401件中 81 - 90件表示
  • 議院警察権

    議院警察権から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1960年5月19日と5月20日衆議院本会議における会期延期と新日米安全保障条約、及び新日米地位協定の審議で野党議員と、国会外デモ隊に対する執行(この時は警視庁機動隊も動員された)議院警察権 フレッシュアイペディアより)

  • 西側諸国

    西側諸国から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    東アジアにおける仮想敵国はソ連、北朝鮮、中国、(北)ベトナムであったが、それぞれの役割と仮想敵国が全く違う関係上、日米・米韓・米華・米比といった二国間条約による同盟関係を基本としていたことが特徴。これは東アジアに集団安全保障体制を構築させず軍事的影響力を維持したいアメリカの介入であるとも見られる。西側諸国 フレッシュアイペディアより)

  • 添谷芳秀

    添谷芳秀から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    憲法九条と日米安保条約という二つの要因に拘束された戦後日本外交を、大国間の抗争が行なわれるパワー・ポリティクスとは別次元で推移したものであったと捉え、それはオーストラリア、カナダなどの中規模国家の外交と同様に、米国、ソ連、中国などの大国の間で形成された国際政治構造を前提とし、その構造を下支えする形で展開される「ミドルパワー」的なものであったと論じる。添谷芳秀 フレッシュアイペディアより)

  • 空襲

    空襲から見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    航空攻撃は、各国の安全保障上、陸戦、海戦を決定的に左右し、優勢に戦局を運ぶことができるため、最も重要な作戦のひとつに位置づけられている。爆撃機を保有することは先制攻撃能力を持つこととして、日本などのような専守防衛の方針をとる国は保有していない。現在の防衛政策としては敵地攻撃は専ら日米安全保障条約に基づく米軍の役目と位置づけられているので、自衛隊のその能力は限られている。空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大転換の予兆

    大転換の予兆から見た日米安保日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    ソ連は、東側諸国から搾取しまくって疲弊しながらやっとのことでスプートニクという偉業を成し遂げたのだが、日本の知識人や学生たちはその内実に気づかず、東側の優勢と受け取ってしまった。それゆえに、50年代にはそれほど反発を生まなかった日米安保に対し、60年代には、目先の潮流に便乗した学生たちが強い反対運動を始めたのであり、当時、現状を冷静に見つめていたのは保守系政治家の岸信介のみであった。そして、岸が退陣させられた後の日本の保守勢力は単なる社会的勝者代表という路線になっていくのだが、この路線を覆そうとした保守派政治家たちが中曽根康弘や小沢一郎や石原慎太郎であり、当時学生運動のリーダーだった西部邁や栗本が、岸や中曽根や石原や小沢を評価するのは、自分たちがやっていた学生運動の認識の甘さへの反省からであるとする。社青同にいた江田五月は反省が足りないと批判される。大転換の予兆 フレッシュアイペディアより)

  • 9条ネット

    9条ネットから見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    社民党は5月7日、「もう党の方針は決まっているから、いまさら変えられない」とこれを拒否。更に、又市征治は新社会党と9条ネットについて「『戻ってらっしゃい』と言っている。『村山政権のときに安保・自衛隊を認めた』と、馬鹿みたいな話をまだしている」と批判した。9条ネット側は、選挙区での社民党候補の支援に含みを持たせながらも、比例区での働きかけは断念した。後に、東京選挙区では川田龍平を支援、東京を除く選挙区で社民党候補を、愛媛で民主党系無所属候補友近聡朗を支援している。9条ネット フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権/地方自治体の動き

    日本における外国人参政権/地方自治体の動きから見た日米安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    長尾は、アメリカ軍基地の移転問題が争点となっている名護市については、「中国人が1600人程度移住すれば選挙結果を左右できてしまい、中国人によって日米安全保障条約が破棄に追い込まれる恐れがあり、日米安全保障条約によって安全が保たれている、台湾、ベトナム、フィリピンなどにも影響を及ぼしてしまう」と述べている。日本における外国人参政権/地方自治体の動き フレッシュアイペディアより)

  • 浅井基文

    浅井基文から見た日米同盟日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1941年愛知県生まれ。愛知県立西尾高等学校卒業。1963年、東京大学法学部を経て外務省に入省。同期には野村一成ら。外務省出身ながら、日米同盟を基本とした日本外交に批判的であり、護憲・平和主義の立場からの論陣を張っている。浅井基文 フレッシュアイペディアより)

  • 成増飛行場

    成増飛行場から見た日米安保条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    1952年(昭和27年) 7月26日 - 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第3条に基く行政協定第2条により、旧JPNR22の施設について、米軍施設名「グランド・ハイツ住宅地区」(FAC(施設)番号3006)として、練馬区土支田町、高松町、田柄町、春日町、旭町の一部が、米軍無期限使用施設に指定される。成増飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントンハイツ (在日米軍施設)

    ワシントンハイツ (在日米軍施設)から見た日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    ワシントンハイツが建設されて約6年が経った1952年(昭和27年)4月28日にはサンフランシスコ講和条約が発効、日本国は主権と独立を回復し、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による日本占領は終了、進駐していた連合国軍は日本から撤退することとなった。しかしながら日米の二国間においては日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(日米安保条約の前身)が同時に発効、在日米軍の駐留は継続されることとなった。ワシントンハイツ (在日米軍施設) フレッシュアイペディアより)

401件中 81 - 90件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード