85件中 21 - 30件表示
  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た草野厚

    草野厚『日米安保とは何か』(PHP研究所、1999年)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たジョージ・ウォーカー・ブッシュ

    2004年度の日本防衛白書では初めて中華人民共和国の軍事力に対する警戒感を明記し、また米国の安全保障に関する議論でも、日本の対中警戒感に同調する動きが見られ、2005年、ブッシュ大統領の外交に大きな影響を持つライス補佐官が中国に対する警戒感をにじませる発言をし、日米安全保障条約の本質は対中軍事同盟・トルコ以東地域への軍事的存在感維持の為の物へと変化して来ている。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た佐藤誠三郎

    岡崎久彦/佐藤誠三郎/西村繁樹『日米同盟と日本の戦略』(PHP研究所、1991年)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た西原正

    西原正/土山實男編『日米同盟Q&A100』(亜紀書房、1998年)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た田久保忠衛

    田久保忠衛『新しい日米同盟』(PHP新書、2001年)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たサミュエル・P・ハンティントン

    サミュエル・P・ハンティントン(ハーバード大学比較政治学教授)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た西村繁樹

    岡崎久彦/佐藤誠三郎/西村繁樹『日米同盟と日本の戦略』(PHP研究所、1991年)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た在日米軍基地

    文理面では、either Party in the territories under the administration of Japanについて、一般には日本政府と米国政府がそれぞれParty(各締約国)と解されるが、これは具体的な武力事態においては国際条約上の治外法権を持つアメリカ合衆国の大使館・領事館及び地位協定により同等の地位が付与されている在日米軍基地など「日本の施政権のテリトリーの内側にある」米国政府の施設区域、あるいは日本のテリトリー内に存在する米国政府の公船等(軍用機・軍艦など)が一方のPartyであり、これらアメリカ合衆国の治外法権の施設や公用物を除いた部分すなわち日本国の一般施政権領域、および日本政府の軍用機・軍艦などがもう一つのPartyであると解釈することができる。この定義に基づけば、それらのいずれか一方への攻撃を自らにとっての平和と安全への危険であると認識(recognizes)し、共通の危機(common danger)に対処するとする。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た砂川事件

    砂川事件 - アメリカ軍の立川基地拡張に反対するデモ隊の一部が基地内に立ち入り逮捕された事件で、日米安保及び在日米軍駐留の合憲・違憲を論点とする訴訟となった。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た思いやり予算

    ただし、世界的には、米軍自身が戦略的に必要と考える地域で現地の国民が駐屯に反対した場合には、駐留と引き換えの経済協力を提案し、あるいはパナマ侵攻・グレナダ侵攻や死の部隊の活動などに見られるように、反対勢力には経済制裁や対外工作機関(中央情報局など)による非公然活動(スキャンダル暴露や暗殺など)、場合によっては軍事介入などのさまざまな妨害をちらつかせ、「アメとムチ」を使って駐留を維持するとされるという説もある。またディック・チェイニーは国防長官当時の1992年、議会で「米軍が日本にいるのは、日本を防衛するためではない。米軍が必要とあらば、常に出動できる前方基地として使用できるようにするため。加えて日本は駐留経費の75%を負担してくれる」とまで発言している(思いやり予算)。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード