401件中 41 - 50件表示
  • 周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律

    周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    そのまま放置すれば、日本に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等、日本周辺の地域における日本の平和及び安全に重要な影響を与える事態(「周辺事態」)に対応して日本が実施する措置、その実施の手続その他の必要な事項を定め、日米安保条約の効果的な運用に寄与し、日本の平和及び安全の確保に資することを目的としている。周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍裁判権放棄密約事件

    在日米軍裁判権放棄密約事件から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1958年、アメリカ合衆国国務長官ジョン・フォスター・ダレスは、日米安保条約改定にあたり、裁判権放棄を密約ではなく、日本政府に公に認めさせようとしたが、時の首相・岸信介は国内での反発を恐れ、この要求を拒んだとしている(10月4日のこと。当時会談に参加したのは岸の他に外務大臣藤山愛一郎、駐日アメリカ大使ダグラス・マッカーサー2世)。在日米軍裁判権放棄密約事件 フレッシュアイペディアより)

  • 駐留軍用地特措法

    駐留軍用地特措法から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    駐留軍用地特措法(ちゅうりゅうぐんようちとくそほう)とは、日米安保条約に基づき、在日米軍基地に土地を提供するために定めた特別措置法である。正式名称は「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法」。駐留軍用地特措法 フレッシュアイペディアより)

  • 日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法

    日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米同盟に関する特別防衛秘密について、特別防衛秘密を取り扱う国の行政機関の長は保護上必要な措置を講じることが規定されている。日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本平和委員会

    日本平和委員会から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    「核戦争阻止・核兵器廃絶・被爆者援護、日米安保条約廃棄・在日米軍基地撤去、日本国憲法の平和条項を守り日本に再び戦争させないために全国各地で活動」するとしている。日本平和委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次防衛力整備計画

    第1次防衛力整備計画から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    これを受けて日本の今後の国防政策は、国際連合を支持し、国際協調を基礎とするが、国際連合による安全保障体制が構築し実効性を持つまでは、日米安保体制に依拠する対外交政策と、民政安定による国防基盤を形成できる国内政策を基調に、漸進的に防衛力を整備するとした。しかし、自衛隊の具体的な役割や規定はなかった。第1次防衛力整備計画 フレッシュアイペディアより)

  • 第4次防衛力整備計画

    第4次防衛力整備計画から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    本計画の策定作業が行なわれていた時期は、沖縄返還や日米安全保障条約の固定期間が切れるなどの影響があり、自由民主党内で「自主国防」論が目立ち始めた。この中の筆頭論者であった中曽根康弘が1970年(昭和45年)1月、防衛庁長官に就任した。本計画は当初、中曽根の意向を強く反映したものとなる。第4次防衛力整備計画 フレッシュアイペディアより)

  • 半島を出よ

    半島を出よから見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    2011年。日本は経済・財政が破綻し失業者が急増、さらに外交にも失敗し国際社会で孤立していた。アメリカはそれまでの日米同盟最重視路線から、アジア諸国との等距離外交に舵を切り、地域内での新たな安全保障体制を築かせようとしたが、日本はその意図を、アメリカが日本を切り捨て中国に接近したものと読み違えてしまう。日本国内は右から左まで嫌米ムードに包まれていた。なお、この時の政権党は、政権再編により民主党と自民党の若手及び改革派が結集した「日本緑の党」である。半島を出よ フレッシュアイペディアより)

  • YX

    YXから見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    一方、国会ではYS-11の赤字とともに、次期輸送機XC-1(後のC-1)も問題に上がった。日航製は最初、民間機のみの限定で製造するために設立されたことが立法化されていたため、軍用機の設計に対して野党の追及が上がった。日航製ではYS-11の開発が終わった余剰人員をXC-1開発に向けて、C-1を民間機に転用するか、あるいはC-1の技術をYXに転用できないかと計画していたが、1970年安保改訂を控えていたことで、この計画は中止された。C-1の製造は川崎重工業ら5社に引き継がれ、YS-11は1971年(昭和46)に生産中止が決定された。日航製は開発・製作部門の廃止など規模を縮小され、YS-11のプロダクトサポートに徹することになった。YX フレッシュアイペディアより)

  • Plan meet advantage

    Plan meet advantageから見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    Plan meet advantageとは、アカデミック英語ディベートにおいて使われる言葉で、PlanからAdvantageが生まれないことを述べる議論のことを指す。PMAと略される。No Solvencyは「Planは問題の原因を解決するだけの効果がない」と、同一の原因に言及するのに対して、PMAは「別の原因が存在するから、問題は解決しない」と、他の原因に言及する議論である。たとえば、日米安保条約を破棄するというPlan、「日米安保条約破棄によって日本と米国の関係が解消するから、日本がテロの対象から外れる」というAdvantageがあったとして、「日本と米国の関係は、貿易などでも存在しているから、Planだけでは日米関係は解消しない」という反論がNo Solvencyであり、「裕福な国であるというのもテロの対象の理由になるから、日米関係が解消しても、日本が裕福な国である限りテロの対象からは外れない」という反論がPMAである。Plan meet advantage フレッシュアイペディアより)

401件中 41 - 50件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード

  • セガコラボカフェ ラブライブ!サンシャイン!!

  • 陸上での大規模攻撃を実行する能力があるとは分析していなかった

  • 社長が選ぶ 今年の社長2016