898件中 41 - 50件表示
  • 小坂順造

    小坂順造から見た日本銀行日本銀行

    1904年日本銀行入行、1908年同行を退職し信濃銀行取締役、1911年信濃毎日新聞社長、長野商業会議所会頭、1923年長野電灯(現中部電力小黒水力発電所)社長、1928年信越窒素肥料(現信越化学工業)社長、1950年日本発送電総裁、1954年電源開発総裁。電気事業経営者会議委員長等も務めた。小坂順造 フレッシュアイペディアより)

  • 山本達雄 (政治家)

    山本達雄 (政治家)から見た日本銀行日本銀行

    山本 達雄(やまもと たつお、安政3年3月3日(1856年4月7日) - 昭和22年(1947年)11月12日)は、明治・大正・昭和期の銀行家・政治家。43歳で第5代日本銀行総裁に就任後、政界に転じて貴族院議員、大蔵大臣・農商務大臣・内務大臣を歴任した。豊後国臼杵藩(現在の大分県臼杵市)出身。正二位勲一等旭日桐花大綬章。大正9年(1920年)男爵授爵。山本達雄 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木直

    佐々木直から見た日本銀行日本銀行

    佐々木 直(ささき ただし、1907年5月19日-1988年7月7日)は山口県出身の第22代日本銀行総裁。佐々木直 フレッシュアイペディアより)

  • 熊崎俊二郎

    熊崎俊二郎から見た日本銀行日本銀行

    熊崎は、熱心な金融再編論者として知られ、平成銀行構想があきらかにされた際には日本銀行、大蔵省間のパイプ役を自任し、北日本銀行の大株主であった企業を訪れ、合併に対する根回しを行っていたとされる。熊崎俊二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木多門

    佐々木多門から見た日本銀行日本銀行

    第二高等学校(現・東北大学)で教鞭をとっていた際、高橋是清にその経済に関する専門性と英語力を認められ、日本銀行に招き入れられる。高橋是清が第1次山本内閣で蔵相に就任してからは、その後およそ23年間にわたって私設顧問を務める。また、日本人として初めて海外主要紙の通信員(ロンドン・タイムス東京通信員)となり、日本の政治、経済に関する論説記事を世界へ発信した。特に満州事変以降、国際世論が日本に対して厳しい論調を強めていく中、紙面において切実な日本の立場を主張した。また、日増しに勢いを強めていく軍国主義勢力に対しては痛烈に批判を浴びせ、国内の良識人の意見を代弁した。当時、日本人の書いた記事が海外主要紙に掲載されることは極めて稀なことであったが、多門はロンドン・タイムスに自分のコラムを構え、実に16年の長きにわたって日本の実情を世界に伝えた。その英文は、英国人文学者をして「秀逸」と言わしめた。佐々木多門 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和金融恐慌

    昭和金融恐慌から見た日本銀行日本銀行

    1923年に発生した関東大震災で決済不能となった手形についてはモラトリアム令が出され、のちに日銀が手形の再割引を行い(震災手形)、決済困難な手形に流動性を付与することで経済活動の停滞を防ぐべく対応を取った(日銀特融)。しかし、持ち込まれた多くの手形の中から震災手形としてスタンプを捺すものを選別する場面において、真に震災の被害を受けて当座の支払いに困窮したものは同時に生産手段や担保となる資産も喪失していることが多くリスクが大きいとして敬遠され、一方で被災の程度が軽く安全な物件が優先されたほか、折からの不況や投機の失敗で不良債権となった手形は一応の担保が確保されていることから、これらを再割引の対象として容れられることがあったと指摘されている。この過程で直接震災に関係ない手形が多数紛れ込むモラルハザードが発生し、戦後不況に起因する不良債権が根本的な解消を見ることなく残りつづけた。昭和金融恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原作弥

    藤原作弥から見た日本銀行日本銀行

    藤原 作弥(ふじわら さくや、1937年 - )は、日本のエッセイスト、ノンフィクション作家。日本銀行副総裁(1998年 - 2003年)。藤原作弥 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田満

    吉田満から見た日本銀行日本銀行

    吉田 満(よしだ みつる、1923年1月6日 - 1979年9月17日)は、日本の小説家である。代表作は映画化、長時間テレビドラマ化もされた小説、『戦艦大和ノ最期』。また、日本銀行行員として要職を歴任した。吉田満 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見た日本銀行日本銀行

    30日 - 日本銀行が金融政策決定会合を開き、追加の量的緩和を決定した。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 深井英五

    深井英五から見た日本銀行日本銀行

    深井 英五(ふかい えいご、明治4年11月20日(1871年12月31日) - 昭和20年(1945年)10月21日)は日本の銀行家・経済学者・作家。第13代日本銀行総裁・貴族院議員。群馬県高崎市出身。歴代日銀総裁でもっとも経済理論に精通し、金融恐慌時は副総裁として井上準之助をサポート。ぎりぎりのところで日本経済を救った立役者として知られている。深井英五 フレッシュアイペディアより)

898件中 41 - 50件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード