510件中 51 - 60件表示
  • Plan meet advantage

    Plan meet advantageから見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    Plan meet advantageとは、アカデミック英語ディベートにおいて使われる言葉で、PlanからAdvantageが生まれないことを述べる議論のことを指す。PMAと略される。No Solvencyは「Planは問題の原因を解決するだけの効果がない」と、同一の原因に言及するのに対して、PMAは「別の原因が存在するから、問題は解決しない」と、他の原因に言及する議論である。たとえば、日米安保条約を破棄するというPlan、「日米安保条約破棄によって日本と米国の関係が解消するから、日本がテロの対象から外れる」というAdvantageがあったとして、「日本と米国の関係は、貿易などでも存在しているから、Planだけでは日米関係は解消しない」という反論がNo Solvencyであり、「裕福な国であるというのもテロの対象の理由になるから、日米関係が解消しても、日本が裕福な国である限りテロの対象からは外れない」という反論がPMAである。Plan meet advantage フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ千歳

    キャンプ千歳から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    戦後アメリカ軍が進駐すると、旧第1飛行場はアメリカ空軍千歳飛行場(Chitose Air Base)として敷地が拡張されるとともに滑走路の延伸・拡幅や諸施設の整備が行なわれ、飛行場から西側の接収区域とともに千歳第1地区(Chitose I)となった。旧2・第3飛行場周辺は、1951年(昭和26年)にオクラホマ州第45歩兵師団12,000名がアメリカ本土から移駐した際に大量の兵舎が建設され、射撃場や弾薬庫の設置によって付近一帯は演習場として接収区域が拡大し、千歳第2地区(Chitose II)および千歳第3地区(Chitose III)として本格的なキャンプとなった。サンフランシスコ講和条約の発効および旧日米安全保障条約の発効と同条約第2条に基づき締結された行政協定によって、1952年(昭和27年)にこれらの施設・区域はキャンプ千歳(FAC 1002)としてアメリカ軍に提供された。キャンプ千歳 フレッシュアイペディアより)

  • ANPO

    ANPOから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本生まれのアメリカ人監督から日米安全保障条約(旧安保 / 新安保)のテーマを芸術の側面から見たドキュメンタリー。200本以上の日本映画の英語字幕を制作したリンダ・ホーグランドの初監督作品。字幕翻訳者を手掛けている内に、1960年の日米安保条約と60年安保闘争が日本映画監督に多大な影響・トラウマを与えたことに気づき、出演者のインタビューと彼らの作品から、50年前の当時のアーティストがどう影響を受けどう表現したのかについて迫った内容となっている。ドキュメンタリーではあるがナレーションはなく、字幕は固有名詞のみとなっている。ANPO フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    3月24日:アメリカのアダム・エレリ国務省副報道官が「尖閣諸島に日米安保条約が適用される」との見解を表明。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    12月21日 : 前日20日のアメリカ下院に続いてアメリカ上院でも「2013会計年度国防権限法」が可決された。この国防権限法では「第3国のいかなる行為によっても尖閣諸島に日本の施政権が及んでいるという米国の認識は変らないこと」、「日本の施政権下にある地域が侵略される場合には日米安全保障条約が適用されること」が明記された。尖閣諸島が日米安保の適用内であるということがアメリカの公文書に明記されることは初めてのことである。またジム・ウェッブ上院議員(上院外交委員会委員長)が「日本の施政権が尖閣諸島に及ぶとの米国の立場が脅迫、強要、軍事的行動によってゆらぐことはない」との声明を発表した。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 社会派

    社会派から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1970年のバプテスト世界大会は、安保改定推進のための会議とされ、安保闘争が起こった。また、同年開催の日本万国博覧会は資本主義の祭典とされ、万博キリスト教館建設について日本基督教団内部で激しい対立、反万博闘争があった。この対立は日本基督教団を代表する神学校、東京神学大学を舞台に繰り広げられる「東神大闘争(社会派側の呼び方)」「東神大紛争(教会派側の呼び方)」となった。東神大教授会は機動隊の力で社会派によるバリケード封鎖を鎮圧し、東神大は教会派の牙城となる。東京神学大学全学共闘会議は、1971年1月25日に、「闘いに終わりはないし、我々は終わることを許しはしない。」と、東神大教授会、キリスト教会、国家権力、闘いの中途にくじけた仲間と、自らへの告発の書である、東京神学大学全学共闘会議・解散宣言を発表した。桜井秀教、久保田文貞、土枝正策、戒能信生は「我々自らこの否定的現実を総括する中から新たなる闘いへと出立していくだろう」との決意を新たにしている。社会派 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年の日本の女性史

    1960年の日本の女性史から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1月14日 新安保条約調印全権団激励の婦人の集い、全日本婦人連盟準備会主催、500人参加。1960年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 極東

    極東から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安全保障条約第6条(極東条項)においては、極東の範囲を「大体においてフィリピン以北、日本及びその周辺地域」と定義されている。なお、日本の解釈に基づくこの場合の周辺地域には、韓国及び台湾も含まれると解釈される。台湾の領有権を主張する中国はこの条約における極東の定義について反発している。極東 フレッシュアイペディアより)

  • 第4次防衛力整備計画

    第4次防衛力整備計画から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    本計画の策定作業が行なわれていた時期は、沖縄返還や日米安全保障条約の固定期間が切れるなどの影響があり、自由民主党内で「自主国防」論が目立ち始めた。この中の筆頭論者であった中曽根康弘が1970年(昭和45年)1月、防衛庁長官に就任した。本計画は当初、中曽根の意向を強く反映したものとなる。第4次防衛力整備計画 フレッシュアイペディアより)

  • 東富士演習場

    東富士演習場から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    第二次世界大戦停戦後、陸軍解体により、8月23日に演習場の設定が解除された。住民は開拓を開始した。しかし、1947年(昭和22年)5月15日に連合国軍(の1国であるアメリカ軍)が進駐を始めたため、開拓は中止された。米軍東富士演習場となり、1951年(昭和26年)9月8日に日米安保条約が結ばれ、アメリカ陸軍は引き続き留まった。東富士演習場 フレッシュアイペディアより)

510件中 51 - 60件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード