55件中 11 - 20件表示
  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た通信

    月周回軌道に乗せる人工衛星は、月の裏側にあるとき地球が掩蔽するため直接の通信ができなくなる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た火星

    火星上では、二つの火星の月、すなわち衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食(あるいは小さいため太陽面通過である)しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの太陽面通過、ダイモスの太陽面通過を参照。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た天体

    食(しょく、、ギリシア語 εκλειπσισ「力を失う」に由来)とは、ある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た部分日食

    太陽は視直径が大きいために、内惑星や衛星が太陽と観測者の間を通過するものは太陽面通過と呼ばれる。部分日食の一種ともいえる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た小惑星

    惑星や衛星、小惑星などによって恒星が隠される現象を恒星食といい、地球の月によって恒星が隠される場合は特に「星食」という。天王星や海王星の環は恒星食による恒星の明るさの変化から発見されている。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た太陽面通過

    区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た掩蔽

    区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た食変光星

    軌道面が観測者の方向と一致している連星は掩蔽により光度が変化する。これを食連星(食変光星)と呼ぶ。確認されていなかった連星や太陽系外惑星が食(通過)を要因とした減光から発見された例もある。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たラーフ

    「食」は食物を囓った痕が歯型により残った湾曲した形に因むが、日食・月食以外にはその意はほとんどない。日食や月食が起きるしくみが知られていなかった時代には、インドなどではラーフやケートゥなどの見えない星が食の原因と説明されていたことがあった。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た軌道傾斜角

    木星や土星などの多くの衛星を持つ巨大惑星では惑星表面に衛星による食が頻繁に起こる。最も特筆すべきは木星での現象である。木星には4個の大きなガリレオ衛星があり、これらの衛星の軌道傾斜角が小さいために食現象が頻繁に見られる。これらの衛星が円形の影を木星表面に落としている光景はよく見られる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「日食」のニューストピックワード