401件中 11 - 20件表示
  • 日米地位協定

    日米地位協定から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米地位協定(にちべいちいきょうてい)、U.S. - Japan Status of Forces Agreement、SOFA。正式名称「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのそうごきょうりょくおよびあんぜんほしょうじょうやくだいろくじょうにもとづくしせつおよびくいきならびににほんこくにおけるがっしゅうこくぐんたいのちいにかんするきょうてい、Agreement under Article VI of the Treaty of Mutual Cooperation and Security between Japan and the United States of America, Regarding Facilities and Areas and the Status of United States Armed Forces in Japan)は、1960年(昭和35年)1月19日に、新日米安保条約(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約)第6条に基づき、日本とアメリカ合衆国との間で締結された地位協定。主に在日米軍の日米間での取り扱いなどを定める。1952年(昭和27年)2月28日に、旧・日米安全保障条約3条に基づいて締結された日米行政協定(日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定)を承継する。日米地位協定 フレッシュアイペディアより)

  • 日本創新党

    日本創新党から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米同盟を外交の基軸としつつも、自由と平和を尊重する諸外国とも関係を深める。日本創新党 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのあんぜんほしょうじょうやく、Security Treaty Between the United States and Japan)は、日本における安全保障のため、アメリカ合衆国が関与し、アメリカ軍を日本国内に駐留させることなどを定めた二国間条約である。いわゆる旧日米安保条約と呼ばれるものであり、1951年9月8日の日本国との平和条約の同日に署名された。1960年に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(新日米安保条約)が発効したことに伴い、失効した。日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・アーミテージ

    リチャード・アーミテージから見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    2007年2月には、政策シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)において再度超党派による政策提言報告「第二次アーミテージ・レポート」(正式名称:"The U.S.-Japan Alliance: Getting Asia Right through 2020")を作成・発表、日米同盟を英米のような緊密な同盟関係へと変化させ、東アジアの地域秩序の中で台頭する中国を穏健な形で秩序の中に取り込むインセンティブとすることなどを提言している。リチャード・アーミテージ フレッシュアイペディアより)

  • 安保闘争

    安保闘争から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    安保闘争(あんぽとうそう)とは、1959年(昭和34年)から1960年(昭和35年)、1970年(昭和45年)の2度にわたり、日本で展開された日米安全保障条約(安保条約)に反対する国会議員、労働者や学生、市民が参加した日本史上で空前の規模の反政府、反米運動とそれに伴う政治闘争である。60年安保闘争では安保条約は国会で強行採決されたが、岸内閣は混乱の責任を取り総辞職に追い込まれた。しかし70年安保闘争では左翼側の分裂や暴力的な闘争、抗争が激化し運動は大衆や知識人の支持を失った。安保闘争 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国下院121号決議

    アメリカ合衆国下院121号決議から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    「歴史事実委員会」の西村幸祐によればこの広告によって日米同盟の重要性が再認識され、決議案可決の流れが止まることを期待していたという。しかし、日本側の動きがニューヨーク・タイムズなどに報道されため全面広告が逆効果になったとも報道された。ディック・チェイニー合衆国副大統領も意見広告に不快感を示した。アメリカ合衆国下院121号決議 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    岩手県生まれ。馬車引きなどをしながら1923年(大正12年)に日本大学を卒業。弁護士となり、三木武吉に師事して1929年(昭和4年)から東京市議、府議を5期つとめる。1946年(昭和21年)の戦後初の総選挙で岩手県から衆議院議員に当選(自由党)。選挙法改正の論功行賞で1948年(昭和23年)に第2次吉田内閣の運輸大臣に抜擢され、以後も、郵政・電気通信大臣、行政管理庁長官、自由民主党国会対策委員長を歴任。三木仕込みの議会駆け引きを押しの強さで「闘牛」の異名をとり、小選挙区法案(1956年)や安保条約改定(1960年)など問題案件の審議では特別委員長に起用され、与野党激突の焦点に立った。藤山派の参謀格で当選10回。小沢一郎(自民党)は長男。小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本にとってアメリカは唯一の同盟国であり、アメリカにとっても日本は重要な同盟国の一つである。両国は安全保障面で強い協力関係を築いている。太平洋戦争(第二次世界大戦)で両国はアジア太平洋地域で4年間に渡って激しい戦いを繰り広げたが、戦後はアメリカを中心とする連合国軍が日本を占領・統治した。7年の占領時代を経て日本が主権を回復した後は、日米安保条約での日米同盟に基づき基地用地および駐留経費の一部(思いやり予算)を提供している。これについては沖縄などで縮小運動が起きることがあり、しばしば政治的な課題として浮上する。日本国内では日米安保条約が日本の安全保障や外交の自主性を損なっていると批判されることもあるが、日本政府は周辺諸国の軍事力に対する警戒感から同盟の強化を図る考えである。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 大島渚

    大島渚から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1961年(昭和36年)、日米安全保障条約に反対する安保闘争を舞台にした作品『日本の夜と霧』(1960年)を、松竹が大島に無断で自主的に上映中止したことに猛抗議し、同社を退社。その後、1961年に同時に松竹を退社した妻の小山、大島の助監督でその後脚本家として活動する田村孟、脚本家の石堂淑朗、俳優の小松方正、戸浦六宏ら6名で映画製作会社「創造社」を設立する。その後、俳優の渡辺文雄らが加わる。大島渚 フレッシュアイペディアより)

  • 日米関係

    日米関係から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1952年の安全保障条約の改定に関する二国間対話は1959年から始まり、1960年1月19日、ワシントンにて、新たに日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約が調印された。2月5日、条約が批准のために国会に付託されたとき、日米関係の議題をめぐり激しい議論が行われ、条約に反対する左翼は総力を挙げてその国会通過を阻止しようとした。5月20日、条約はついに衆議院において承認された。日本社会党の議員らは、衆議院の下級の委員会を欠席し、自由民主党の議員が議会に入場するのを阻止しようとしたが、彼らは警察によって取り除かれた。学生による大規模なデモと暴動が起こり、労働組合もそれに続いた。これらの激しい運動はドワイト・D・アイゼンハワー大統領が予定していた日本訪問を妨害し、岸信介首相の辞任を早めたが、衆議院の承認から30日以内に参議院がこの問題について投票を行うことができなかったため、憲法の規定により6月19日に条約は自然成立した。日米関係 フレッシュアイペディアより)

401件中 11 - 20件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード

  • セガコラボカフェ ラブライブ!サンシャイン!!

  • 陸上での大規模攻撃を実行する能力があるとは分析していなかった

  • 社長が選ぶ 今年の社長2016