前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た月食

    区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た日食

    区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た太陽系外惑星

    はくちょう座にある恒星ケプラー89の周りを公転する太陽系外惑星、ケプラー89dとケプラー89eでは、dの一部をeが隠す惑星同士の食が観測された。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た冥王星

    ある惑星の衛星が惑星と観測者の間を通過する現象を惑星面通過と呼ぶ。冥王星の衛星カロンは1980年代後半に冥王星の表面を通過し、地球からは明るさの変化として観測できた。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た木星

    木星や土星などの多くの衛星を持つ巨大惑星では惑星表面に衛星による食が頻繁に起こる。最も特筆すべきは木星での現象である。木星には4個の大きなガリレオ衛星があり、これらの衛星の軌道傾斜角が小さいために食現象が頻繁に見られる。これらの衛星が円形の影を木星表面に落としている光景はよく見られる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た土星

    木星や土星などの多くの衛星を持つ巨大惑星では惑星表面に衛星による食が頻繁に起こる。最も特筆すべきは木星での現象である。木星には4個の大きなガリレオ衛星があり、これらの衛星の軌道傾斜角が小さいために食現象が頻繁に見られる。これらの衛星が円形の影を木星表面に落としている光景はよく見られる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た金星

    水星と金星は衛星を持たないため、これらの惑星では衛星による食は起こらない。また内惑星が太陽面通過する際に地球上には原理的に内惑星の影が射す(あるいは光量が減っている)ことになるが、変化が小さすぎるため内惑星の影は観測できない。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た太陽電池

    問題となるのは、地球から人工衛星が食で見えなくなることではなく、人工衛星から太陽が掩蔽で見えなくなることである。この食の期間は太陽電池による発電が行なえないため蓄電池を用いて運用を行なうが、場合によっては衛星の機能を休止を余儀なくされる。例として、日本の放送衛星には1997年まで、衛星の食による放送休止時間(主に2-4月と9-11月の深夜)が存在した。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た水星

    水星と金星は衛星を持たないため、これらの惑星では衛星による食は起こらない。また内惑星が太陽面通過する際に地球上には原理的に内惑星の影が射す(あるいは光量が減っている)ことになるが、変化が小さすぎるため内惑星の影は観測できない。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た天王星

    惑星や衛星、小惑星などによって恒星が隠される現象を恒星食といい、地球の月によって恒星が隠される場合は特に「星食」という。天王星や海王星の環は恒星食による恒星の明るさの変化から発見されている。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「日食」のニューストピックワード