898件中 61 - 70件表示
  • 日本の銀貨

    日本の銀貨から見た日本銀行日本銀行

    明治39年(1906年)、下落傾向にあった銀相場が上昇に転じ、補助銀貨鋳潰しの恐れが出たため約25%減量し、龍図を日章に変更する改正が行われた。十銭銀貨については薄小なものとなるため、当初量目削減は行われず明治39年銘として発行(日銀に引渡し)されたが、流通することなく引揚げられ明治40年(1907年)3月までに発行分はすべて鋳潰され、見本用として残された貨幣が造幣博物館に展示されているのみである。また明治40年3月に同じ直径ながら品位を720に下げ純銀量を他の額面と比例させた十銭銀貨に改正され、同8月から新形式の十銭銀貨が製造発行された。日本の銀貨 フレッシュアイペディアより)

  • 森永 卓郎

    森永卓郎から見た日本銀行日本銀行

    日銀の量的金融緩和政策と政府による減税および社会投資の前倒しによる景気回復を主張してきたが、現在はスポーツ紙上で大インフレ時代の到来とその恐怖を訴えている。また、不況下の歳出削減や特殊法人改革には「どんな理由でも景気に悪影響しか与えない」と様々な改革を批判している。森永卓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松方正義

    松方正義から見た日本銀行日本銀行

    明治期の日本において内閣総理大臣を2度(第4・6代)務めるとともに大蔵卿、大蔵大臣(初・第2・第3・第4・第6・第8・第11代)を長期間務めて日本銀行を設立するなど、財政通として財政面で業績を残した。また、晩年は元老、内大臣として政局に関与し影響力を行使した。松方正義 フレッシュアイペディアより)

  • 全国銀行データ通信システム

    全国銀行データ通信システムから見た日本銀行日本銀行

    参加している金融機関は銀行だけでなく、信用金庫、信用協同組合、農業協同組合等を含めたすべての民間金融機関(日本振興銀行などを除く。2009年1月現在)と日本銀行である。全国銀行データ通信システム フレッシュアイペディアより)

  • 中央警察署 (東京都)

    中央警察署 (東京都)から見た日本銀行日本銀行

    警視庁第1方面に属し、中央区の日本橋西部、京橋地区北部を管轄している。管内には東京証券取引所や日本銀行などの金融関係機関が目立つ他、警視庁高速隊も存在する。中央警察署 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 地域通貨

    地域通貨から見た日本銀行日本銀行

    日本で一般的に使用されている名称、基本的には財やサービスの取引の精算手段として、政府や日本銀行などの中央銀行が発行する法定通貨以外に使われるものを言う。地域通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 結城豊太郎

    結城豊太郎から見た日本銀行総裁日本銀行

    結城 豊太郎(ゆうき とよたろう、1877年(明治10年)5月24日 - 1951年(昭和26年)8月1日)は、日本の銀行家、大蔵大臣・日本銀行総裁を歴任。現在の山形県南陽市赤湯出身。結城豊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 官製不況

    官製不況から見た日本銀行日本銀行

    1990年から1991年にかけての、不動産融資への総量規制、地価税の新設、さらに日本銀行の金融引き締め政策。総量規制、地価税はともに地価高騰および加熱しすぎた景気を抑制をする目的だったが、急激に不動産融資額を減少させたためにバブル崩壊をもたらした。さらに日本銀行は三重野康総裁の下、金融引き締め策を実施し続けた。なお、そもそもバブル景気の加熱の原因は、好景気下の低金利政策が不動産や株式への投機を加速させたためとされている。バブル崩壊に関して西村吉正 元大蔵省銀行局長(1990-1991年当時は経済企画庁総合計画局計画課長)は次のように述べている。官製不況 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家榮一

    氏家榮一から見た日本銀行日本銀行

    日銀勤務を経て、七十七銀行に入行。1970年には、頭取に昇格する。氏家榮一 フレッシュアイペディアより)

  • 第四高等学校 (旧制)

    第四高等学校 (旧制)から見た日本銀行日本銀行

    新木栄吉(第17・19代日本銀行総裁)第四高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

898件中 61 - 70件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード