前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
401件中 1 - 10件表示
  • 在日米軍

    在日米軍から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    在日米軍は、在日アメリカ軍、または条約などでは日本国における合衆国軍隊ともいい、日米安全保障条約第6条により日本国内に駐留するアメリカ軍の総称である。なお、日本には、キャンプ座間などに常駐している数十人の国連軍駐日武官や、各国大使館の駐在武官、係争中の領土(竹島、北方領土等)を除き、米軍以外に駐留する外国軍はいない。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    2010年9月に起こった尖閣諸島中国漁船衝突事件の際は、ヒラリー・クリントン国務長官は、日本の前原誠司外務大臣との日米外相会談で、「尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象範囲内である」との認識を示し、同日行われた会見でロバート・ゲーツ国防長官は「日米同盟における責任を果たす」「同盟国としての責任を十分果たす」とし、マイケル・マレン統合参謀本部議長は「同盟国である日本を強力に支援する」と表明している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 北方領土問題

    北方領土問題から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    岸信介内閣が日米安全保障条約改定を行ったことに対してソビエトが反発。ソ連は、歯舞群島と色丹島の引き渡しは「両国間の友好関係に基づいた、本来ソビエト領である同地域の引き渡し」とし、引き渡しに条件(外国軍隊の日本からの撤退)を付けることを主張する。日本政府は、共同宣言調印時には既に日米安保があったとして反論。北方領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    冷戦期は専守防衛の枠内で日米安全保障条約に従って在日米軍の日本防衛機能を補完する役割を担った。ポスト冷戦期の1990年代からは国連平和維持活動などのため、海外派遣が行われている。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国憲法第9条は、国権の発動である戦争と武力による威嚇または武力の行使は「国際紛争を解決する手段としては」放棄する平和主義を定めている。そのため、日米安全保障条約や自衛隊の設置が、同条に違反しないかについては、戦後古くから議論があり、また国の自衛権についても議論がある。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    また同論では、改憲にあたっては憲法第9条のみならず、第1章「天皇」の問題と、第20条「信教の自由」に関する神道の問題と関連させて考えなければ、日本は独立国としての体面を回復できず、アメリカの思う壺にはまるだけであると警告している。憲法9条のみを改正し、日米安保を双務条約に書き変えるだけでは、韓国その他アジア反共国家と並ぶだけの結果に終ると警告し、正しい日本の体面回復のためには、憲法9条を全部破棄し、その代わりに、日本国軍を設立し憲法に、「日本国軍隊は、天皇を中心とするわが国体、その歴史、伝統、文化を護持することを本義とし、国際社会の信倚と日本国民の信頼の上に健軍される」という建軍の本義を規定・明記するべきであると主張している。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障条約

    安全保障条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本語の文脈で安全保障条約という場合、特に略語としての「安保」と呼ばれる場合には、固有名詞として用いられることも多く、その場合、「日米安全保障条約」と略される「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」(新安保、60年安保)や、その前身の「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」(旧安保、51年安保)を指す。安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    なお、NPT条約の締結以前、非核三原則以前であれば日本政府は「防衛用核兵器は憲法上保有しうる」という見解で核武装の完全な否定はしていない。しかし、日米安保体制にある限り、やはり戦略核抑止について論じられることはなく、戦術核に言及されるのみである。日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年の政治

    1960年の政治から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1月6日 - 日米安保条約改定の日米交渉妥結。1960年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • そう言えば あの時このうた

    そう言えば あの時このうたから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    (大阪万博・新安保条約自動延長・瀬戸内シージャック事件)そう言えば あの時このうた フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
401件中 1 - 10件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード