401件中 91 - 100件表示
  • ワシントンハイツ (在日米軍施設)

    ワシントンハイツ (在日米軍施設)から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    さらに1960年(昭和35年)6月には日米安全保障条約が発効、在日米軍の駐留は恒常化され、この間を通してワシントンハイツは日米地位協定により主権が及ばないアメリカ軍用地・住宅地として東京都心に存在し続けた。ワシントンハイツ (在日米軍施設) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隆夫

    鈴木隆夫から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1955年、左右社会党の統一、保守合同を機に退任した大池眞の後をうけ、第3代・2人目の衆議院事務総長に選ばれる。55年体制成立期の度重なる議事の混乱の中、衆議院の事務方の長として、その任に当たったが、1960年、日米安全保障条約の審議時における院内への警察官の導入等の責任をとり、在任4年8か月で辞任した。辞任許可の本会議を前にした議院運営委員会の会議録には、その退任を惜しむ委員の声が記録されている。鈴木隆夫 フレッシュアイペディアより)

  • 容共

    容共から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    第二次世界大戦後、レッドパージの立場をとる者が愛用。日本社会党は、戦前の社会大衆党と、労働農民党が合流して出帆したが、多数講和か、全面講和か(=共産主義に対する見解の相違)で、右派社会党と、左派社会党に分裂した。1955年に両派は合同するものの、僅か5年後の1960年には日米安全保障条約に条件付賛成の右派が民主社会党を結成し(=共産主義に対する見解の相違)、更に改称した民社党は、自由民主党以上に容共を攻撃した。容共 フレッシュアイペディアより)

  • 知花昌一

    知花昌一から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1996年3月 『燃える沖縄揺らぐ安保 譲れるものと譲れないもの』社会批評社、ISBN 4916117158知花昌一 フレッシュアイペディアより)

  • 松本利秋

    松本利秋から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    軍事同盟-日米安保条約 山本皓一撮影 クレスト社、1996.2松本利秋 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・クリストフ

    ニコラス・クリストフから見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    2010年9月10日、コラムで「1972年にアメリカが沖縄の施政権を日本に返還したため、尖閣諸島の問題で日本を助けるというばかげた立場をとるようになった。米国は核戦争の危険を冒すわけがなく、現実的に日米安全保障条約を発動する可能性はゼロだ」と主張した。また尖閣諸島問題に関しては「はっきりした答えは分からないが、私の感覚では、中国に分があるようだ」と主張した。さらに、同月20日のコラムで、日本総領事館から送られた、尖閣諸島が歴史的・国際法上も日本の固有の領土であることを指摘した反論文を一部掲載した。総領事館の広報センター所長は「そもそも尖閣諸島をめぐる領土問題は存在しない。にもかかわらず、希薄な根拠をもとに中国に分があるような記述をしていたため、直接会って反論した」と話した。ニコラス・クリストフ フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    国家としては、強い軍隊を持ち、「対外資産を守るためには軍事力を行使する」と宣言していなければ、人は利息を払ってはくれないし元金を返してくれない。歴史を見れば、海外に投資した国は外国に基地を作り、軍隊を派遣する。昔は植民地や軍事駐留基地を持ち、戦後は航空母艦を持った。今は、その真似を中国がやっている。これまで日本がそのようなことをしなくても外国が金を返してくれたのは、日米安保条約があったことと、「日本人はまた貸してくれるだろう」という期待で、これが一番大きい。日本に底が見えて「日本からはもう借りられない」となったら、途端に日本は酷い目に遭う。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木守

    佐々木守から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安保条約成立後の1960年に日本共産党に入党、数ヶ月で離党した経験から、政治思想的には左翼のスタンスであり、後年のインタビューなどでも「今でも機動隊のバスを見かけると怒りがこみ上げて体が熱くなってくるんですよ」「なぜ今の若者は国に怒りを持たないのだろう」等と述懐しているほか、「今の日本の諸悪の根元は天皇制にあります」などと反天皇制思想を明確に表明していた。実際佐々木の代表作『お荷物小荷物』、『アイアンキング』には佐々木の反天皇制思想が垣間見える(前者は琉球王国やアイヌ民族による逆襲、後者は熊襲の子孫による逆襲)。佐々木守 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の、これから

    日本の、これからから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    第29回放送(3月12日22:00 - )「日米同盟・安保日本の、これから フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・アップルトン・フィアリー

    ロバート・アップルトン・フィアリーから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1959年から1961年9月まで在東京大使館に一等書記官として駐在し、政治軍事部課長および日米安全保障条約担当主任として締結交渉に関与。1961年10月から1963年8月まで国務省北東アジア部で日本課長。1963年8月から1964年7月まで国務省東アジア部の副部長代行、1966年7月まで同部長。1966年から1969年までアメリカ太平洋軍司令官政治顧問。1969年から1972年まで琉球列島民政官(公使級)。ロバート・アップルトン・フィアリー フレッシュアイペディアより)

401件中 91 - 100件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード