前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 掩蔽

    掩蔽から見た食 (天文)食 (天文)

    通過 () や () と比べると、掩蔽は近いほうの天体が大きく見え、遠いほうの天体を完全に隠してしまう場合に使われる。対照的に、通過という用語は、近いほうの天体の見掛けの大きさが遠いほうの天体よりもずっと小さい場合に使われ、そのような例として水星と金星が太陽面を通過する場合がある(太陽面を通過する場合は特に日面通過という)。とは一般に、ある天体が別の天体の影に入るような場合を指す。この3つの現象は、朔望の結果の中で目で見られるものである。掩蔽 フレッシュアイペディアより)

  • 天文時計

    天文時計から見た食 (天文)食 (天文)

    「天文時計」の語によって示されるものに厳密な決まりはなく、時刻の他に何らかの天文学的情報が表されているもの全般が含まれる。それらの情報には天球上の太陽と月の位置、月齢、黄道上の太陽の場所に対応する星座、恒星時、さらにはを示す月の黄道との交点や回転する星図など、様々なものがある。天文時計 フレッシュアイペディアより)

  • 冥王星

    冥王星から見た食 (天文)食 (天文)

    1985年から1990年にかけて、カロンによる冥王星の(掩蔽)が地球から観測できる位置関係になったため、食の進行に伴う明るさの変化をコンピュータで処理することによって、地表の明るさの精密な分布地図が得られた。例えば、冥王星上で明るい点が食されると、暗い点が食されたときよりも全体の明るさは大きく変化する。この技術を用いて、冥王星 - カロン系全体の平均の明るさとその変化を時間とともに追っていくことができた。このような位置関係になるのは冥王星が1回公転する間に2回しかなく、次回は22世紀初頭である。冥王星 フレッシュアイペディアより)

  • WOWOW

    WOWOWから見た食 (天文)食 (天文)

    24時間放送であるが、1997年(平成9年)のBSAT-1に移行するまでの間は地球による「」(放送衛星と太陽との間に地球が入り、その影に覆われて充電用電力の供給源である太陽光が遮られる状態)が発生する2-4月と8-10月の一部期間は20時間放送(0:30 - 4:30休止)だった。さらに、年に不定期で(1 - 3回程度)月による「食」(放送衛星と太陽との間に月が入り、その影に覆われて太陽光が遮られる状態)で1 - 4時間程度放送休止していたことがあった(NHK-BS1、NHK-BS2も同様)。また不定期で送信機メンテナンスのため深夜放送を休止した(現在は火曜深夜=水曜未明に月数回行われている)。WOWOW フレッシュアイペディアより)

  • 蝕

    から見た食 (天文)食 (天文)

    フレッシュアイペディアより)

  • ギャレット・P・サービス

    ギャレット・P・サービスから見た食 (天文)食 (天文)

    サーヴィスはニューヨーク州に生まれ、コーネル大学で科学を専攻した。コロンビア大学では法律の学位を取得したが、弁護士にはならなかった。その代わりに、1876年、彼は新聞社「ニューヨーク・サン」(The New York Sun)の社員となり、チャールズ・デイナ(Charles Dana)編集長の下で1892年まで記者として働く。一般読者に対する科学解説の才能を現したサーヴィスは、アンドリュー・カーネギーにより、宇宙論・天文学・地質学の講演会「ウラニア・レクチャーズ」(The Urania Lectures)に招かれることになった。カーネギーの資金援助で、これらの講演は幻灯機(スライド)その他の機器を備え、や月面の風景の想像図などを克明に描き出すことができた。サーヴィスは二年の間アメリカを巡業し、ニューヨーク界隈では有名な講演者となった。彼は複数の新聞の天文学・科学欄を担当し、当時の一流雑誌にも頻繁に寄稿を行なった。ギャレット・P・サービス フレッシュアイペディアより)

  • 九曜

    九曜から見た食 (天文)食 (天文)

    月の交点は、日食と月食のに深く関係する。そのため神話化されインド神話のバラモン教の聖典「ヴェーダ」では、乳海攪拌の時不老不死の霊薬であるアムリタを盗み飲んだがスーリヤ(太陽神)とチャンドラ(月神)の告げ口でヴィシュヌのチャクラムで首を切られたアスラであった。アムリタを飲んだ首が不死のラーフ、胴体がケートゥという星となった。ラーフは太陽と月を飲み込むが胴体がないのですぐに太陽と月は現れてしまい、これが日食・月食になる。九曜 フレッシュアイペディアより)

  • 暦書 (ノストラダムス)

    暦書 (ノストラダムス)から見た食 (天文)食 (天文)

    オリジナルは現存しないが、1904年に出された影印本が、フランス国立図書館、アルボー博物館、大英図書館などにあり、現在はインターネット上でも見られる。内容の大半がツィプリアン・レオヴィッツのについてのラテン語文献の引き写しにすぎないため、偽書と疑う論者もいる。暦書 (ノストラダムス) フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島ふるさと発

    日本列島ふるさと発から見た食 (天文)食 (天文)

    1989.7?1990.3のみ翌朝4:00?5:00(食の場合は4:30?5:30)に再放送されていた。日本列島ふるさと発 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・クリスティー

    ジェームズ・クリスティーから見た食 (天文)食 (天文)

    彼は慎重に冥王星の写真乾板の拡大を調べ、非常にわずかなふくらみを持っていることを発見し、連続した数日以上の写真を検討することで、彼はそれが衛星であると確信した。写真による検証だけでは不十分と思われたが、予想される軌道計算に基づき冥王星とカロンのが、計算通りに観測されたことで、衛星の存在は実証された。ジェームズ・クリスティー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「日食」のニューストピックワード