52件中 21 - 30件表示
  • KOI-94

    KOI-94から見た食 (天文)食 (天文)

    KOI-94にある惑星は、発見された手法の性質上、全ての惑星が地球から見てKOI-94の手前を日面通過する。この惑星系は公転周期が短く、時々複数の惑星が同時に日面通過を起こす。そして、2010年1月15日に発生した、KOI-94 dとKOI-94 eの同時日面通過の際、0時20分から26分(UTC)にかけての6分間、木星の0.92倍の直径を持つdの一部を木星の0.54倍の直径を持つeが隠す惑星同士の食が観測された。太陽系外惑星において惑星同士の食が観測されたのは初めての事である。この食は、惑星面の一部が重なることで見かけの面積が減ることによって、恒星の明るさの減少が一時的に増大に転じることから発見された。KOI-94 フレッシュアイペディアより)

  • BSAT-1a

    BSAT-1aから見た食 (天文)食 (天文)

    このB-SATシリーズから大容量の二次電池を搭載し、ゆりシリーズ時代にあったによる放送休止がなくなり、完全24時間放送が可能となった。BSAT-1a フレッシュアイペディアより)

  • 日本放送協会の放送形態

    日本放送協会の放送形態から見た食 (天文)食 (天文)

    BS放送での放送休止はアナログ放送は全くなく、デジタル放送でも年1回程度となっている。なお、BSアナログ放送は1997年春まで「地球や月による」現象により放送休止時間を設けていた。これは衛星への大容量電池搭載によって解消した。日本放送協会の放送形態 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類用語

    鳥類用語から見た食 (天文)食 (天文)

    カモ類の雄は派手な体色をするものが多いが、繁殖期を過ぎた後、一時的に雌のような地味な羽色になるものがおり、その状態を指す。もともとは日食や月食などのを意味する。鳥類用語 フレッシュアイペディアより)

  • 連星

    連星から見た食 (天文)食 (天文)

    連星はこのように、恒星のペアが互いの重力によって結び付いている系である。十分に分解能の高い望遠鏡(または干渉計)を使って2つの星を分解できる(2個の星として分離して見分けることができる)連星を実視連星と呼ぶ。2つの星を分解できない場合でも、スペクトル線にドップラー偏移が見られることで連星であると分かる場合がある。このような連星を分光連星と呼ぶ。分光連星は星の軌道面が天球面に対して大きく傾いていて、2つの星が太陽系から見て近づいたり遠ざかったりするために、そのスペクトル線を継続的に調べると規則正しい周期で青い方にずれたり赤い方にずれたりするのである。軌道面が天球面にほぼ垂直になっている場合には、2つの星は決まった周期で互いに隠される。このような連星を連星と呼ぶ。連星 フレッシュアイペディアより)

  • 合 (天文)

    合 (天文)から見た食 (天文)食 (天文)

    黄経の合の状態にある二つの天体が黄緯も同じ値をとる場合(または赤経の合の状態にある二天体が赤緯も同じ値をとる場合)には、地球に近い方の天体がもう一方の天体の手前を通ることになる。このような時には両者によって掩蔽現象が起こる。片方の天体がもう片方の天体の影に入る場合をと呼ぶ。例えば、月が地球の影と合の状態になり、影の中に入る現象を月食と呼ぶ。手前の天体の視直径が後ろの天体の視直径よりも十分に小さい場合には通過と呼ぶ。例として、水星が太陽と内合の状態になって太陽の手前を通過する現象を水星の日面通過と呼ぶ。金星と太陽で起こる同様の現象を金星の日面通過と呼ぶ。手前の天体が後ろの天体より大きく、後ろの天体が完全に隠される場合には掩蔽と呼ばれる。掩蔽の例は月が地球と太陽の間に入って太陽の一部または全部が隠される日食である(日食には食という名前が付いているが掩蔽に分類される)。太陽や月以外の天体による掩蔽は非常に稀な現象である。月による惑星の掩蔽は割合頻繁に起こっており、毎年数回地球上から観測できる。合 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • ダーククリスタル

    ダーククリスタルから見た食 (天文)食 (天文)

    惑星トラから見て、複雑な軌道を描いて空を巡る三つの太陽も天頂にて、の状態となる時がある。二つの太陽による蝕を「小合致」、三つの太陽の蝕を「大合致」と呼ぶが、天窓から受けた太陽光をエネルギーへと変換としているダーククリスタルは、三つの太陽相互の陽光の増幅効果により、異常な高エネルギーのビームが降り注ぐ一種の臨界状態へと移行する。スケクシスたちはその瞬間を利用して、さまざまな邪悪な意図を達成してきた。三つの太陽が蝕となる「大合致」は、千年に一度しか起こらない。ダーククリスタル フレッシュアイペディアより)

  • 7月7日

    7月7日から見た食 (天文)食 (天文)

    1959年 - しし座アルファ星レグルスの金星によるが発生。7月7日 フレッシュアイペディアより)

  • SDSS J065133.338+284423.37

    SDSS J065133.338+284423.37から見た食 (天文)食 (天文)

    J0651は、地球から見ると、6分ごとにを起こす。この食のタイミングは、極めて正確なタイミングで起こるため、精密な測定が可能である。テキサス大学オースチン校の研究チームは、マクドナルド天文台で2011年からJ0651の食を観測し、2011年4月4日と、ほぼ1年後の2012年4月19日の食のタイミングを比較すると、6.1秒も短いタイミングで起こっていることがわかった。また、公転周期の減少が、理論とほぼ同じ0.25ミリ秒だけ短くなる事もわかった。このまま行けば、2013年には2011年と比べて20秒も食のタイミングが縮まると見られている。SDSS J065133.338+284423.37 フレッシュアイペディアより)

  • PSR J0737-3039

    PSR J0737-3039から見た食 (天文)食 (天文)

    PSR J0737-3039は、偶然にも地球から見てを起こす。これは、パルサーの強い磁気圏に捕らわれたプラズマによって、パルスがさえぎられる事によって起こる。この食は30秒ほど継続する。ただし、Bは磁気が弱いため、Aの食は完全ではなく、パルスが少し漏れる事が分かっている。PSR J0737-3039 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「日食」のニューストピックワード