前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 掩蔽

    掩蔽から見た食 (天文)食 (天文)

    通過 () や () と比べると、掩蔽は近いほうの天体が大きく見え、遠いほうの天体を完全に隠してしまう場合に使われる。対照的に、通過という用語は、近いほうの天体の見掛けの大きさが遠いほうの天体よりもずっと小さい場合に使われ、そのような例として水星と金星が太陽面を通過する場合がある(太陽面を通過する場合は特に太陽面通過や日面経過などという)。とは一般に、ある天体が別の天体の影に入るような場合を指す。この3つの現象は、朔望の結果の中で目で見られるものである。掩蔽 フレッシュアイペディアより)

  • 天文時計

    天文時計から見た食 (天文)食 (天文)

    「天文時計」の語によって示されるものに厳密な決まりはなく、時刻の他に何らかの天文学的情報が表されているもの全般が含まれる。それらの情報には天球上の太陽と月の位置、月齢、黄道上の太陽の場所に対応する星座、恒星時、さらにはを示す月の黄道との交点や回転する星図など、様々なものがある。天文時計 フレッシュアイペディアより)

  • 冥王星

    冥王星から見た食 (天文)食 (天文)

    1985年から1990年にかけて、カロンによる冥王星の(掩蔽)が地球から観測できる位置関係になったため、食の進行に伴う明るさの変化をスーパーコンピュータで処理することによって、地表の明るさの精密な分布地図が得られた。例えば、冥王星上で明るい点が食されると、暗い点が食されたときよりも全体の明るさは大きく変化する。この技術を用いて、冥王星 - カロン系全体の平均の明るさとその変化を時間とともに追っていくことができた。最終的に2015年に最接近したニュー・ホライズンズから地球に送信された観測データにより詳細な地表が明らかになった。冥王星 フレッシュアイペディアより)

  • 蝕

    から見た食 (天文)食 (天文)

    フレッシュアイペディアより)

  • ローマ建国紀元

    ローマ建国紀元から見た食 (天文)食 (天文)

    具体的なローマ建国の年は、ウェッレイウス・パテルクルス(『ローマ史』VIII, 5)によれば、イーリオス陥落(紀元前1182年、推定)の437年後であり、紀元前745年となる。またローマ建国の年にローマで日食が観測されたとされており、天文学的に逆算すると、この日食は紀元前745年6月25日に起きたものであり、16時38分に欠け始め、17時28分に最大となり、18時16分に終了し、の最大は50.3%であった。ローマ建国紀元 フレッシュアイペディアより)

  • ディジット

    ディジットから見た食 (天文)

    古代から少なくとも18世紀までの天文学で、 を表す割合の単位として、の割合を表すのに使われた。つまり、太陽や月の視直径(見た目の直径)を12ディジットとして、日食や月食で欠けた割合を表した。ディジット フレッシュアイペディアより)

  • 冥王星の日食

    冥王星の日食から見た食 (天文)食 (天文)

    冥王星の日食(めいおうせいのにっしょく)とは、冥王星の表面の観測者から見られる日食である。冥王星の日食 フレッシュアイペディアより)

  • PSR J0737-3039

    PSR J0737-3039から見た食 (天文)食 (天文)

    PSR J0737-3039は、偶然にも地球から見てを起こす。これは、パルサーの強い磁気圏に捕らわれたプラズマによって、パルスがさえぎられる事によって起こる。この食は30秒ほど継続する。ただし、Bは磁気が弱いため、Aの食は完全ではなく、パルスが少し漏れる事が分かっている。PSR J0737-3039 フレッシュアイペディアより)

  • SDSS J065133.338+284423.37

    SDSS J065133.338+284423.37から見た食 (天文)食 (天文)

    J0651は、地球から見ると、6分ごとにを起こす。この食のタイミングは、極めて正確なタイミングで起こるため、精密な測定が可能である。テキサス大学オースチン校の研究チームは、マクドナルド天文台で2011年からJ0651の食を観測し、2011年4月4日と、ほぼ1年後の2012年4月19日の食のタイミングを比較すると、6.1秒も短いタイミングで起こっていることがわかった。また、公転周期の減少が、理論とほぼ同じ0.25ミリ秒だけ短くなる事もわかった。このまま行けば、2013年には2011年と比べて20秒も食のタイミングが縮まると見られている。SDSS J065133.338+284423.37 フレッシュアイペディアより)

  • ブラーマ・スプタ・シッダーンタ

    ブラーマ・スプタ・シッダーンタから見た食 (天文)

    25章構成であるが、内23章は天文学に、2章はインドの数学にあてられている。天文学について書かれた部分では、の予測、惑星の位置の決定、月の満ち欠け等に触れている。第12章はガニタ(算術)、第18章はクッタカ(代数)について書かれている。ブラーマ・スプタ・シッダーンタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「日食」のニューストピックワード