1291件中 11 - 20件表示
  • 佐々木多門

    佐々木多門から見た日本銀行日本銀行

    第二高等学校(現・東北大学)で教鞭をとっていた際、高橋是清にその経済に関する専門性と英語力を認められ、日本銀行に招き入れられる。高橋是清が第1次山本内閣で蔵相に就任してからは、その後およそ23年間にわたって私設顧問を務める。また、日本人として初めて海外主要紙の通信員(The Times東京通信員)となり、日本の政治、経済に関する論説記事を世界へ発信した。特に満州事変以降、国際世論が日本に対して厳しい論調を強めていく中、紙面において切実な日本の立場を主張した。また、日増しに勢いを強めていく軍国主義勢力に対しては痛烈に批判を浴びせ、国内の良識人の意見を代弁した。当時、日本人の書いた記事が海外主要紙に掲載されることは極めて稀なことであったが、多門はThe Timesに自分のコラムを構え、実に10年以上の長きにわたって日本の実情を世界に伝えた。その英文は、英国人文学者をして「秀逸」と言わしめた。佐々木多門 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た日本銀行日本銀行

    このような産業発展により、日本銀行は、福島県福島市、秋田県秋田市という順序で設置された(工業資本は巨大なため日銀が必要になるが、当時の地方の商業は小資本であるため市中銀行で賄える)。商業都市であった宮城県仙台市には、軍需工場が多く設置された第二次世界大戦中になるまで日銀は設置されなかった。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のインフレーション

    日本のインフレーションから見た日本銀行日本銀行

    日本銀行の調査によれば、1934-1936年の消費者物価指数を1とした場合、1954年は301.8となった。つまり、18年間で物価が約300倍となったことになる。日本のインフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 外山脩造

    外山脩造から見た日本銀行日本銀行

    外山 脩造(とやま しゅうぞう、天保13年11月10日(1842年12月11日) - 大正5年(1916年)1月13日)は、幕末の越後長岡藩士。明治期の衆議院議員、官吏、実業家。大蔵省、初代・日本銀行大阪支店長、横浜正金銀行取締役を経て、アサヒビール、商業興信所(日本初の信用調査会社)等の創業に関わる。阪神電鉄初代社長となり、関西財界の礎を築いた。号は軽雲。外山脩造 フレッシュアイペディアより)

  • リフレーション

    リフレーションから見た日本銀行日本銀行

    三菱UFJリサーチ&コンサルティングのエコノミストの片岡剛士は「2013年に安倍政権がリフレーション政策を採用したことは、画期的なイノベーションだったといえる。世界の経済学では主流でも、日本の学会では少数派の政策を、政権が具体的な数値目標を取り入れ、各国の中央銀行と協調した。デフレの問題を20年以上も主張し続け、日本銀行を批判してきた岩田規久男が、副総裁に就き日銀の内部に入り込んだ。これは驚くべきことである」と指摘している。リフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た日本銀行日本銀行

    日本国債の下落の顕著な衝撃なしにアベノミクスは2013年の初めに日本の株式市場における騰貴を招いた。だけれども十年先物(英:10-years forward)の金利は少し上がった約70%の日本国債は日本銀行が買っている。そして残りのほとんどは日本の銀行と信託金(英:trust fund)が買っている。それはグローバルなの影響からそのような債権等の価格と利子を大いに孤立させ、そして彼らの信用格付けの変化に対する感受性を低下させる。日本国債に賭けることはそれとは反対の基本にもかかわらずそれらの価格の下方硬直性(英:price rigidity)により「無尽蔵を生む取引(英:widowmaker trade)」として知られるようになった。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の貨幣史

    日本の貨幣史から見た日本銀行日本銀行

    貨幣の発行を政府と銀行のいずれが行うかによって、貨幣発行益は異なる。たとえば2014年度(平成26年度)には日本銀行券が30億枚発行されており、銀行券製造費は51,483,108,000円となっている。ただし、現在の日本では、政府ではなく中央銀行である日本銀行が貨幣を発行している。このため、銀行券の製造コストと額面の差額は貨幣発行益とはならない。日本銀行の貨幣発行益は、銀行券発行の対価として買い入れた手形や国債から得られる利息となる。日本の貨幣史 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和金融恐慌

    昭和金融恐慌から見た日本銀行日本銀行

    なお、台湾銀行はしばしば経営危機に瀕し都度日銀の特融や大蔵省預金部からの融資を仰いでいた。1920年代に入ると借入金への依存度が増し、特融・預金部の融資に加え、コール市場の融通金にも大きく依拠するようになっていた。昭和金融恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 失われた10年

    失われた10年から見た日本銀行日本銀行

    日本銀行による急速な金融引き締め(総量規制)の事実上の失敗を端緒とした信用収縮と、在庫調整の重なったバブル崩壊後の急速な景気後退に、財務当局の失政、円高、世界的な景況悪化などの複合的な要因が次々に加わり不況が長期化した。銀行・証券会社などの大手金融機関の破綻が金融不安をひきおこすなど、日本の経済に大打撃を与えた。これにより、1973年12月から続いていた安定成長期は17年3ヶ月間で終わった。失われた10年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のデフレーション

    日本のデフレーションから見た日本銀行日本銀行

    1880年代前半の日本では、大蔵卿(1885年(明治18年)の内閣制度発足に伴い、大蔵大臣)の松方正義が緊縮財政を行い、それまで濫発されていた不換紙幣を償却し、日本銀行を設立して銀本位制が実現された。この緊縮財政の結果、日本はデフレ不況となった(松方デフレ)。日本のデフレーション フレッシュアイペディアより)

1291件中 11 - 20件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード