898件中 91 - 100件表示
  • 戸田市

    戸田市から見た日本銀行日本銀行

    美女木東(びじょぎひがし) - 用途地域は工業地域で工場・物流施設が多く立地するが、埼玉県立南稜高等学校、イオン北戸田ショッピングセンター、北戸田住宅(日本郵政グループ)、新東日本センター(東京簡易保険事務センター所管)、日本銀行戸田発券センターなどの施設が近年立地する。戸田市 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤洋介 (政治家)

    近藤洋介 (政治家)から見た日本銀行日本銀行

    1984年に山形県立山形東高等学校を卒業。1988年には慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。日本経済新聞社に入社し11年間勤務した。日本経済新聞社では編集局産業部()、同経済部に所属し、機械、化学、貿易など産業界、日本銀行、経済産業省などを担当した。近藤洋介 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 中央銀行

    中央銀行から見た日本銀行日本銀行

    これら自然発生型の中央銀行に対して、日本銀行(1882年)やアメリカの連邦準備制度(1913年)などは、当初から物価の安定や通貨の発行業務を目的として設立されたものである。中央銀行の数は1900年には18行、1920年代から急増し1960年までに約50ヶ国、1990年には160行を越える状況となった。中央銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見た日本銀行日本銀行

    の政府・日銀が急激な円相場の変動を抑える目的で外国為替市場への市場介入(単独介入)を実施、3月18日以来今年2度目。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 下関市

    下関市から見た日本銀行日本銀行

    山口県を代表する都市の一つであり、その人口規模は県庁所在地の山口市を凌ぎ、山口県一の規模を誇る。中国地方でも5番目(広島市、岡山市、倉敷市、福山市に次ぐ)の人口規模の都市。経済面でも山口県西部(旧長門国)の中心的都市であり、下関市に営業拠点を置く企業も少なくない。その1つに山口銀行(山口フィナンシャルグループ)、一般紙「山口新聞」や日本最大の水産食品専門紙「みなと新聞」を発行するみなと山口合同新聞社の本社などが置かれていることなどがあげられる。また日本銀行も山口市ではなく下関市に下関支店を置いている。また、北部九州地域との交流も深い。下関市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本長期信用銀行

    日本長期信用銀行から見た日本銀行日本銀行

    なお、破綻処理のために日本銀行から派遣されて、長銀としては最後の頭取となった安斎隆は、アイワイバンク銀行(現・セブン銀行)に転じて同社の初代社長となり、現在はセブン銀行の代表取締役会長となっている。日本長期信用銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 足利銀行

    足利銀行から見た日本銀行日本銀行

    1944年までの戦時統合にて、県内6行を合併・12行を営業譲受し、一県一行となる現在の足銀が発足した。これ以降、歴代頭取は日本銀行出身の遠田淳・藤松正憲・関根太郎、日本興業銀行出身の岡一雄と、4代続けて東京財界出身者によって占められたが、彼らは、東京にて昭和金融恐慌を直接経験した世代であり、漫然たる融資を常に諌め足銀伝統の「地元密着・堅実経営」の姿勢を崩さなかった。足利銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 木村清四郎

    木村清四郎から見た日本銀行日本銀行

    木村 清四郎(きむら せいしろう、1861年7月12日(文久2年6月5日) - 1934年(昭和9年)9月24日)は、明治期の日本銀行副総裁、貴族院議員。木村清四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岸幹太郎

    岸幹太郎から見た日本銀行日本銀行

    岸 幹太郎(きし かんたろう、1860年(万延元年) - ?)は、徳川家理事、家令。日本銀行員及び横浜正金銀行員岸幹太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 国会同意人事職務継続法案

    国会同意人事職務継続法案から見た日本銀行日本銀行

    ねじれ国会のために2008年3月に日本銀行総裁人事が参議院で同意されず、一時的に日本銀行総裁が空席になる問題が発生したことなどが契機となった。国会同意人事職務継続法案 フレッシュアイペディアより)

898件中 91 - 100件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード