510件中 61 - 70件表示
  • 影の戦闘隊

    影の戦闘隊から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安全保障条約をアメリカ合衆国が一方的に破棄したという設定の本作の世界では、日本を領空侵犯する航空機が激増していた。国籍不明の領空侵犯機とは言え、日本の自衛隊機が撃墜した場合は、それを口実に大国の武力介入を招くと手を拱く自衛隊。そしてついには国籍不明の領空侵犯機による自衛隊機の撃墜事件が発生する。そんな国籍不明の領空侵犯機を攻撃したのは、同じく国籍不明の戦闘機。それは極秘に設立された「影の戦闘隊=シャドーウィングス」であった。影の戦闘隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日米平和・文化交流協会

    日米平和・文化交流協会から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1947年、笠井重治(衆議院議員、1886年 - 1985年)が日米同盟(日米安全保障条約に基づく両国関係)の更なる信頼醸成と相互関係の堅固化、「日米両国の文化交流」を目的に設立。平成の時代に入り、秋山が仕切るようになってからその性格が変わった、とネット上の各種文献(オーマイニュースなど)で指摘されている。日米平和・文化交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンス

    ヴィンスから見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    ヴィンスジャパンは上記の通りヴィンス社の子会社でO.C.U.日本法人。本社同様、WAP火器開発を主としているが、本社開発のWAPの改良版も生産している。このため、本来USN機である同社のシリーズはO.C.U.国内でも普及している。同社の設立はO.C.U.やU.S.N.発足後であり、ヴィンスグループは敵対勢力間で事業を展開しているグループということになる。この点から見ても日本とU.S.N.に限ってはかつての日米同盟時代の名残で、経済的にある程度繋がりがあると考えられる。ヴィンス フレッシュアイペディアより)

  • デニス・C・ブレア

    デニス・C・ブレアから見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    知日派として知られており、日米同盟について「両国が対等・共同的立場で新しい安全保障政策を推進するべき」とし、日本の集団的自衛権議論について「北朝鮮や中国が反対するならともかく、日本人が反対する理由が分からない」と発言している。デニス・C・ブレア フレッシュアイペディアより)

  • 池田龍雄

    池田龍雄から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    池田は1958年の「砦」の制作背景について、50年代に議論された再軍備の問題を挙げている。1959年には首相・岸信介が日米安全保障条約の改定案を進め、これに対する反対運動として安保闘争が発生する。反戦・反共主義である池田もデモ行進に参加し、制作においても自らの思想を示していたという。「砦」は再軍備を進める日本を「砦」として描き、さらに同じテーマを発展させて化物のイメージへと展開させ、「出口のない貌」へ至ったと評されている。池田龍雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日米防衛協力のための指針

    日米防衛協力のための指針から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米防衛協力のための指針(にちべいぼうえいきょうりょくのためのししん、)は、日米安保条約に基づく防衛協力の具体的なあり方を取り決めた文書である。通称ガイドライン 。日米防衛協力のための指針 フレッシュアイペディアより)

  • 木村朗

    木村朗から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    孫崎享、木村朗編『終わらない<占領> 対米自立と日米安保見直しを提言する!』法律文化社、2013年木村朗 フレッシュアイペディアより)

  • 日米安保条約

    日米安保条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安保条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日米安全保障条約

    日米安全保障条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍裁判権放棄密約事件

    在日米軍裁判権放棄密約事件から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1958年、アメリカ合衆国国務長官ジョン・フォスター・ダレスは、日米安保条約改定にあたり、裁判権放棄を密約ではなく、日本政府に公に認めさせようとしたが、当時の首相・岸信介は国内での反発を恐れ、この要求を拒んだとしている(10月4日のこと。当時会談に参加したのは岸の他に外務大臣藤山愛一郎、駐日アメリカ大使ダグラス・マッカーサー2世)。在日米軍裁判権放棄密約事件 フレッシュアイペディアより)

510件中 61 - 70件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード