1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • エフエムナックファイブ

    エフエムナックファイブから見た日立国際電気日立国際電気

    放送機 FT5KS-3(日立電子(現・日立国際電気))エフエムナックファイブ フレッシュアイペディアより)

  • 潟上市

    潟上市から見た日立国際電気日立国際電気

    五洋電子本社・鶴沼台工場、天王工場 - 日立国際電気のグループ会社。潟上市 フレッシュアイペディアより)

  • 富山市

    富山市から見た日立国際電気日立国際電気

    日立国際電気富山工場(八尾町保内)富山市 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽百年食堂

    津軽百年食堂から見た日立国際電気日立国際電気

    協賛:弘前市、八戸市、黒石市、青森銀行、みちのく銀行、アサヒビール、日立国際電気、ユニー津軽百年食堂 フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日立国際電気日立国際電気

    日立国際電気(略称「KO」)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン放送

    ニッポン放送から見た日立国際電気日立国際電気

    STL 送受信装置(日立国際電気)出力10W、1.8mグリッドパラボラアンテナ。バックアップ回線としてKDDI(開設時はTTNet)の光ファイバーとコーデック(英国APT社)を使用。ニッポン放送 フレッシュアイペディアより)

  • 2インチVTR

    2インチVTRから見た日立国際電気日立国際電気

    これらの広帯域信号の記録技術および精巧なメカニズムの制御技術は真空管を用いた当時の電子回路においては特に高度なものだった。後に電子回路はトランジスタや集積回路で置きかえられたものの、基本的な技術は変わることなく用いられた。しかも、その後の1インチVTRにおいても信号処理やテープ走行制御の基本技術は本方式を継承発展させたものであり、この技術が先進的なものだったことを物語っている。AMPEXは基本特許を広範に取得したため、芝電気(現在の日立国際電気)やNECなどの国内メーカーは自社生産を行うためライセンス料を支払って技術導入をしていた。一方家電メーカーはアンペックスの特許にとらわれずにVTRを生産できるようにヘリカルスキャン方式の開発に傾斜していきEIAJ統一I型、3/4インチのU規格(Uマチック)などを経て1/2インチのベータマックスやVHSを生み出した。2インチVTR フレッシュアイペディアより)

  • テレビカメラ

    テレビカメラから見た日立国際電気日立国際電気

    日立国際電気(HARP撮像管を使用したテレビカメラを開発)テレビカメラ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「日立国際電気」のニューストピックワード