184件中 11 - 20件表示
  • 日本銀行

    日本銀行から見た野村総合研究所

    2016年(平成28年) - 3月17-18日「決済システムフォーラム」を開催。ブロックチェーンの可能性について説明と議論が行われた。参加者にはNTTデータ、国際銀行間通信協会、経済産業省、IBM、農林中央金庫、野村総合研究所、ユーロクリア、国内のメガバンク、さらに翌月立ち上がったブロックチェーン推進協会や日本ブロックチェーン協会のメンバーもいくつか含む。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た日本証券金融

    1965年(昭和40年)6月 - 7日、山一証券に対する日銀特融第一回。同月中に5回追加された。18日、日本証券金融に600億円までの公社債担保貸付を決定。25日、市中銀行に対する貸出増加額規制の廃止を決定。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た時事通信社

    1998年(平成10年)3月11日 - 日本興業銀行と三和銀行からの高額の接待の見返りに、金融動向に絡む日銀の機密情報を公表前に流したり、新しい資金取引への入札参加を認めたりするなどの便宜を図っていた疑いで、吉澤保幸営業局証券課長が逮捕された(接待汚職事件)。この事件に伴い、松下康雄総裁と、当時その後継と目されていた福井俊彦副総裁(その後、富士通総研理事長を経て、2003年日銀総裁に就任)が責任を取って辞任し、日商岩井相談役の速水優が総裁に、時事通信社の藤原作弥と日銀理事の山口泰が副総裁に就任した。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見たコメルツ銀行

    1965年(昭和40年)9-10月 - ルワンダ中央銀行総裁服部正也がランベール銀行の現地輸入業独占を規制すべく、バンカメとBNPとコメルツ銀行の後押しを受けて新しい規制を説得した。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見たバンカメ

    1965年(昭和40年)9-10月 - ルワンダ中央銀行総裁服部正也がランベール銀行の現地輸入業独占を規制すべく、バンカメとBNPとコメルツ銀行の後押しを受けて新しい規制を説得した。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た日本オーチス・エレベータ

    1896年(明治29年) - 日本で初めてのエレベータ(オーチス製)を日本銀行本店に取付け。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た高橋是清

    1910年(明治43年) - 借換公債1億円発行に際して日銀が2500万円引き受け、残額はシ団引き受け。政府は資金が全く足りず英仏外債に依存した。この調達に高橋是清が奔走し、パリ証券取引所での発行を可能にした。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見たジャスダック

    日本銀行は、日本国政府から独立した法人とされ、公的資本と民間資本により存立する。資本金は1億円で、そのうち政府が55 % の5500万円を出資し、残り45%にあたる約4500万円を政府以外の者が出資する。出資者には一般の株式会社の株式に相当する出資口数を証した「出資証券」が発行されるが、出資証券はジャスダックに上場され、株式に準じて取引されている(ただし、一般の上場株式とは違い、一部の証券会社では日銀出資証券を取り扱っていない場合がある)。証券コードは8301。取引の1単元は100株(便宜上の呼称で、正しくは100口)。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た金融政策

    国の行政機関ではないものの金融政策は行政の範疇に属すると考えられ、独立行政委員会に準じる存在と位置づけられている。第二次世界大戦の財政を支援させられた過去を戒めて自主性・独立性が認められているが三権分立上の問題が残っている。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た国際決済銀行

    1929年(昭和4年)10月30日 - 国際決済銀行設立にともなう本邦出資金800万ドルをシ団引き受け。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

184件中 11 - 20件表示

「日銀の金融政策」のニューストピックワード