898件中 11 - 20件表示
  • 十六銀行

    十六銀行から見た日本銀行日本銀行

    かつては日本銀行出身者が2代続けて頭取となった事もあったが、1999年6月に日銀(京大卒)及び旧大蔵省(名大院修)出身者の退任以降、いわゆる天下りが取締役(委員会設置会社ではないので執行役制度は無い)には存在しない。また、大手都銀からも同様である。十六銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見た日本銀行日本銀行

    大蔵・財務事務次官、日本銀行副総裁などを歴任した。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小田村四郎

    小田村四郎から見た日本銀行日本銀行

    終戦後に東京帝国大学に復学卒業。1947年大蔵省に入省し、1976年に行政管理庁事務次官、その後日本銀行監事を務めた。1995年から2003年まで拓殖大学第16代総長。小田村四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た日本銀行日本銀行

    白川 方明(しらかわ まさあき、1949年9月27日 - )は、日本の銀行家、経済学者(金融政策・決済システム)。学位は経済学修士(シカゴ大学)。第30代日本銀行総裁。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 日本橋 (東京都中央区)

    日本橋 (東京都中央区)から見た日本銀行日本銀行

    東京都中央区の地名。上記の橋周辺一帯の地域とその町名。日本銀行本店や東京証券取引所が立地する、日本を代表する金融街で、高島屋や三越といった老舗の商業施設も多く立地する。日本橋 (東京都中央区) フレッシュアイペディアより)

  • 松本市

    松本市から見た日本銀行日本銀行

    県庁所在地ではないが、FM長野本社、日本銀行松本支店、松本空港、信州大学本部、陸上自衛隊松本駐屯地などがあり、さながら県中部に位置する「副県都」のような存在になっている。国立大学機構が1県1学の県に於いて本部が県庁所在地以外に置かれているのは、信州大学の他は青森県の弘前大学と広島県の広島大学および沖縄県の琉球大学のみである。また特に日銀の存在は松本市をして、長野市とともに複眼構造をなすことにより、県の経済の中心に押し上げる役割も持っている。松本市 フレッシュアイペディアより)

  • 井上準之助

    井上準之助から見た日本銀行日本銀行

    井上 準之助(いのうえ じゅんのすけ、明治2年3月25日(1869年5月6日) - 昭和7年(1932年)2月9日)は、日本の政治家、財政家。日本銀行第9、11代総裁。山本、浜口内閣で大蔵大臣を歴任。貴族院議員。井上準之助 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋是清

    高橋是清から見た日本銀行日本銀行

    明治元年(1868年)、帰国する。帰国後の1873年(明治6年)、サンフランシスコで知遇を得た森有礼に薦められて文部省に入省し、十等出仕となる。英語の教師もこなし、大学予備門で教える傍ら当時の進学予備校の数校で教壇に立ち、そのうち廃校寸前にあった共立学校(現・開成高校)の初代校長をも一時務めた。教え子には俳人の正岡子規やバルチック艦隊を撃滅した海軍中将・秋山真之がいる。その間、文部省、農商務省(現・経済産業省及び農林水産省)の官僚としても活躍、1884年(明治17年)には農商務省の外局として設置された特許局の初代局長に就任し、日本の特許制度を整えた。1889年(明治22年)、官僚としてのキャリアを中断して赴いたペルーで銀鉱事業を行うが、すでに廃坑の為失敗。1892年(明治25年)再び帰国した後に川田小一郎に声をかけられ、日本銀行に入行。高橋是清 フレッシュアイペディアより)

  • 橋井真

    橋井真から見た日本銀行日本銀行

    昭和10年5月、内閣調査局調査官となり、以後、調査局→企画庁→企画院と、企画院のその改変・拡大時に植村甲午郎、黒田鴻伍のもとで勤務、いわば「革新官僚」、あるいは「経済新体制」組の一人である。昭和12年12月には、商工省に戻り、機械局一般機械課長・総務課長などを経て、昭和16年1月には総務局に移動、5月、中華民国の経済顧問就任。以後、軍需省秘書課長兼内閣総理大臣秘書官、機械局長。終戦後は、商工省参事官(経済連絡部長)、内閣官房内閣審議室、経済安定本部第1本部長を経て、退官。東京計器製作所会長・社長、日本銀行政策委員(昭和49~52年)。橋井真 フレッシュアイペディアより)

  • 第百三十三国立銀行

    第百三十三国立銀行から見た日本銀行日本銀行

    彦根市を本拠とする当行と、近江八幡市に本拠を構える八幡銀行は共に滋賀県内の有力行であり、覇を競う関係にあった。当時政府は、一県一行政策を推進しており、滋賀県内においては、県庁所在地である大津市に有力行がなかったこともあり、日本銀行の強力な勧奨のもと両行の合併と同時に大津市への本店移転が行われた。合併の協議に際しては、当初、当行は本店を彦根市に置くことを主張したが、受け入れられなかった。しかしながら合併が破談となった場合には、八幡銀行が本店を大津に移転させ県内の有力行としての地位を優位に進める可能性があったこともあり、最終的には合併を受け入れることになった。第百三十三国立銀行 フレッシュアイペディアより)

898件中 11 - 20件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード