510件中 91 - 100件表示
  • 馬追丘陵

    馬追丘陵から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1969年、馬追山山中に航空自衛隊が「ナイキ地対空ミサイル基地」を建設するために、当時の農林大臣が森林法に基づいて国有水源涵養保安林の一部(全体、約1500haのうち約35ha)指定を解除した。これに対し反対派地域住民のうちの一部や、左翼系の護憲派、日米安保反対派、在日朝鮮人の団体や、日教組などで構成される反基地闘争勢力が、「基地には公益性がなく、自衛隊は違憲であり、保安林解除は違法である」として、保安林指定解除の取消しを求めて行政訴訟を起こした事件である。訴訟は、一審の札幌地裁では「平和的生存権」を認め、初の違憲判決で処分を取り消したものの、国の控訴による二審で札幌高裁は「防衛施設庁による代替施設の完成によって補填される」として一審判決を破棄、「統治行為論」を判示した。これを不服とした原告団は上告したものの、最高裁は違憲審査権の行使を控え、そもそも原告側には原告適格がないとして、1980年に上告を棄却した。この事件が長沼ナイキ基地訴訟問題である。馬追丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 賀屋興宣

    賀屋興宣から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    首相となった岸信介の経済顧問や外交調査会長として日米安全保障条約の改定に取り組んだほか、池田内閣の法務大臣、自民党政調会長などを歴任し、自由民主党右派・タカ派の政治家として有名だった。池田勇人は大蔵官僚時代に同郷の先輩であった賀屋に近かったとされ、総理就任後は彼を重用し、賀屋は熱心に岸の安保改定と池田の所得倍増政策に尽力した。賀屋興宣 フレッシュアイペディアより)

  • 「NO」と言える日本

    「NO」と言える日本から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本は日米安全保障条約を終わらせ、自衛すべきだ。この方が安く済み、アメリカへの依存もなくなるだろう。「NO」と言える日本 フレッシュアイペディアより)

  • 若きサムライのための精神講話

    若きサムライのための精神講話から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    収録内容:「若きサムラヒのための精神講話」「お茶漬ナショナリズム」「東大を動物園にしろ」、猪木正道との対談「安保問題をどう考えたらよいか」、福田赳夫との対談「負けるが勝ち」、福田恆存との対談「文武両道と死の哲学」、「あとがき」若きサムライのための精神講話 フレッシュアイペディアより)

  • 百万人署名運動

    百万人署名運動から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国内で、新左翼団体である中核派の関与が指摘されている。1997年9月に38人の呼びかけ人によって「日米新安保ガイドラインと有事立法に反対する百万人署名運動」として開始された。百万人署名運動 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の政治

    1994年の政治から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    7月20日 - 村山首相、所信表明演説にて「自衛隊合憲」、「日米安保堅持」と明言し、それまでの社会党の政策を180度転換する。1994年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 1952年の政治

    1952年の政治から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国との平和条約、並びに日米安全保障条約発効。連合国軍最高司令部(GHQ)廃止。1952年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ルサルカは還らない

    ルサルカは還らないから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    北朝鮮から日本へ60万人の難民が漂着し、日本政府の対応は混乱する。自衛隊は安保条約に基づいて米軍の指揮下に入ったが、首相はアメリカとの同盟関係の解消を決意する。その一方でCIAは、強力な陸軍情報部隊500MIを動かして「ツクスマ」とチーム・アイスの抹殺を図る。カシイ達は、殺されようとしていたペク書記を奪取し、証言者として同行しようとする。500MIの追撃を辛くも切り抜けたカシイ達は、日本を経由してワシントンへ向かう。ワシントンでは、元国務長官・元FBI長官らが、ペク書記受け入れの準備を進めていた。そしてルサルカ計画は阻止され世界は平和に戻り、チーム・アイスの面々は新たな未来に向けて歩み始めた。ルサルカは還らない フレッシュアイペディアより)

  • 月刊レコンキスタ

    月刊レコンキスタから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    第414号(平成25年11月号)「集団的自衛権で何を目指すのか〜容認するならば安保も地位協定も改めよ〜」月刊レコンキスタ フレッシュアイペディアより)

  • アーミン・マイヤー

    アーミン・マイヤーから見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    折しも駐日大使のポストが、沖縄返還問題、日米安保条約の更新問題、繊維に代表される日米貿易摩擦などの難題をかかえており選考が難航していた。そのため、あたかも「瓢箪から駒」のように、中東専門家のマイヤーが駐日大使に任命されたのである。新駐日大使マイヤーの名を聞いて日本政府筋は「なじみが薄く予想外の人事」と異例のコメントを出し、朝日新聞記者に「新大使の駐日大使としての適格性は?」と訊かれた国務省筋の人物がしばらく絶句したという。アーミン・マイヤー フレッシュアイペディアより)

510件中 91 - 100件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード