76件中 61 - 70件表示
  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たトルコ

    2004年(平成16年)度の日本防衛白書では初めて中華人民共和国の軍事力に対する警戒感を明記し、また米国の安全保障に関する議論でも、日本の対中警戒感に同調する動きが見られ、2005年(平成17年)、ブッシュ大統領の外交に大きな影響を持つライス補佐官が中国に対する警戒感をにじませる発言をし、日米安全保障条約の本質は対中軍事同盟・トルコ以東地域への軍事的存在感維持の為の物へと変化して来ている}}。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約

    形式的には1951年(昭和26年)に署名され翌1952年(昭和27年)に発効した旧安保条約を失効させ、新たな条約として締約批准されたが、実質的には安保条約の改定とみなされている。この条約に基づき、アメリカ軍の日本駐留を引き続き認めた。60年安保条約、新安保条約(しんあんぽじょうやく)などともいわれる。新・旧条約を特段区別しない場合の通称は日米安全保障条約(にちべいあんぜんほしょうじょうやく)、日米安保条約(にちべいあんぽじょうやく)。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た正論 (雑誌)

    - の改訂版。『正論』2011年2月号に掲載された田母神俊雄との対談を収録。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た民主党 (日本 1998-2016)

    従来の日本国憲法第9条解釈と日米安全保障条約では、安保条約第5条で米国に日本防衛で米兵を出してもらう借りで、第6条で日本国内に米軍基地の土地で返す事を1960年の安保条約改定時には、「人(米軍)と物(日本)とのバーターと言われ、安保条約は、5条と6条によって対等な関係とされた。米軍が日本を守るのに、日本の自衛隊は米軍を守れないから集団的自衛権を行使する第2次安倍内閣の憲法新解釈を、民主党の江崎孝参議院議員は2014年6月の参議院決算委員会で「集団的自衛権を容認するなら(従来と比べて日本側にとっては)在日米軍の分だけ負担が重くなる」と基地提供を認める安保条約6条の削除を迫ったが、安倍晋三首相は「条約を変える考えは毛頭ない。」と応えた。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たソ連崩壊

    1991年(平成3年)のソ連崩壊により冷戦は終結したが、ソ連崩壊後の極東アジアの不安定化や北朝鮮の脅威、中台関係の不安定さや中国の軍事力増強など、日本および周辺地域の平和への脅威に共同対処するため引き続き条約は継続している。日本政府は、基本的価値や戦略的利益を共有する国がアメリカであるとし、日米安保は日本外交の基軸であり極東アジアの安定と発展に寄与するものとしている。一方で日米双方において、当条約の有効性や歴史的存在意義についての多くの議論がおこなわれるようになっている。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た自衛権

    条約を締結することの意義について説明する。個別的及び集団的自衛権についても言及。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たホワイトハウス

    ホワイトハウス報道官は2008年(平成20年)2月13日、「米国はどこに居ようとどこに基地を持とうと、それはそれらの国々から招かれてのことだ。世界のどの米軍基地でも撤去を求められているとは承知していない。もし求められれば恐らく我々は撤退するだろう」と述べた(ダナ・ペリノ発言、「恒久的基地は世界のどこにもない」AFP通信電)。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た日本国との平和条約

    1951年(昭和26年)9月8日、アメリカを始めとする第二次世界大戦の連合国側49ヶ国との間で日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が締結された。この際、同条約第6条(a)但書に基づき、同時に締約された条約が旧日米安全保障条約であり、この条約に基づき、GHQ麾下部隊のうちアメリカ軍部隊は在日米軍となり、他の連合国軍(主にイギリス軍)部隊は撤収した。旧条約は日本の自主防衛力が除去された戦後占領期の社会情勢を前提に、日本政府が米軍の駐留を希望するという形式をとるものであり、また米国の「駐留権」にもとづく片務的な性格を持つ条約であった。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見たベトナム共和国

    1950年代後期に入ると、日本経済は朝鮮戦争特需から1955年(昭和30年)の神武景気に入り、1955年(昭和30年)の主要経済指標は戦前の水準を回復して復興期を脱した。経済白書は「もはや戦後ではない」と述べ、高度経済成長への移行が始まった。政治体制においても自由党と民主党が合併し自由民主党に、右派と左派が合併した日本社会党が設立され、いわゆる「55年体制」が成立し安定期に入った。そして1959年、日本が戦後初めて発行した外債は合衆国の金融市場が引受けた。一方で、1954年(昭和29年)から1958年(昭和33年)にかけて中華人民共和国と中華民国(台湾)の間で台湾海峡危機が起こり、軍事的緊張が高まった。また、アメリカが支援して成立したゴ・ディン・ジエム大統領独裁体制下の南ベトナムでは後のベトナム戦争の兆しが現れていた。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た連合国軍最高司令官総司令部

    1951年(昭和26年)9月8日、アメリカを始めとする第二次世界大戦の連合国側49ヶ国との間で日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が締結された。この際、同条約第6条(a)但書に基づき、同時に締約された条約が旧日米安全保障条約であり、この条約に基づき、GHQ麾下部隊のうちアメリカ軍部隊は在日米軍となり、他の連合国軍(主にイギリス軍)部隊は撤収した。旧条約は日本の自主防衛力が除去された戦後占領期の社会情勢を前提に、日本政府が米軍の駐留を希望するという形式をとるものであり、また米国の「駐留権」にもとづく片務的な性格を持つ条約であった。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「日米安全保障条約」のニューストピックワード