510件中 81 - 90件表示
  • 政権構想研究会

    政権構想研究会から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    新党さきがけとともに野党に転じた社会党に目を付けた自民党は、政権復帰のために自社さ共同政権構想を提案し、なおかつ村山を内閣総理大臣に指名するという奇策を打ち出した。村山はこれを飲み、1994年6月に村山連立内閣が発足した。首相を出した社会党は連立政権との政策の整合性を強く問われる事になり、村山は施政方針演説で自衛隊合憲や日米安保体制の堅持を表明した。これで社会党の路線転換は完了したが、新路線そのものに反対する協会系グループとともに、自民党との連立を拒絶して再び非自民連立政権を目指そうとする政構研内の動きも続いた。政権構想研究会 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ルビオ

    マルコ・ルビオから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    8月28日、サウスカロライナ州で演説し、尖閣諸島について「我々の同盟国、日本の領土だ」と明言した。この時点でアメリカ政府は、尖閣諸島が日米安保条約適用範囲内にあることは認めているが、領有権の帰属に関しては中立の立場をとっており、ルビオの発言は一歩踏み込んだ発言となっている。マルコ・ルビオ フレッシュアイペディアより)

  • 日本国大統領 桜坂満太郎

    日本国大統領 桜坂満太郎から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    同時期、東京都知事の桜坂満太郎は神奈川県知事の川原龍二と共に「知事連合」を結成し、日本国の臨時政府を樹立する。一方、アメリカは日米安全保障条約に基き第7艦隊を派遣するが、中国のミサイル攻撃で軍事衛星を破壊され、北朝鮮の潜水艦隊の襲撃を受け艦隊が全滅したため、日本を見捨て撤退してしまう。程なくして、日本本土も中国軍の弾道弾攻撃により航空自衛隊がほぼ全滅し、東京は占領されてしまった。日本の占領を受けたアメリカ政府は日本を見捨て、中国の日本占領を事実上黙認する。桜坂ら知事連合と残された自衛隊は仙台に撤退して中国への抵抗を続ける。日本国大統領 桜坂満太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 島碩弥

    島碩弥から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1960年6月15日、全学連主流派の学生を中心とする安保条約反対のデモ隊が国会に突入、警官隊と衝突する安保騒動が発生し、ラジオ関東のみが報道機関で唯一、実況生中継を敢行した。島碩弥 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・アップルトン・フィアリー

    ロバート・アップルトン・フィアリーから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1959年から1961年9月まで在東京大使館に一等書記官として駐在し、政治軍事部課長および日米安全保障条約担当主任として締結交渉に関与。1961年10月から1963年8月まで国務省北東アジア部で日本課長。1963年8月から1964年7月まで国務省東アジア部の副部長代行、1966年7月まで同部長。1966年から1969年までアメリカ太平洋軍司令官政治顧問。1969年から1972年まで琉球列島民政官(公使級)。ロバート・アップルトン・フィアリー フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    消費税改定 (5%)。神戸連続児童殺傷事件。ナホトカ号重油流出事故。香港が中国に返還。秋田新幹線、東京湾アクアライン開業。北陸新幹線一部先行開業。たまごっちブーム。映画『もののけ姫』が公開。ダイアナ元英皇太子妃事故死。第2次橋本改造内閣発足。サッカー日本男子代表がW杯初出場を決める。ポケモンショック。京都議定書が採択される。アイヌ文化振興法の成立。臓器移植法が成立。日米安保条約の新ガイドライン合意。北海道拓殖銀行が経営破綻。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    →1994年(平成6年)- 1997年(平成9年)の政治体制は〔日本社会党が自民党と新党さきがけとの連立で村山富市内閣と橋本龍太郎内閣を組閣した自社さ連立政権対(野党)の新進党対(野党)日本共産党の体制〕。日本社会党が自衛隊合憲や日米安全保障条約の堅持をするなど基本政策を転換して、左翼支持層を失い、代わりに日本共産党が左翼票を吸収するようになり一時勢力を伸ばした。社会民主党とさきがけが結集した鳩山由紀夫と菅直人による(ゆ党)民主党の結成と新進党の解体の時期である。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 山根隆治

    山根隆治から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    外交・安全保障に関しては、日米同盟基軸を打ち出している。山根隆治 フレッシュアイペディアより)

  • 前衛 (雑誌)

    前衛 (雑誌)から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    政治問題について検証するものなど、多くは日本共産党幹部によるものであるが、学者など党外の人による寄稿がある。小泉『構造改革』批判、労働運動、在日米軍・日米軍事同盟問題、自由民主党の『改憲論』問題などが最近の主要なテーマである。日本共産党が日頃から指摘する現実政治問題を掘り下げたものが大半を占める。前衛 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 草葉隆圓

    草葉隆圓から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    参議院議員としては、参議院在外同胞引揚問題に関する特別委員長、同議院運営委員長、同外務委員長、同日米安全保障条約等特別委員長を務める。その他、自由党総務、同党国会対策委員長、参院自由民主党政策審議会長、臨時恩給等審議会委員、売春対策審議会委員、皇居造営審議会委員などを歴任。草葉隆圓 フレッシュアイペディアより)

510件中 81 - 90件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード