52件中 11 - 20件表示
  • HIT-SAT

    HIT-SATから見た食 (天文)食 (天文)

    2006年12月31日から短い「」の期間が発生し、日ごとに食の時間が長くなっており、電力収支が合わずCWを断続して送信している状況。HIT-SAT フレッシュアイペディアより)

  • ゲミノス

    ゲミノスから見た食 (天文)食 (天文)

    ゲミノスの著作として唯一残っているのは『天文学序説』(Ε?σαγωγ? ε?ς τ? Φαινόμενα, Isagoge)である。ヒッパルコスなどの仕事に基づいているとされる。ここで彼は、獣帯や太陽の動き、星座、天球、昼夜、星座の動き、太陽暦、太陰暦、月相、、季節の星座、地球上の位置と地理、星に基づいた気象予報の愚かしさなどについて述べている。ゲミノス フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルト・ハイス

    エドゥアルト・ハイスから見た食 (天文)食 (天文)

    銀河や黄道光、恒星、流星の観測を行った。著書には、ペロポネソス戦争中におきたに関するものや、ハレー彗星に関するもの、数学のテキストなどがある。1839年に時間あたり160の流星が観測されたペルセウス座流星群の記録を残し、その後毎年観測された流星の数を記録した。エドゥアルト・ハイス フレッシュアイペディアより)

  • 冥王星の日食

    冥王星の日食から見た食 (天文)食 (天文)

    冥王星の日食(めいおうせいのにっしょく)とは、冥王星の表面の観測者から見られる日食である。冥王星の日食 フレッシュアイペディアより)

  • 経度法

    経度法から見た食 (天文)食 (天文)

    緯度を測定することは、地平線からの北極星の角度が緯度とほぼ同じであることが知られていたため、比較的容易であった。地上においての経度はジョヴァンニ・カッシーニが木星の衛星食を観測することで計測が可能になっていたが、観測時間を長く要したため、実際上海上ではこの方法が使えず、海上の経度を正確に測定する方法は知られていなかった。経度法 フレッシュアイペディアより)

  • ケプラー16

    ケプラー16から見た食 (天文)食 (天文)

    ケプラー16は、K型主系列星のケプラー16Aと、M型主系列星のケプラー16Bで構成される。Aの質量は太陽の約65%、Bは太陽の約20%である。AとBの質量比率は3.4であり、互いの重心を約41.1日かけて公転している。2個の恒星は地球から見てを起こし、見かけの光度が変化するアルゴル型食変光星である。しかし、この恒星だけでは説明のつかない複雑な光度変化があり、これが第3の天体の食による光度変化、つまり惑星の影響によるものであることが分かった。ケプラー16 フレッシュアイペディアより)

  • 通過 (天文)

    通過 (天文)から見た食 (天文)食 (天文)

    通過 () という単語は、観測者に近いほうの天体の見かけの大きさが遠い方の天体よりもかなり小さい場合を指す。近いほうの天体の方が大きく見え、遠い方の天体を完全に隠してしまう場合は、掩蔽 () と呼ばれる。ある天体が別の天体の影に入る現象は () として知られている。これら3つの用語は、朔望 () が目に見える形で現れた現象である。通過 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 天体位置表

    天体位置表から見た食 (天文)食 (天文)

    日本で観測可能な恒星や惑星の天体位置表 フレッシュアイペディアより)

  • ラランデ暦書

    ラランデ暦書から見た食 (天文)食 (天文)

    また、『ラランデ暦書』には、ガリレオ衛星のを利用した経度の求め方が記載されていた。木星の衛星が木星の表面を通過する時間を異なる2か所で測定して、その時間のずれから経度を求める。至時はこの方法を理解し、至時の死後は間重富と高橋景保の手によって引き継がれ、食の予報表が作成された。そして文化2年(1805年)から行われた忠敬一行の西日本測量において、この木星の衛星を使った方式や、あるいは月食などを使った方式により観測を行い、経度が求められた。しかし天候や観測技術の問題があり、さらに浅草の天文台の火災により江戸での観測データが失われたこともあって、忠敬らによる経度の算出は成功したとは言い難い。そのため忠敬が作成した大日本沿海輿地全図は、現在の地図と比較すると、経度方向に大きなずれが見られる。ラランデ暦書 フレッシュアイペディアより)

  • GOES 15

    GOES 15から見た食 (天文)食 (天文)

    打ち上げ時の重量はだった。設計寿命は10年で電力は1枚のガリウム砒素太陽電池から2.3kwが供給される。A24セルのニッケル水素蓄電池が搭載されており、に入る時間帯の電力の供給に使用される。 GOES15に搭載される観測機器として5チャンネルの複数波長カメラで可視光と赤外線で撮影し、大気の温度や水分を観測し、太陽X線カメラで太陽フレアを検出し磁気圏、宇宙マイクロ波背景放射、荷電粒子の観測装置も備える。GOES 15 フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「日食」のニューストピックワード