401件中 61 - 70件表示
  • 前衛 (雑誌)

    前衛 (雑誌)から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    現在では主に現在の政治情勢に関する論文を掲載。政治問題について検証するものなど、多くは日本共産党幹部によるものであるが、学者など党外の人による寄稿がある。小泉「構造改革」批判、労働運動、在日米軍・日米軍事同盟問題、自由民主党の「改憲論」問題などが最近の主要なテーマである。日本共産党が日頃から指摘する現実政治問題を掘り下げたものが大半を占める。前衛 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 大谷瑩潤

    大谷瑩潤から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    政治家としては、1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙に旧愛知県第2区から出馬し当選、1期務める。1947年(昭和22年)の第23回総選挙で落選して参議院に転じ、1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙に全国区で出馬し当選、2期12年務めた。入閣の機会はなかったが、第3次鳩山一郎内閣時代に国家公安政務次官を務めた。自由党(のち自由民主党)に所属したが1960年(昭和35年)の日米安全保障条約改定に反対して離党、参議院同志会に属した。大谷瑩潤 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年の日本の女性史

    1960年の日本の女性史から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1月14日 新安保条約調印全権団激励の婦人の集い、全日本婦人連盟準備会主催、500人参加。1960年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次佐藤内閣

    第3次佐藤内閣から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約が1970年6月23日に10年の期限が切れたものの、条約の規定で自動延長となったこと。第3次佐藤内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 上原専禄

    上原専禄から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1959年(昭和34年)日米安全保障条約改定に反対し、清水幾太郎や家永三郎らとともに安保問題研究会を結成。翌1960年(昭和35年)一橋大を突如辞職。同年10月国民文化会議会長を辞し、1964年(昭和39年)5月国民教育研究所研究会議議長も辞職。1969年(昭和44年)4月27日の夫人の死を契機に、1971年(昭和46年)6月、息子の上原淳道や弟子達も知らない間に娘のみを伴い東京を退出、宇治で隠遁生活を送る。大学退職後は日蓮の研究に傾倒する。上原専禄 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本義和

    坂本義和から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    戦後冷戦期の論壇において、アメリカに批判的な平和主義の立場から、高坂正堯や永井陽之助らと外交や安全保障政策をめぐって、論戦を交わす。いわゆる「アイデアリズムとリアリズムの論争」とされるものだが、モーゲンソーの弟子としての坂本は、外交を道徳論レベルでのみ考えるものでない。したがって、坂本にあっては、日米安保条約の相対化のみならずいわゆる9条護憲主義もまた相対化され、「一国平和主義でなく、国連中心主義にたっての自衛隊の国際貢献のみの使用」が導き出される。坂本義和 フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の政治

    1959年の政治から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1月5日 - 岸信介首相、熱海の別荘で大野伴睦、河野一郎と会談。日米安保条約改定への協力を求め、大野を後継総裁と、意中を明かす。1959年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

    新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日米同盟がなくなった日新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱スペース・ソフトウエア

    三菱スペース・ソフトウエアから見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    主に防衛関係製品の受注や生産などにおいては、米国国防総省に関連する企業との間でライセンス生産の形態を取ることが多い。日米安全保障条約締結以降、防衛関連においては相互運用性が重視されてきたためである。これらの、ソフトウエアの保守・点検などを行うために、三菱電機株式会社を中心とする三菱グループの主要企業とTRW社の共同出資によって設立された企業である。三菱スペース・ソフトウエア フレッシュアイペディアより)

  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    「パックス・アメリカーナ」とは、アメリカが、ソ連を盟主とする東側諸国に対抗する西側の盟主として、北大西洋条約機構や日米安全保障条約を通して西側世界の軍事を引き受け、「核の傘」で資本主義諸国と西側世界を保護するとともに、マーシャル・プラン(ヨーロッパ経済復興援助計画)などによって西欧諸国の、エロア資金などによって日本・琉球・台湾の復興を支え、「ドルの傘」のなかで自由主義経済を編成する体制だったと概括することができる。世界経済システムとしては、ドルの傘(ドル体制)、すなわち、金1オンス(約31.1グラム)=35ドルと定めて各国通貨のドルとの換算も一定にした「金ドル本位制」の側面と、IMF・GATT体制(「ブレトン・ウッズ体制」)という側面の2つにまとめることができる。後者は、「自由・無差別・多角主義」をスローガンとし、各国間の貿易や金融取引における障害を撤廃し、相互に自由平等な立場で競争をおこなうことによって、世界貿易の拡大、開発途上国の開発、国内の完全雇用を実現しようというものだった。そしてまた、これが可能だったのは、人口で世界の6パーセントにすぎない合衆国が、世界の鉱工業生産の6割以上を占め、世界の金の7割近くを保有して経済的覇権を完全に握ったことの反映だった。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

401件中 61 - 70件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード