1291件中 101 - 110件表示
  • 池尾和人

    池尾和人から見た日本銀行日本銀行

    2008年6月の日銀政策委員会審議委員起用の人事案は国民新党が郵政民営化に関する意見の相違がある旨を民主党へ伝えたため見送られた。池尾和人 フレッシュアイペディアより)

  • 地域通貨

    地域通貨から見た日本銀行日本銀行

    日本で一般的に使用されている名称、基本的には財やサービスの取引の精算手段として、政府や日本銀行などの中央銀行が発行する法定通貨以外に使われるものを言う。地域通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 池田 健三郎

    池田健三郎から見た日本銀行日本銀行

    1992年(平成4年)、日本銀行に入行(総合職)し、調査統計局、国際局、金融市場局などを経る。1999年(平成11年)6月、人事局付を最後に日本銀行を退職。池田健三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 官製不況

    官製不況から見た日本銀行日本銀行

    1990年から1991年にかけての、不動産融資への総量規制、地価税の新設、さらに日本銀行の金融引き締め政策。総量規制、地価税はともに地価高騰および加熱しすぎた景気(バブル景気)を抑制する目的だったが、それらの動きが急すぎたため不動産融資額が激減し、景気のハードランディング(バブル崩壊)をもたらした。そのような状況下にも関わらず、日本銀行は三重野康総裁の下、金融引き締め策を実施し続けた。なお、そもそもバブル景気の加熱の原因は、澄田智前総裁が好景気下で行った低金利政策が不動産や株式への投機を加速させたためとされている。バブル崩壊に関して西村吉正 元大蔵省銀行局長(1990-1991年当時は経済企画庁総合計画局計画課長)は次のように述べている。官製不況 フレッシュアイペディアより)

  • 小田村四郎

    小田村四郎から見た日本銀行日本銀行

    終戦後に東京帝国大学(現:東京大学)に復学卒業。1947年(昭和22年)大蔵省(現:財務省)に入省し、1976年(昭和51年)に行政管理庁事務次官、その後日本銀行監事を務めた。1995年(平成7年)から2003年(平成15年)まで拓殖大学第16代総長。小田村四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田誠二郎

    柳田誠二郎から見た日本銀行日本銀行

    京華中学校、第一高等学校を経て1917年(大正6年)4月東京帝国大学卒業。日本銀行へ入行する。柳田誠二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 国士舘中学校・高等学校

    国士舘中学校・高等学校から見た日本銀行日本銀行

    国士舘中学校創設に向けて維持委員会は「中学校創設基本金募集覚書」をまとめ、これに基づく募金活動が全国で行われた。大正11年6月には三井家・岩崎家(各6,000円)、日本銀行(2,000円)、松方幸次郎(3,000円)、渋沢栄一・浅野総一郎(各2,000円)、服部金太郎・麻生太吉(各1,000円)などから毎年の資金援助が約束されていた。維持委員会の会場は渋沢栄一邸・交詢社・丸の内銀行倶楽部などの社交場にて開催され、各界の名士によって国士舘の整備拡張と資金援助が構想された。国士舘中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の銀貨

    日本の銀貨から見た日本銀行日本銀行

    明治39年(1906年)、下落傾向にあった銀相場が上昇に転じ、補助銀貨鋳潰しの恐れが出たため約25%減量し、龍図を日章に変更する改正が行われた。この時点で金貨・青銅貨については既に龍図が姿を消し旭日のデザインとなっており、白銅貨は元々龍図が採用されていなかったため、日本の貨幣の龍図はこの改正をもって完全に姿を消したことになる。十銭銀貨については薄小なものとなるため、当初量目削減は行われず明治39年銘として発行(日銀に引渡し)されたが、流通することなく引揚げられ明治40年(1907年)3月までに発行分はすべて鋳潰され、見本用として残された貨幣が造幣博物館に展示されているのみである。また明治40年3月に同じ直径ながら品位を720に下げ純銀量を他の額面と比例させた十銭銀貨に改正され、同8月から新形式の十銭銀貨が製造発行された。日本の銀貨 フレッシュアイペディアより)

  • 中山素平

    中山素平から見た日本銀行日本銀行

    1950年(昭和25年)、川崎製鉄(現:JFEスチール)が千葉に銑鋼一貫工場を建設する計画書を通商産業省に提出した。1950年度に250万トン程度の粗鋼生産しかない業界に、一挙に50万トンの生産力をもつ一貫工場を、資本金5億円の川崎製鉄が163億円かけて建設するという計画であった。日本銀行の一万田尚登総裁は金融引き締め政策に逆行する巨額投資に憤り、「製鉄所にペンペン草をはやしてやる」とまで言い放ち、反対した。中山は、原料の船からの荷下ろしから製銑・製鋼・圧延、製品の船積みまでの全工程が合理的にレイアウトされていること、全工程に最新の設備の導入が予定されていることなど、優れた計画であることを認め、この反対を押し切り、融資を決め、製鉄所実現に尽力した。中山素平 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見た日本銀行日本銀行

    池田内閣の時代、日本銀行は消極財政に舵を切ろうとし、金利引き上げを何度も求め、日銀法改正による中央銀行の独立を要求したが、池田は断固拒否し主張を押さえ込んだ。結果、日本の景気は萎縮することなく、高度経済成長は順調に実現した。池田時代の日銀総裁は大蔵省の同期・山際正道であり、最終的には池田と山際は歩調を合わせた。大蔵省が「官庁の中の官庁」というパワーを確立したのは池田政権の時代である。池田内閣時代の日本は、政府与党、大蔵省、日銀、財界が一体となって国を動かした。池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

1291件中 101 - 110件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード