67件中 21 - 30件表示
  • ケプラー16

    ケプラー16から見た食 (天文)食 (天文)

    ケプラー16は、K型主系列星のケプラー16Aと、M型主系列星のケプラー16Bで構成される。Aの質量は太陽の約65%、Bは太陽の約20%である。AとBの質量比率は3.4であり、互いの重心を約41.1日かけて公転している。2個の恒星は地球から見てを起こし、見かけの光度が変化するアルゴル型食変光星である。しかし、この恒星だけでは説明のつかない複雑な光度変化があり、これが第3の天体の食による光度変化、つまり惑星の影響によるものであることが分かった。ケプラー16 フレッシュアイペディアより)

  • ラランデ暦書

    ラランデ暦書から見た食 (天文)食 (天文)

    また、『ラランデ暦書』には、ガリレオ衛星のを利用した経度の求め方が記載されていた。木星の衛星が木星の表面を通過する時間を異なる2か所で測定して、その時間のずれから経度を求める。至時はこの方法を理解し、至時の死後は間重富と高橋景保の手によって引き継がれ、食の予報表が作成された。そして文化2年(1805年)から行われた忠敬一行の西日本測量において、この木星の衛星を使った方式や、あるいは月食などを使った方式により観測を行い、経度が求められた。しかし天候や観測技術の問題があり、さらに浅草の天文台の火災により江戸での観測データが失われたこともあって、忠敬らによる経度の算出は成功したとは言い難い。そのため忠敬が作成した大日本沿海輿地全図は、現在の地図と比較すると、経度方向に大きなずれが見られる。ラランデ暦書 フレッシュアイペディアより)

  • 天文現象

    天文現象から見た食 (天文)食 (天文)

    、掩蔽( 月食、日食、星食、日面通過など) - 食は凶兆と捉えられたことが多い。天文現象 フレッシュアイペディアより)

  • 1SWASP J140747.93-394542.6

    1SWASP J140747.93-394542.6から見た食 (天文)食 (天文)

    2007年4月から5月にかけての特異な減光を報告した、ロチェスター大学の天文学者エリック・ママジェクらのチームはこの現象を、何らかの天体(J1407b)の通過によってが起きたと推測した。減光のし方が緩やかで、しかも明るくなったり暗くなったりを繰り返しながら底を打っていることから、食を起こした天体は土星のような環を持つと予想された。1SWASP J140747.93-394542.6 フレッシュアイペディアより)

  • パリ天文台

    パリ天文台から見た食 (天文)食 (天文)

    パリ天文台は世界初の国の海事暦 Connaissance des temps **を1679年に出版したが、ここでは海上の船乗りが経度を確定する手段として木星の衛星による現象を利用した。1863年、パリ天文台は初の近代的気象図を出版した。1882年には口径33cmの屈折天体写真儀を設置、国際協力による星表 Carte du Ciel ** プロジェクトの先鞭をつけた。パリ天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 放送衛星システム

    放送衛星システムから見た食 (天文)食 (天文)

    BSATシリーズ共通の特徴として、実験放送衛星ゆりシリーズでは毎年春と秋の各1ヵ月半ずつ程度存在した、太陽光が月・地球などに阻まれて太陽電池に届かず発電できないの時期における二次電池蓄電量温存のための放送休止(主に深夜)が解消され、完全24時間放送に対応している点が挙げられる。放送衛星システム フレッシュアイペディアより)

  • かみのけ座アルファ星

    かみのけ座アルファ星から見た食 (天文)食 (天文)

    かみのけ座α星は2つの5等星からなる連星であり、互いの周りを25.87年 (9,442.4±3.0日)の周期で回っている。2つの恒星の距離は平均で太陽?土星間の距離に相当する約12au(近点6au、遠点19au)で、地球から見ると2つの恒星の離角は最大で1秒にしかならず、2001年に最も近づいた際には2つの星を分離することができなかった。2015年1月24日にを起こすことが予測されていたが、観測されなかった。改めて過去の観測記録が精査されたところ、1896年、1911年、1937年の観測記録で2つの星を取り違えていたため、想定されていた公転周期よりも実際は43日短いことがわかった。このミスは2つの恒星があまりに似通っていることが原因であった。この結果、今回の食は2014年11月に終わっており、次回は2026年1月11日、その次は2040年9月末と予測が改められた。かみのけ座アルファ星 フレッシュアイペディアより)

  • 放送休止

    放送休止から見た食 (天文)食 (天文)

    による放送休止。充電せずにトランスポンダを使い続けると電池が空になり、最後には管制所からの指令を受けたり運用状態報告のためのテレメトリー信号を出したり出来なくなってしまう。地球による食は春分・秋分前後の深夜帯、月による食は年数回日中に放送休止されていた。現在では大容量の蓄電池を搭載しているため食であっても常時放送は可能である。放送休止 フレッシュアイペディアより)

  • ケプラー89

    ケプラー89から見た食 (天文)食 (天文)

    ケプラー89にある惑星は、発見された手法の性質上、全ての惑星が地球から見てケプラー89の手前を日面通過する。この惑星系は公転周期が短く、時々複数の惑星が同時に日面通過を起こす。そして、2010年1月15日に発生した、ケプラー89dとケプラー89eの同時日面通過の際、0時20分から26分(UTC)にかけての6分間、木星の0.92倍の直径を持つdの一部を木星の0.54倍の直径を持つeが隠す惑星同士の食が観測された。太陽系外惑星において惑星同士の食が観測されたのは初めての事である。この食は、惑星面の一部が重なることで見かけの面積が減ることによって、恒星の明るさの減少が一時的に増大に転じることから発見された。ケプラー89 フレッシュアイペディアより)

  • アルデバラン

    アルデバランから見た食 (天文)食 (天文)

    西暦509年の3月11日、ギリシアのアテネで、月によるアルデバランの星食(掩蔽)が観測された。1718年にイギリスの天文学者エドモンド・ハレーがその星食の記録を調べていると、アルデバランが数分、北に移動している事を発見した。よって、ハレーは恒星が長い年月をかけて移動していると結論付けた。これは固有運動と呼ばれ、後にシリウスとアークトゥルスでもそれが確認された。現在では、アルデバランは過去2000年間の間に、7分移動しており、これは満月の4分の1に相当する。また、1年間に0.2秒角の速度で南南東に動いており、秒速54 kmで太陽系から遠ざかっていることが分かっている。アルデバラン フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「日食」のニューストピックワード