510件中 11 - 20件表示
  • 北方領土問題

    北方領土問題から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    岸信介内閣が日米安全保障条約改定を行ったことに対してソビエトが反発。ソ連は、歯舞群島と色丹島の引き渡しは「両国間の友好関係に基づいた、本来ソビエト領である同地域の引き渡し」とし、引き渡しに条件(外国軍隊の日本からの撤退)を付けることを主張する。日本政府は、共同宣言調印時には既に日米安保があったとして反論。北方領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    なお、NPT条約の締結以前、非核三原則以前であれば日本政府は「防衛用核兵器は憲法上保有しうる」という見解で核武装の完全な否定はしていない。しかし、日米安保体制にある限り、やはり戦略核抑止について論じられることはなく、戦術核に言及されるのみである。日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障条約

    安全保障条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本語の文脈で安全保障条約という場合、特に略語としての「安保」と呼ばれる場合には、固有名詞として用いられることも多く、その場合、「日米安全保障条約」と略される「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」(新安保、60年安保)や、その前身の「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」(旧安保、51年安保)を指す。安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年の政治

    1960年の政治から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1月6日 - 日米安保条約改定の日米交渉妥結。1960年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのあんぜんほしょうじょうやく、Security Treaty Between the United States and Japan)は、日本における安全保障のため、アメリカ合衆国が関与し、アメリカ軍を日本国内に駐留させること(在日米軍)などを定めた二国間条約である。いわゆる旧日米安保条約(きゅうにちべいあんぽじょうやく)と呼ばれるものであり、1951年(昭和26年)9月8日の日本国との平和条約の同日に署名された。1960年(昭和35年)に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(新日米安保条約)が発効したことに伴い、失効した。日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 長沼ナイキ事件

    長沼ナイキ事件から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    ベトナム戦争の真っ最中で日米安保問題が注目を浴びていた1969年、北海道夕張郡長沼町馬追山に航空自衛隊のナイキJ地対空ミサイル基地建設のため、農林大臣・長谷川四郎は森林法第26条第2項に基づいて国有保安林の指定を解除。一部の地域住民が、自衛隊は違憲の存在であること及び洪水の危険を理由に「基地建設に公益性はない」として、保安林解除は違法だと主張し、行政処分の取消しを求めて札幌地方裁判所に行政訴訟を提起した。この札幌地方裁判所の第一審の裁判では、裁判長の福島重雄に対し、1969年9月14日、当時の所長平賀健太が、訴訟判断の問題点について原告の申立を却下するよう示唆した“一先輩のアドバイス”と題する詳細なメモを差し入れた「平賀書簡問題」が発覚し問題となった。これは「裁判官の独立」を規定した日本国憲法第76条第3項に違反するとされ、最高裁判所事務総局は平賀を注意処分とした。ただし、福島の判決は後に札幌高等裁判所と最高裁判所によって破棄され、福島自身も最高裁判所事務総局によって他県の家庭裁判所へ左遷された。一方、鹿児島地方裁判所長飯守重任(田中耕太郎の実弟)は平賀を擁護した。長沼ナイキ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 下田武三

    下田武三から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    外交官、外務省官僚としてポツダム宣言の翻訳を始め、日米安全保障条約、沖縄返還、日米繊維交渉など、戦後の日米交渉に深く関与した。下田武三 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とクロアチアの関係

    日本とクロアチアの関係から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1941年から1945年にかけて両国は正式な同盟関係(日独伊三国同盟)にあり、2009年以降には準同盟関係(日米同盟およびNATOによりアメリカ合衆国を共通の同盟国とする関係)となっており、日本とクロアチアは伝統的に深い友好関係にある。日本とクロアチアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋集団安全保障構想

    太平洋集団安全保障構想から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    第二次世界大戦後の1950年に始まった朝鮮戦争は東アジア地域に冷戦構図をもたらした。アメリカは特に国共内戦を経て1949年に成立した中華人民共和国とアジアにおける共産主義の影響力増大に対して警戒し、1951年8月にフィリピンと米比相互防衛条約、1951年9月に日本国との平和条約と同時に締結された日本との日米安全保障条約(1960年に日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約として改定)、1953年10月に韓国と米韓相互防衛条約などの共同防衛体制を築いた。太平洋集団安全保障構想 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国下院121号決議

    アメリカ合衆国下院121号決議から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    「歴史事実委員会」の西村幸祐によればこの広告によって日米同盟の重要性が再認識され、決議案可決の流れが止まることを期待していたという。しかし、日本側の動きがニューヨーク・タイムズなどに報道されたため全面広告が逆効果になったとも報道された。ディック・チェイニー合衆国副大統領も意見広告に不快感を示した。アメリカ合衆国下院121号決議 フレッシュアイペディアより)

510件中 11 - 20件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード