使って再生し、それをパナソニック製のD-3のNTSCデジタルVTRにコピーをし、埼玉県川口市にあるNHKアーカイブスにてコンピューターを使って映像を修復し、放送に漕ぎつけたという。若さとリズム フレッシュアイペディアより)

  • OS/2

    OS/2から見た日立国際電気日立国際電気

    半導体製造装置メーカー大手の日立国際電気製の縦型拡散炉/減圧CVD装置VERTEXシリーズ、QuixAceシリーズ、ALDINNAシリーズで使用されている装置制御システムCX-3000シリーズは、SEMIスタンダード準拠のGUIのベースOSにOS/2 Warp4を採用していた。OS/2 フレッシュアイペディアより)

  • 誘導無線

    誘導無線から見た日立国際電気日立国際電気

    列車用誘導無線を日本で初めて導入したのは1952年導入の阪神電気鉄道で、国際電気(現・日立国際電気)製であった。誘導無線 フレッシュアイペディアより)

  • 東通インターナショナル

    東通インターナショナルから見た日立国際電気日立国際電気

    日立国際電気、日本電気、三菱電機、池上通信機、ソニービジネスソリューション、三菱商事、伊藤忠ケーブルシステム、東通インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • キドカラー

    キドカラーから見た日立国際電気日立国際電気

    1970年代からは、日本コロムビア(現:デノン)にもOEM供給された。期間は1995年までのようである。これは、「トランパ」「ファインカラー」シリーズと名付けて販売されていた。ただし、一部の大型テレビのみDENONブランドで発売された。この他に同じ日立グループの日立電子にも業務向けに、カラーモニターがOEMされている。キドカラー フレッシュアイペディアより)

  • アキタ電子システムズ

    アキタ電子システムズから見た日立国際電気日立国際電気

    アキタ電子システムズは1969年4月1日に日立製作所と国際電気(【現】日立国際電気)の出資でアキタ電子として設立された。アキタ電子システムズ フレッシュアイペディアより)

  • ラジオカー

    ラジオカーから見た日立国際電気日立国際電気

    中継用無線機の主なメーカーは日本無線・池上通信機・東芝特機電子・日立国際電気であり、使用にあたっては陸上移動局の免許を要する。ラジオカー フレッシュアイペディアより)

  • VX方式

    VX方式から見た日立国際電気日立国際電気

    オートビジョン方式(1973年)松下電器・日立電子 → 市場に受け入れられず短期間で消滅(前述)VX方式 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「日立国際電気」のニューストピックワード