401件中 51 - 60件表示
  • 謀殺のチェス・ゲーム

    謀殺のチェス・ゲームから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    198×年、各国が核兵器を保有する冷戦時代、米・ソ・中3大国の対立により生じた緊張状態の中で、日本はこれまでになく重大な選択を迫られていた。アメリカのアジア撤退を受け、日米安保条約を維持するのか、条約を破棄して日ソ安保条約、または日中安保条約を締結するのか、その選択は日本の将来を左右するだけでなく、世界の均衡も大きく崩すことになる。謀殺のチェス・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • LT貿易

    LT貿易から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    毛沢東率いる中国共産党が大陸を制圧して、中華人民共和国が成立し、中華民国の中国国民党蒋介石らが台湾へ逃れた1949年(昭和24年)には、日本はいまだGHQの占領下にあり、いずれを中国の正統政権として認めるかは日本自身に自由意志は与えられなかった。1951年(昭和26年)日本の独立をめぐるサンフランシスコ講和会議においても、中国の代表権が中華民国・中華人民共和国いずれにあるかをめぐって連合国内でもアメリカ合衆国とイギリスの意見が一致しなかったため、いずれも招聘されず、日中間の講和は独立後の日本の判断に委ねるとされた。しかし日米安全保障条約で米国と同盟関係を結び、自由主義国家陣営に名を連ねた日本にとって、共産主義国家との国交という選択肢はありえず、翌1952年(昭和27年)に台湾の中華民国政府(国府)との間で日華平和条約を結ぶなど、台湾を正統政権として選択。これにより中共側との公的な接触はできなくなり、1950年(昭和25年)に設立された日中友好協会などを通じた民間レベルでの交流に留まった。同年12月には対中輸出を全面禁止するなどの措置がとられ、朝鮮戦争において中共が北朝鮮側を支援して参戦したこともあり、吉田茂政権下においては、対中共外交に関しては全く進展がなかった。LT貿易 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村駿一

    吉村駿一から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    全国人権連副議長、群馬弁護士会副会長、安保破棄諸要求貫徹群馬県実行委員会委員長などの要職を歴任している。吉村駿一 フレッシュアイペディアより)

  • 百万人署名運動

    百万人署名運動から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国内で、新左翼団体である中核派との関与が指摘されている。1997年9月に38人の呼びかけ人によって「日米新安保ガイドラインと有事立法に反対する百万人署名運動」として開始された。百万人署名運動 フレッシュアイペディアより)

  • 山下埠頭

    山下埠頭から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1951年(昭和26年)に調印した日米安保条約により在日米軍が使用することとなった瑞穂埠頭の代替施設として、1953年に着工。1955年に第1バースが完成した。港湾機能増強のため、1957年に2本の突堤を持つ8バースの計画が策定され、1958年に2期工事として第2バースが完成した。1959年には全体で突堤3本、10バースとする計画が決定した。施工にあたり、プレパックドコンクリートや外部電源による電源防食、養生期間短縮を目的とした、道路の真空舗装工法など当時の新技術が採用された。1963年に全面完成、1965年に山下埠頭駅が置かれた。船舶の大型化やコンテナ船の普及に合わせ、1969年に本牧埠頭、1977年に大黒埠頭が供用開始すると、山下埠頭はこれらを補完する位置づけとなり、1986年に山下埠頭駅は廃止された。山下埠頭 フレッシュアイペディアより)

  • 島岡吉郎

    島岡吉郎から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    星野によると、右翼思想の持ち主であったという。安保反対の学生運動が盛んなころ、ピケを張り、デモに参加している学生を見て、当時主将だった星野に「おい星野、あれは赤か?」と聞いた。星野が「そのようですね」と返事すると、島岡はその学生を殴るよう命じた。星野は見ず知らず、しかもこちらに対して悪意のない連中を殴るのはと内心ためらったものの、「御大の命令とあらば、たとえ火の中、水の中」とばかりに殴りかかったという(『星野仙一のすばらしき野球野郎』1983/7 日刊スポーツ出版社 ISBN 4-8172-0066-9)。島岡吉郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日米平和・文化交流協会

    日米平和・文化交流協会から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1947年、笠井重治(衆議院議員、1886年 - 1985年)が日米同盟(日米安全保障条約に基づく両国関係)の更なる信頼醸成と相互関係の堅固化、「日米両国の文化交流」を目的に設立。平成の時代に入り、秋山が仕切るようになってからその性格が変わった、とネット上の各種文献(オーマイニュースなど)で指摘されている。日米平和・文化交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上空母離着陸訓練

    陸上空母離着陸訓練から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    アメリカにおける事例と同様に、F/A-18の配備によって騒音問題はさらに深刻化し、国の担当者が「人の住むところではない」とのコメントを漏らすまでになった。住民が起こした複数の訴訟では、国の責任は認めるものの、日米安保条約によりアメリカ軍の活動に制約を加えることはできないとの判断が下されている。陸上空母離着陸訓練 フレッシュアイペディアより)

  • ルサルカは還らない

    ルサルカは還らないから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    北朝鮮から日本へ60万人の難民が漂着し、日本政府の対応は混乱する。自衛隊は安保条約に基づいて米軍の指揮下に入ったが、首相はアメリカとの同盟関係の解消を決意する。その一方でCIAは、強力な陸軍情報部隊500MIを動かして「ツクスマ」とチーム・アイスの抹殺を図る。カシイ達は、殺されようとしていたペク書記を奪取し、証言者として同行しようとする。500MIの追撃を辛くも切り抜けたカシイ達は、日本を経由してワシントンへ向かう。ワシントンでは、元国務長官・元FBI長官らが、ペク書記受け入れの準備を進めていた。そしてルサルカ計画は阻止され世界は平和に戻り、チーム・アイスの面々は新たな未来に向けて歩み始めた。ルサルカは還らない フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    本法の基となる日米地位協定は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(新日米安保条約)の締結に伴い、同条約の署名と同日の1961年1月19日に署名されている。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法 フレッシュアイペディアより)

401件中 51 - 60件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード