401件中 21 - 30件表示
  • 石原慎太郎

    石原慎太郎から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安保に反対する「若い日本の会」に大江健三郎、江藤淳らと共に参加し、反安保集会に日活俳優を総動員するよう指示するなどした。石原慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の軍事

    日本の軍事から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安全保障体制とは安全保障条約に基づいた日米同盟を言う。これは1952年に日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約が発効し、1960年には日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約に改定されており、ここでは改定後の体制について述べる。日本国内に米国は自国部隊を配備する権利を与えられており、日米の事前協議を踏まえて作戦行動をとることができる。さらに日米地位協定においては米軍の基地施設や労働者などの負担を日本政府が接受国支援として「思いやり予算」を提供することになっている。日本の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 若きサムライのための精神講話

    若きサムライのための精神講話から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    収録内容:若きサムライのための精神講話、お茶漬ナショナリズム、東大を動物園にしろ、安保問題をどう考えたらよいか(対談:猪木正道)、負けるが勝ち(対談:福田赳夫)、文武両道と死の哲学(対談:福田恆存)、あとがき若きサムライのための精神講話 フレッシュアイペディアより)

  • 89式5.56mm小銃

    89式5.56mm小銃から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    使用する弾薬及び弾倉は、西側の共通規格である5.56mm NATO弾とSTANAG4179に準じている。そのため、必要があれば在日米軍などの同盟軍とそれらを共用できる。また、陸自が採用している5.56mm機関銃MINIMIとも弾薬互換性を持つ。さらには特別な器具無しで使用できる小銃擲弾が配備されており、全ての89式で火力支援と限定的な対戦車戦闘が行える。89式5.56mm小銃 フレッシュアイペディアより)

  • 55年体制

    55年体制から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    太平洋戦争(大東亜戦争)後、無産政党(日本社会党や日本共産党等)が合法化される一方、同時に保守政党が乱立する事態が発生した。1951年(昭和26年)に日本社会党が、講和条約と日米安全保障条約(安保)に対する態度の違いから、右派社会党・左派社会党に分裂していたが、保守政権による「逆コース」や改憲に対抗するために、「護憲と反安保」を掲げ、1955年(昭和30年)に社会党再統一を果たした。この日本社会党の統一に危機感を覚えた財界からの要請で、それまで存在した日本民主党と自由党が保守合同して自由民主党が誕生し、保守政党が第1政党となった。こうして「改憲・保守・安保護持」を掲げる自由民主党と、「護憲・革新・反安保」を掲げる日本社会党の二大政党体制「55年体制」が誕生した。55年体制 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    また、日本国憲法で軍隊を持たないことを定めたが、1951年(昭和26年)に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)と同時に日米安全保障条約を締結し、アメリカ合衆国軍の駐留をそのまま継続するとともに、翌年の1952年(昭和27年)には警察予備隊から改称した保安隊(その後の自衛隊)も発足し、事実上の再軍備を行なった。冷戦期には米国と同盟してソ連に対抗した。冷戦後には国際連合に協力して海外でPKO部隊を展開するようになった。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 日本近代史

    日本近代史から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    GHQが起草し占領下で制定された、日本国憲法は主権は国民に存するとした国民主権(主権在民)や、基本的人権の尊重を明記した常識的な憲法であり、戦争を放棄し、国際紛争を武力や武力による威嚇によって解決しないという平和主義を加えた三大原則でなりたっている。日米安保条約や自衛隊が日本国憲法の平和主義に違反しないかについては、戦後古くから議論があり、また国の自衛権についても議論がある。またこの憲法によって女性の選挙権が初めて認められた。日本近代史 フレッシュアイペディアより)

  • 岸信介

    岸信介から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    その経歴から、太平洋戦争後にA級戦犯容疑者として逮捕されるが、不起訴となり公職追放。公職追放解除後に政界に復帰すると自由党に入党するが、その後日本民主党の結党に加わり、保守合同で自由民主党が結党されると幹事長となった。石橋内閣にて外務大臣に就任。首班である石橋湛山の病気により石橋内閣が総辞職すると、後任の内閣総理大臣に指名され、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の成立に尽力した。岸信介 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    米国との関係を最も重視し、世界中の国と友好関係を築いているといわれている。外交の基軸として国際連合を中心に各国と幅広い外交を行い、援助や貿易を行っている。伝統的に地理的に近い東アジア各国と強い関係を保ってきた。更に、太平洋戦争敗戦後に日本の占領を担い、解除後も多大な影響力が行使されるアメリカ合衆国(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約)を最重視している。東南アジアやオーストラリア、西ヨーロッパ各国との関係も深い。日本 フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢利久

    渋沢利久から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1994年6月 - 村山連立内閣が誕生するも村山富市首相の路線転換(日米安保=堅持、自衛隊=合憲、日の丸・君が代=容認)に反発。渋沢利久 フレッシュアイペディアより)

401件中 21 - 30件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード