510件中 41 - 50件表示
  • 大島渚

    大島渚から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1960年(昭和35年)10月、日米安全保障条約に反対する安保闘争を描いた『日本の夜と霧』を発表。しかし、同作は公開から4日後、松竹によって大島に無断で上映を打ち切られた。大島はこれに猛抗議し、1961年(昭和36年)に同社を退社。同年に大島と同時に松竹を退社した妻で女優の小山明子、大島の助監督でその後脚本家として活動する田村孟、同じく脚本家の石堂淑朗、俳優の小松方正、戸浦六宏の6名で映画製作会社「創造社」を設立した。その後、同社には俳優の渡辺文雄らが加わった。この間、1961年秋に信州上山田温泉で按摩を呼んでも来ないことに業を煮やし、宿の女中を殴打するスキャンダルを起こす。この事件により松竹ヌーベルバーグ運動は終焉を迎えた。大島渚 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢佐重喜

    小沢佐重喜から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    岩手県生まれ。馬車引きなどをしながら1923年に日本大学法学部を卒業。弁護士となり、三木武吉に師事して1929年から東京市議、府議を5期つとめる。1946年の戦後初の総選挙で岩手県から衆議院議員に当選(自由党)。選挙法改正の論功行賞で1948年に第2次吉田内閣の運輸大臣に抜擢され、以後も、郵政・電気通信大臣、行政管理庁長官、自由民主党国会対策委員長を歴任。三木仕込みの議会駆け引きを押しの強さで「闘牛」の異名をとり、小選挙区法案(1956年)や安保条約改定(1960年)など問題案件の審議では特別委員長に起用され、与野党激突の焦点に立った。藤山派の参謀格で当選10回。小沢一郎元自治大臣(兼国家公安委員長)は長男。小沢佐重喜 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和

    昭和から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国憲法第9条は、国権の発動である戦争と武力による威嚇または武力の行使は「国際紛争を解決する手段としては」放棄する平和主義を定めている。そのため、日米安全保障条約や自衛隊の設置が、同条に違反しないかについては、戦後古くから議論があり、また国の自衛権についても議論がある。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしのり

    小林よしのりから見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    改憲論者でありながらも、「憲法9条は100%信じてないが、集団的自衛権を行使容認する安保法案は100%憲法違反である」「『立憲主義』は守らねばならない」として、日米安全保障条約を強化する平和安全法制(安保法制)は「従米法案」であるとの観点から反対の意を表している。小林よしのり フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    12月21日 : 前日20日のアメリカ下院に続いてアメリカ上院でも「2013会計年度国防権限法」が可決された。この国防権限法では「第3国のいかなる行為によっても尖閣諸島に日本の施政権が及んでいるという米国の認識は変らないこと」、「日本の施政権下にある地域が侵略される場合には日米安全保障条約が適用されること」が明記された。尖閣諸島が日米安保の適用内であるということがアメリカの公文書に明記されることは初めてのことである。またジム・ウェッブ上院議員(上院外交委員会委員長)が「日本の施政権が尖閣諸島に及ぶとの米国の立場が脅迫、強要、軍事的行動によってゆらぐことはない」との声明を発表した。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 岸信介

    岸信介から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    政界に復帰し、弟の佐藤栄作も属する吉田自由党に入党するが吉田茂と対立して除名、日本民主党の結党に加わり、保守合同で自由民主党が結党されると幹事長となった。石橋内閣にて外務大臣に就任する。首班石橋湛山の病気により臨時代理を務め、石橋内閣が総辞職すると後任の内閣総理大臣に指名され、日米安保体制の成立に尽力し、60年安保の苦境も乗り切った。首相退任後も政界に影響力を持ち、自主憲法制定運動に努めた。岸信介 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    冷戦期は専守防衛の枠内で日米安全保障条約に従って在日米軍の日本防衛機能を補完する役割を担った。ポスト冷戦期の1990年代からは国連平和維持活動(PKO)などのため、海外派遣が行われている。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    近年、国家財政の悪化と少子高齢化のために防衛予算と兵力は減少傾向にあったが、周辺国、特に中国の軍拡や尖閣諸島問題の影響で2013年度(平成25年度)以降は対前年比で増加に転じた。また、自衛隊が保有する装備の維持・運用・管理などにおいて他の西側諸国と同じく日米安全保障条約による同盟国アメリカに強く依存している装備も多く、実戦におけるノウハウ習得や幹部自衛官教育、新型装備に関する技術講習などでもアメリカ(在日米軍)との協力関係が重要視されている。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • 歌劇「沖縄」

    歌劇「沖縄」から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    歌劇「沖縄」の制作目的は、当時米軍占領下にあった沖縄の「基地無し・核兵器無し全面返還」と、1970年の日米安保条約自動延長の阻止・条約廃棄を求める国民運動(70年安保闘争)を、音楽作品の集団創作と全国上演活動をつうじて組織することであった。歌劇「沖縄」 フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ストラウブ

    デイヴィッド・ストラウブから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1999年から2002年まで在ソウル大使館政治課長。2002年から2004年まで国務省朝鮮部長。北京での六者会合では事務レベル協議の主要的役割を担った。2004年から2006年4月まで国務省日本部長。日米同盟における在日米軍の再編課題について、日本との協議にアメリカ代表団の共同代表として参加。デイヴィッド・ストラウブ フレッシュアイペディアより)

510件中 41 - 50件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード