510件中 71 - 80件表示
  • 一段階革命論

    一段階革命論から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    一段階革命論を支持する立場からは、二段階革命論を「革命運動を民主主義革命のみに限定し、社会主義革命を永遠の未来へと追いやる反動的理論」と批判する。二段階革命論者は一段階革命論を「広範な民主主義勢力の結集を妨げる」「(日本については)天皇制や日米安全保障条約など、現実の政治問題と戦わず、放置し続けている」と批判している。一段階革命論 フレッシュアイペディアより)

  • 日米安全保障協議委員会

    日米安全保障協議委員会から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    現行の日米安全保障条約(新安保条約)が署名された1960年に日米安保協議委員会が設置され、同年9月に初の会合が開かれた。日米安保協議委員会は日米安保条約に基づく事前協議の場として重要な役割を果たした。当初の米国側のメンバーは、外交担当として駐日米国大使、防衛担当として太平洋軍司令官が参加していたが、安保条約改定30周年となる1990年に、当時の国務長官ジェイムズ・ベイカーの提案により米国側参加メンバーが閣僚級に格上げされ、日米安全保障協議委員会に改組された。日米安全保障協議委員会は、開催時期は不定期だが、安全保障上の重要な節目に開かれ、これまでに日米防衛協力指針(ガイドライン)の見直しや、沖縄米軍基地の整理・縮小に関する日米特別行動委員会 (SACO) の合意などが行われた。日米安全保障協議委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢利久

    渋沢利久から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1994年6月 - 村山連立内閣が誕生するも村山富市首相の路線転換(日米安保=堅持、自衛隊=合憲、日の丸・君が代=容認)に反発。渋沢利久 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場昇

    馬場昇から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    現役時代には公明党への接近に懐疑的で、日本共産党を含む全野党共闘を志向していたこともあり、引退後は、保守政党中心の連立への参加に伴う小選挙区比例代表並立制や自衛隊・日米安保の容認などの社会党の右傾化路線を批判。晩年まで護憲運動や革新統一運動で活動。9条ネットでは世話人を務めていた。馬場昇 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村駿一

    吉村駿一から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    全国人権連副議長、群馬弁護士会副会長、安保破棄諸要求貫徹群馬県実行委員会委員長などの要職を歴任している。吉村駿一 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年の政治

    1963年の政治から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    4月26日 - 池田勇人首相、衆議院本会議で「日米安保条約上の措置としてアメリカ原子力潜水艦の日本寄港を承認」と答弁。1963年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 石田一松

    石田一松から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    この後、中選挙区の東京5区から連続当選4回し代議士として活躍。三木武夫と行動を共にし国民協同党、改進党に属した。議席を得ても芸能活動は辞めず昼は国会、夜はステージに立った。1951年、国民民主党に名前を変えていた党の党議に背き日米安保条約・対日平和条約の批准に反対、“全面講和”を主張して離党。また、日本共産党の川上貫一議員の除名決議に際しても「国会での発言封じは民主主義の危機」と主張し反対票を投じる(しかし川上は賛成多数となり除名が決定)。1953年の「バカヤロー解散」による総選挙で落選。1955年の第27回衆議院議員総選挙では、党の公認をとれず無所属で出馬し惨敗。その後もヒロポン中毒に悩まされながら寄席に出演し続けた。1956年、長年にわたり打ち続けたヒロポンで身体はがたがたに蝕まれ胃癌により死去。享年53。石田一松 フレッシュアイペディアより)

  • 国際反戦デー

    国際反戦デーから見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1980年10月20日 - 日米安保条約廃棄をかかげ、25都道府県で社・共統一集会。全実委と中実委2団体主催の中央集会に10万人参加。総評の新平和4原則をめぐり社共が対立。一日共闘も分裂寸前で維持される。国際反戦デー フレッシュアイペディアより)

  • マヤグエース号事件

    マヤグエース号事件から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    また、救出作戦に加わった第3海兵師団は沖縄駐留の在日米軍であったため、日本でも政治論争を呼ぶことになった。今回の海兵隊の出動に関し、日本政府へは出発前に連絡は行われていたものの、日米間の事前協議までは実施されなかった。左派野党の日本社会党や民社党などは、「事前協議が無かったことは日米安全保障条約に付随する交換公文に違反する」と政府を批判した。これに対し日本政府は、交換公文との関係で事前協議を要するのは日本国内の基地から直接に戦場に向かった場合に限られるとの従来の解釈に依ったうえで、海兵隊は直接に日本からカンボジアへ出撃したのではなく、作戦決行も未定の段階でタイへ移動しただけであるから、事前協議が必要な場合ではなかったと答弁している。マヤグエース号事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大転換の予兆

    大転換の予兆から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    ソ連は、東側諸国から搾取しまくって疲弊しながらやっとのことでスプートニクという偉業を成し遂げたのだが、日本の知識人や学生たちはその内実に気づかず、東側の優勢と受け取ってしまった。それゆえに、50年代にはそれほど反発を生まなかった日米安保に対し、60年代には、目先の潮流に便乗した学生たちが強い反対運動を始めたのであり、当時、現状を冷静に見つめていたのは保守系政治家の岸信介のみであった。そして、岸が退陣させられた後の日本の保守勢力は単なる社会的勝者代表という路線になっていくのだが、この路線を覆そうとした保守派政治家たちが中曽根康弘や小沢一郎や石原慎太郎であり、当時学生運動のリーダーだった西部邁や栗本が、岸や中曽根や石原や小沢を評価するのは、自分たちがやっていた学生運動の認識の甘さへの反省からであるとする。社青同にいた江田五月は反省が足りないと批判される。大転換の予兆 フレッシュアイペディアより)

510件中 71 - 80件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード