55件中 21 - 30件表示
  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た写像

    食は移動する天体の動きに従う光量の変化として観測される。観測者が、光源天体からの光を隠す天体を見ているのか、光を隠している天体が別の天体表面に投射した影(像、写像)を見ているのかによって区別できるが、どちらも食と呼ばれている。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たカロン (衛星)

    ある惑星の衛星が惑星と観測者の間を通過する現象を惑星面通過と呼ぶ。冥王星の衛星カロンは1980年代後半に冥王星の表面を通過し、地球からは明るさの変化として観測できた。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たダイモス (衛星)

    火星上では、二つの火星の月、すなわち衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食(あるいは小さいため太陽面通過である)しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの太陽面通過、ダイモスの太陽面通過を参照。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たフォボス (衛星)

    火星上では、二つの火星の月、すなわち衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食(あるいは小さいため太陽面通過である)しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの太陽面通過、ダイモスの太陽面通過を参照。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た視直径

    区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た通過 (天文)

    区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たフォボスの太陽面通過

    火星上では、二つの火星の月、すなわち衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食(あるいは小さいため太陽面通過である)しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの太陽面通過、ダイモスの太陽面通過を参照。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た

    食は移動する天体の動きに従う光量の変化として観測される。観測者が、光源天体からの光を隠す天体を見ているのか、光を隠している天体が別の天体表面に投射した(像、写像)を見ているのかによって区別できるが、どちらも食と呼ばれている。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た宇宙探査機

    宇宙探査機がフライバイなどで惑星に近接し、その際に地球から見て惑星が宇宙機を掩蔽することがある。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た天文現象

    食(しょく、、ギリシア語 εκλειπσισ「力を失う」に由来)とは、ある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「日食」のニューストピックワード