85件中 41 - 50件表示
  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た治外法権

    文理面では、either Party in the territories under the administration of Japanについて、一般には日本政府と米国政府がそれぞれParty(各締約国)と解されるが、これは具体的な武力事態においては国際条約上の治外法権を持つアメリカ合衆国の大使館・領事館及び地位協定により同等の地位が付与されている在日米軍基地など「日本の施政権のテリトリーの内側にある」米国政府の施設区域、あるいは日本のテリトリー内に存在する米国政府の公船等(軍用機・軍艦など)が一方のPartyであり、これらアメリカ合衆国の治外法権の施設や公用物を除いた部分すなわち日本国の一般施政権領域、および日本政府の軍用機・軍艦などがもう一つのPartyであると解釈することができる。この定義に基づけば、それらのいずれか一方への攻撃を自らにとっての平和と安全への危険であると認識(recognizes)し、共通の危機(common danger)に対処するとする。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た旧日米安全保障条約

    1951年9月8日、アメリカを始めとする第二次世界大戦の連合国側49ヶ国との間で日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が締結された。この際同時に締約された条約が旧日米安全保障条約であり、この条約に基づき、GHQ麾下部隊のうちアメリカ軍部隊は在日米軍となり、他の連合国軍(主にイギリス軍)部隊は撤収した。旧条約は日本の自主防衛力が除去された戦後占領期の社会情勢を前提に、日本政府が米軍の駐留を希望するという形式をとるものであり、また米国の「駐留権」にもとづく片務的な性格を持つ条約であった。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た朝鮮民主主義人民共和国

    旧安保条約が締結された当時、日本の独自防衛力は事実上の空白状態であり(警察予備隊の創設が1950年秋)、一方ですでに前年の1950年に朝鮮戦争が勃発しており在日米軍は朝鮮半島に出撃しており、アメリカは出撃拠点ともなる後方基地の安全と補給の確保を喫緊の課題としていた。日本側の思惑としては独自の防衛力を再建するための時間的猶予がいまだ必要であり、また戦争により破壊された日本の国力が正常な状態にもどるまで安全保障に必要な大半をアメリカに委ねることで経済負担を極力抑え、経済復興から経済成長へと注力するのが狙いであった。1953年7月に朝鮮戦争が停戦した後もひきつづき冷戦構造のもとで、日本は韓国・中華民国(台湾)と共に、陸軍長官ロイヤルの唱えた「封じ込め政策」に基づく反共の砦として、ソ連・中華人民共和国・北朝鮮に対峙していた。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た台湾海峡危機

    1950年代後期に入ると、日本経済は朝鮮戦争特需から1955年の神武景気に入り、1955年の主要経済指標は戦前の水準を回復して復興期を脱した。経済白書は「もはや戦後ではない」と述べ、高度経済成長への移行が始まった。政治体制においても自由党と民主党が合併し自由民主党に、右派と左派が合併した日本社会党が設立され、いわゆる「55年体制」が成立し安定期に入った。一方で、1954年から1958年にかけて中華人民共和国と中華民国(台湾)の間で台湾海峡危機が起こり、軍事的緊張が高まった。また、アメリカが支援して成立したゴ・ディン・ジエム大統領独裁体制下の南ベトナムでは後のベトナム戦争の兆しが現れていた。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た北大西洋条約

    真の「相互安全協力及び安全保障」条約であれば、在日米軍の存在同様、自衛隊がアメリカ合衆国内に駐屯する事も可能であると主張する声があるが(事実、2010年12月にドイツ軍は北大西洋条約に基づき、第二次世界大戦終結後初めてフランスに駐留部隊を出した)、集団的自衛権を行使できないとする日本政府の防衛方針に適合しないため非現実的である。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た日本工業新聞社

    国際関係研究会『日米同盟の論理』(日本工業新聞社、1982年)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た内閣委員会

    西村眞悟衆議院議員は第155回国会内閣委員会第2号(平成14年10月30日(水曜日))において、アメリカは主要都市に核ミサイルが落ちる危険性を覚悟して日本に核の傘を開くのか、と疑問を述べた。また欧州へ向けられたロシアの核についてのアメリカのシアター・ミサイル・ディフェンスという発言を捉え、アメリカ自身が核ミサイルの射程外の場合関係ないというアメリカの意識がにじみ出ていると指摘した。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た神武景気

    1950年代後期に入ると、日本経済は朝鮮戦争特需から1955年の神武景気に入り、1955年の主要経済指標は戦前の水準を回復して復興期を脱した。経済白書は「もはや戦後ではない」と述べ、高度経済成長への移行が始まった。政治体制においても自由党と民主党が合併し自由民主党に、右派と左派が合併した日本社会党が設立され、いわゆる「55年体制」が成立し安定期に入った。一方で、1954年から1958年にかけて中華人民共和国と中華民国(台湾)の間で台湾海峡危機が起こり、軍事的緊張が高まった。また、アメリカが支援して成立したゴ・ディン・ジエム大統領独裁体制下の南ベトナムでは後のベトナム戦争の兆しが現れていた。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たグレナダ侵攻

    ただし、世界的には、米軍自身が戦略的に必要と考える地域で現地の国民が駐屯に反対した場合には、駐留と引き換えの経済協力を提案し、あるいはパナマ侵攻・グレナダ侵攻や死の部隊の活動などに見られるように、反対勢力には経済制裁や対外工作機関(中央情報局など)による非公然活動(スキャンダル暴露や暗殺など)、場合によっては軍事介入などのさまざまな妨害をちらつかせ、「アメとムチ」を使って駐留を維持するとされるという説もある。またディック・チェイニーは国防長官当時の1992年、議会で「米軍が日本にいるのは、日本を防衛するためではない。米軍が必要とあらば、常に出動できる前方基地として使用できるようにするため。加えて日本は駐留経費の75%を負担してくれる」とまで発言している(思いやり予算)。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た連合国軍占領下の日本

    1951年9月8日、アメリカを始めとする第二次世界大戦の連合国側49ヶ国との間で日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が締結された。この際同時に締約された条約が旧日米安全保障条約であり、この条約に基づき、GHQ麾下部隊のうちアメリカ軍部隊は在日米軍となり、他の連合国軍(主にイギリス軍)部隊は撤収した。旧条約は日本の自主防衛力が除去された戦後占領期の社会情勢を前提に、日本政府が米軍の駐留を希望するという形式をとるものであり、また米国の「駐留権」にもとづく片務的な性格を持つ条約であった。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード