67件中 31 - 40件表示
  • ケフェウス座VV星

    ケフェウス座VV星から見た食 (天文)食 (天文)

    ケフェウス座VV星系の公転周期は20.3年で、主星が伴星を隠す主極小と、伴星を主星を隠す副極小の、両方が発生する。これより周期の長い食変光星は、ぎょしゃ座ε星しか知られていない。主極小の時、伴星は完全に主星の後に隠れてしまい、それが18ヶ月続く。副極小の時は、伴星は主星のほんの一部しか隠さないので、明るさの変化はほとんど検出できない。のタイミングと長さは周期ごとに変動するが、明るさが徐々に変化するので、正確に食を予報するのは難しい。ケフェウス座VV星 フレッシュアイペディアより)

  • ギャレット・P・サービス

    ギャレット・P・サービスから見た食 (天文)食 (天文)

    サーヴィスはニューヨーク州に生まれ、コーネル大学で科学を専攻した。コロンビア大学では法律の学位を取得したが、弁護士にはならなかった。その代わりに、1876年、彼は新聞社「ニューヨーク・サン」の社員となり、チャールズ・デイナ(Charles Dana)編集長の下で1892年まで記者として働く。一般読者に対する科学解説の才能を現したサーヴィスは、アンドリュー・カーネギーにより、宇宙論・天文学・地質学の講演会「ウラニア・レクチャーズ」(The Urania Lectures)に招かれることになった。カーネギーの資金援助で、これらの講演は幻灯機(スライド)その他の機器を備え、や月面の風景の想像図などを克明に描き出すことができた。サーヴィスは二年の間アメリカを巡業し、ニューヨーク界隈では有名な講演者となった。彼は複数の新聞の天文学・科学欄を担当し、当時の一流雑誌にも頻繁に寄稿を行なった。ギャレット・P・サービス フレッシュアイペディアより)

  • ゆり3号b

    ゆり3号bから見た食 (天文)食 (天文)

    1997年に新放送衛星のBSAT-1aが打ち上げられ、ゆりシリーズは3号bで最後となった。ゆりでは地球・月と重なる「食」現象により深夜を中心に放送休止が生じたが、新衛星では解消された。ゆり3号b フレッシュアイペディアより)

  • HIT-SAT

    HIT-SATから見た食 (天文)食 (天文)

    2006年12月31日から短い「」の期間が発生し、日ごとに食の時間が長くなっており、電力収支が合わずCWを断続して送信している状況。HIT-SAT フレッシュアイペディアより)

  • BSAT-1a

    BSAT-1aから見た食 (天文)食 (天文)

    このB-SATシリーズから大容量の二次電池を搭載し、ゆりシリーズ時代にあったによる放送休止がなくなり、完全24時間放送が可能となった。BSAT-1a フレッシュアイペディアより)

  • 掲示板的コトバ宇宙「-宙」

    掲示板的コトバ宇宙「-宙」から見た食 (天文)食 (天文)

    10日に1日、星に書き込めなくなると呼ばれる状態になる(当初はサーバの負荷を弱める目的だった)。食になる星は、属している区の末尾の数字によって決定される。掲示板的コトバ宇宙「-宙」 フレッシュアイペディアより)

  • WASP-14

    WASP-14から見た食 (天文)食 (天文)

    WASP-14またはBD+22 2716は、うしかい座の方角にある恒星である。スーパーWASPプロジェクトによって、太陽系外惑星のトランジットによると思われるが発見された。WASP-14 フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島ふるさと発

    日本列島ふるさと発から見た食 (天文)食 (天文)

    1989年7月 - 1990年3月のみ、翌朝4:00 - 5:00(食の場合は4:30 - 5:30)に再放送された。日本列島ふるさと発 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドニュースアワー

    ワールドニュースアワーから見た食 (天文)食 (天文)

    1997年にBSAT-1aに移行するまでの間(いわゆる「ゆりシリーズ」)、2-4月と9-11月の「」と呼ばれる時期があったときは深夜の放送を一部中断していたため、その時は放送休止となっていた。ワールドニュースアワー フレッシュアイペディアより)

  • 天体位置表

    天体位置表から見た食 (天文)食 (天文)

    日本で観測可能な恒星や惑星の天体位置表 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「日食」のニューストピックワード