52件中 31 - 40件表示
  • ブラーマ・スプタ・シッダーンタ

    ブラーマ・スプタ・シッダーンタから見た食 (天文)

    25章構成であるが、内23章は天文学に、2章はインドの数学にあてられている。天文学について書かれた部分では、の予測、惑星の位置の決定、月の満ち欠け等に触れている。第12章はガニタ(算術)、第18章はクッタカ(代数)について書かれている。ブラーマ・スプタ・シッダーンタ フレッシュアイペディアより)

  • おとめ座QS星

    おとめ座QS星から見た食 (天文)食 (天文)

    二つの天体は0.006天文単位という非常に接近した距離にあり、赤色矮星が白色矮星を隠すことで14分間の減光()が観測される。白色矮星からの潮汐力のため、赤色矮星はほぼロシュ・ローブに沿った楕円体に変形し、食外においても連続的な光度変化が起きている。白色矮星の自転周期は120秒と短く、赤色矮星から白色矮星への物質の流入により自転が加速されたことが示唆されているが、現在は2天体間に大きな質量の受け渡しは観測されていないため激変星としての活動は休眠期にあるとみられている。おとめ座QS星 フレッシュアイペディアより)

  • WASP-10

    WASP-10から見た食 (天文)食 (天文)

    WASP-10はペガスス座の方角に約293光年の位置にある恒星である。スーパーWASPプロジェクトによって、おそらくはによる変光星であることが明らかとなった。WASP-10 フレッシュアイペディアより)

  • 25世紀

    25世紀から見た食 (天文)食 (天文)

    2419年12月30日?01時38分(UTC)に金星による天王星とのが起こる。25世紀 フレッシュアイペディアより)

  • パリ天文台

    パリ天文台から見た食 (天文)食 (天文)

    パリ天文台は世界初の国の海事暦 Connaissance des temps **を1679年に出版したが、ここでは海上の船乗りが経度を確定する手段として木星の衛星による現象を利用した。1863年、パリ天文台は初の近代的気象図を出版した。1882年には口径33cmの屈折天体写真儀を設置、国際協力による星表 Carte du Ciel ** プロジェクトの先鞭をつけた。パリ天文台 フレッシュアイペディアより)

  • ヒイアカ (衛星)

    ヒイアカ (衛星)から見た食 (天文)食 (天文)

    1999年には(もしその当時発見されていれば)ヒイアカのが観測できた。次に食が起きるのは2138年のはずである。ヒイアカ (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • R戦闘機

    R戦闘機から見た食 (天文)食 (天文)

    TX-T ECLIPSE(No.48) → OF-1・TW-1・TL-TR戦闘機 フレッシュアイペディアより)

  • 放送休止

    放送休止から見た食 (天文)食 (天文)

    による放送休止。充電せずにトランスポンダを使い続けると電池が空になり、最後には管制所からの指令も受けられなくなってしまう。地球による食は春分・秋分前後の深夜帯、月による食は年数回日中に放送休止されていた。現在では大容量の蓄電池を搭載しているため食であっても常時放送は可能である。放送休止 フレッシュアイペディアより)

  • 掲示板的コトバ宇宙「-宙」

    掲示板的コトバ宇宙「-宙」から見た食 (天文)食 (天文)

    10日に1日、星に書き込めなくなると呼ばれる状態になる(当初はサーバの負荷を弱める目的だった)。食になる星は、属している区の末尾の数字によって決定される。掲示板的コトバ宇宙「-宙」 フレッシュアイペディアより)

  • ケプラー (探査機)

    ケプラー (探査機)から見た食 (天文)食 (天文)

    惑星の軌道が中心の星と視線上偶然重なりを起こす確率は、恒星の視直径を惑星の公転軌道の直径で割った値に比例する。太陽のような星の周囲を軌道半径1天文単位で地球型惑星がまわっていた場合、食を起こす確率は0.47%、1/210である。もし軌道半径が0.72天文単位(金星の公転軌道と同じ)場合、その確率は0.65%とやや大きくなる。惑星が複数存在する系の場合、それらの惑星は同じ軌道面を取ることが多いため食を起こす確率はより大きくなる。例えば、宇宙人がケプラーのような宇宙望遠鏡で地球による食を観測できたとすると、12%の確率で金星が起こす食も観測できることになる。ケプラー (探査機) フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「日食」のニューストピックワード