898件中 81 - 90件表示
  • 池田 健三郎

    池田健三郎から見た日本銀行日本銀行

    日本銀行に入行し、調査統計局、国際局、金融市場局などを経る。6月、人事局付を最後に日本銀行を退職。池田健三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 池田成彬

    池田成彬から見た日本銀行日本銀行

    池田 成彬(いけだ しげあき、慶応3年7月16日(1867年8月15日) - 昭和25年(1950年)10月9日)は、日本の財界人、政治家。日本銀行総裁、大蔵大臣兼商工大臣、枢密顧問官を務めた。平沼内閣が潰れると、西園寺公望から首相打診があったが陸軍が阿部信行を推したため立ち消えとなり「幻の首相」となった。通称せいひん。池田成彬 フレッシュアイペディアより)

  • ゼロ金利政策

    ゼロ金利政策から見た日本銀行日本銀行

    1998年、日本ではバブル崩壊後最悪の経済状況となる中で、大規模な財政政策が取られた。金融政策においても緩和が求められることになり、1999年2月、日本銀行は短期金利の指標である無担保コール翌日物金利を史上最低の0.15%に誘導することを決定した。この時、当時の速水優日本銀行総裁が「ゼロでも良い」と発言したことからゼロ金利政策と呼ばれるようになった。2000年のITバブル景気を機に一時解除されるが、2001年のITバブル崩壊を機に事実上復活。2006年に景気回復を理由に再び解除となるが、2008年12月の世界金融危機と米国のゼロ金利導入を機に2008年12月19日に日銀が無担保コール翌日物金利の誘導目標を0.1%に設定することを決定。いったんは解除したゼロ金利政策を再び実施する方向へと舵を切りなおした。ゼロ金利政策 フレッシュアイペディアより)

  • 筑波大学附属小学校

    筑波大学附属小学校から見た日本銀行日本銀行

    澁澤敬三 - 元日本銀行総裁、大蔵大臣(澁澤榮一の長男の長男)筑波大学附属小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日清戦争

    日清戦争から見た日本銀行日本銀行

    戦費は、2億3,340万円(内訳:臨時軍事費特別会計支出2億48万円、一般会計の臨時事件費79万円・臨時軍事費3,213万円)で、開戦前年度の一般会計歳出決算額8,458万円の2.76倍に相当した。うち臨軍特別会計(1894年6月1日?1896年3月末日)の支出額構成比は、陸軍費が82.1%(人件費18.4%、糧食費12.4%、被服費10.8%、兵器弾薬費5.6%、運送費16.9%、その他18.0%)、海軍費が17.9%(人件費1.1%、艦船費6.4%、兵器弾薬費・水雷費5.0%、その他5.4%)であった。臨軍特別会計の収入額は、2億2,523万円であり、主な内訳が公債金(内債)51.9%、賠償金35.0%、1893年度の国庫剰余金10.4%であった(臨軍特別会計の剰余金2,475万円)。なお、1893年度末の日本銀行をふくむ全国銀行預金額が1億152万円であったため、上記の軍事公債1億1,680万円の引き受けが容易でなく、国民の愛国心に訴えるとともに地域別に割り当てる等によって公債募集が推進された。日清戦争 フレッシュアイペディアより)

  • デフレーション

    デフレーションから見た日本銀行日本銀行

    1880年代前半に大蔵卿(1885年(明治18年)の内閣制度発足に伴い、大蔵大臣)の松方正義が緊縮財政を行い、それまで濫発されていた不換紙幣を償却し、日本銀行を設立して銀本位制を実現させた。この緊縮財政の結果、デフレ不況となった(松方デフレ)。デフレーション フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た日本銀行日本銀行

    日本銀行仙台支店 - 青葉区一番町3-4-8仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た日本銀行日本銀行

    大阪市中央公会堂 (重要文化財) - 大阪府立中之島図書館 (重要文化財) - 日本銀行大阪支店旧館 - 朝日ビル - ダイビル本館 (大阪ビルヂィング)大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た日本銀行日本銀行

    1989年(平成元年)12月29日に日経平均株価が最高値をつけた後、日本銀行による金融引き締めへの転換と、不動産金融に対する総量規制による政府の地価上昇に対する抑制政策によってバブル景気が崩壊した。平成初期は日米間の貿易摩擦からジャパンバッシングがあり、アメリカ合衆国からスーパー301条や年次改革要望書などの対日圧力があった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 三条通

    三条通から見た日本銀行日本銀行

    河原町通から寺町通にかけては三条名店街商店街のアーケードの商店街。寺町通から烏丸通にかけては一方通行の狭い道路だが、明治時代はメインストリートだったので、旧日本銀行京都支店(現在は京都文化博物館の別館)や中京郵便局などの近代建築が多い。郡区町村編制法により上京区・下京区が置かれたとき、この三条通を境として北が上京区、南が下京区とされた。烏丸通との交差点には、京都市道路元標が残されている。堀川通から千本通にかけては再びアーケードの三条会商店街となる。千本通から西は京都府道112号二条停車場嵐山線となり、幹線道路となる。この三条会商店街は2009年3月に「新・がんばる商店街77選」に選ばれた。三条通 フレッシュアイペディアより)

898件中 81 - 90件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード