401件中 71 - 80件表示
  • 渡辺洋三

    渡辺洋三から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    専門の民法等のほか、日米安全保障条約体制や核兵器廃絶問題に関しても、いわゆるリベラル派の立場から積極的に発言を続けてきた。渡辺洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 核戦略

    核戦略から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本においては、日米安全保障条約とともに米国から核の傘を提供してもらうことによって核抑止力を得てきた。詳細については「核抑止」などの記事を参照されたい。核戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次岸内閣 (改造)

    第2次岸内閣 (改造)から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    新安保条約の批准書交換の日の6月23日に岸信介が辞意を表明して7月15日に総辞職した。第2次岸内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 中島敏次郎

    中島敏次郎から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    中島敏次郎著、井上正也、中島琢磨、服部龍二編「外交証言録 日米安保・沖縄返還・天安門事件」(岩波書店)中島敏次郎 フレッシュアイペディアより)

  • ANPO

    ANPOから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本生まれのアメリカ人監督から日米安全保障条約(旧安保 / 新安保)のテーマを芸術の側面から見たドキュメンタリー。200本以上の日本映画の英語字幕を制作したリンダ・ホーグランドの初監督作品。字幕翻訳者を手掛けている内に、1960年の日米安保条約と60年安保闘争が日本映画監督に多大な影響・トラウマを与えたことに気づき、出演者のインタビューと彼らの作品から、50年前の当時のアーティストがどう影響を受けどう表現したのかについて迫った内容となっている。ドキュメンタリーではあるがナレーションはなく、字幕は固有名詞のみとなっている。ANPO フレッシュアイペディアより)

  • 街宣右翼

    街宣右翼から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    これらの事情に目をつけたのが吉田茂内閣で法務総裁を務めていた木村篤太郎である。共産主義運動に手を焼き、昭和35年(1960年)の日米安保条約改定に向けて警察力の整備に不安を抱いていたことから、20万人の暴力団を組織化して共産主義に対抗する「愛国反共抜刀隊構想」を発案した。これを受けて暴力団に顔の効く右翼の大物児玉誉士夫が動き出した。児玉は自民党の結党資金も提供したと言われる政界のフィクサーとも呼ばれる人物であった。この構想を機に、テキヤ系組織は東京街商組合、日本街商連盟を結成して、総裁に自民党院外総務海原清平を迎え、また一方の博徒系組織も日本国粋会を結成して、暴力団組織の再編が進んだ。この構想自体は吉田の承認を得られずに流れる(木村の復古主義を嫌ったと言われる)が、現在では右翼と暴力団の一体化を進める原動力になったとの評価がある。事実、木村は37の右翼団体を「朋友会」として糾合、保安隊(当時、のちの自衛隊)支援圧力団体として使ったという。児玉はその後、右翼と暴力団による昭和38年(1963年)に東アジアの諸民族の団結を謳う「東亜同友会」の結成を画策。児玉が働きかけた暴力団の中には在日韓国人で組織する町井久之の東声会もあった。町井は朝鮮戦争時は北朝鮮シンパと抗争し、GHQ参謀第2部に雇われて、ストライキ破りを行なうなどした。反共活動に最も熱心だったのは彼らだったと言われる。街宣右翼 フレッシュアイペディアより)

  • 街宣右翼

    街宣右翼から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    これに対して、「竹島の日」を制定した街宣右翼団体をはじめ、九州地方の多くの街宣右翼団体や正氣塾などの数多くの街宣右翼が韓国の竹島領有について街宣活動を繰り広げており、反共産主義の立場から、戦後は一貫して日米安保体制と大韓民国の軍事独裁政権を支持してきた右翼団体が、近年になって韓国への批判を強めている事実を根拠に上げ、工作活動説に反論する意見もある。街宣右翼 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国初代大統領 桜木健一郎

    日本国初代大統領 桜木健一郎から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    組閣時に派閥の論理だけで閣僚を選んでおり、その結果自身の内閣は政治・外交オンチばかりが集まることになってしまい、桜木からは「利権屋のアマチュア内閣」と酷評されている。保身しか頭に無く、権力維持に固執している。憲法を一部改正して首相公選制を導入したのも、経済改革の度重なる失政に不満を漏らす国民へのガス抜きの為だった。桜木当選という結果を目の当たりにしてもなお彼の首相就任を認めようとはせず、手段を選ばずに再び政権に返り咲くつもりだった。アジア有事勃発に際しても、日米安保に依存するのみで何ら対応を採ろうとはしなかった。自身の派閥が持つ中国との深い繋がりを活用して、日米安保に代わる日中安保条約の締結を模索していたが失敗に終わる。最終的には米国債売却をちらつかせてアメリカを脅す強硬手段に手を出すがこれも成功せず、そのまま首相を退任した。日本国初代大統領 桜木健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次吉田内閣 (第3次改造)

    第3次吉田内閣 (第3次改造)から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1951年(昭和26年)9月8日に、サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約が締結されたことで、日本は連合国による占領体制に終止符を打ち、国際社会に復帰を果たした。日本国内では、占領体制の終焉に伴い、吉田内閣の退陣、吉田の首相辞任も観測されていた。しかし、吉田本人は退陣・辞任について微塵も念頭には無く、引き続き政権を担当する決意であった。それは、吉田自身の長く「ワンマン宰相」として占領体制下を乗り切ってきたという自負心や、旺盛な権勢欲もさることながら、それ以上にサンフランシスコ平和条約及び日米安保条約の発効と、新たな体制の整備(日米行政協定の交渉作業、国際社会復帰に伴う外交政策立案、漸進的防衛体制整備、共産主義抑制のための労働運動規制など)の実現のために政権維持が欠かせないという判断からであった。第3次吉田内閣 (第3次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 防衛出動

    防衛出動から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    防衛出動を命ぜられた自衛隊は、日米安全保障条約に従って行動するアメリカ軍に対し、行動関連措置としての役務の提供を実施することができる。防衛出動 フレッシュアイペディアより)

401件中 71 - 80件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード