39件中 21 - 30件表示
  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た日面通過

    内惑星や衛星が太陽と観測者の間を通過する現象を日面通過と呼ぶ。部分日食の一種ともいえる。このとき惑星面上に衛星の影が観測できるが、内惑星の影は観測できない。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たダイモス (衛星)

    火星では、二つの衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの日面通過、ダイモスの日面通過、フォボスの影を参照のこと。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たフォボス (衛星)

    火星では、二つの衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの日面通過、ダイモスの日面通過、フォボスの影を参照のこと。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た通過 (天文)

    食(しょく、)とはある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。本来の用字は蝕。大きく分けて、天体と観測者の視線上を別の天体が通る「掩蔽」と、光源(主に太陽)と天体との間を別の天体が通る「影による食」がある。ただし、単に「食」といった場合、後者のみを指すこともある。太陽の掩蔽が観測されるとき、観測者のいる天体を外から見ると「影による食」が起こっている。また、隠すほうの天体または影が隠されるほうに比べ極端に小さい場合は通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たフォボスの日面通過

    火星では、二つの衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの日面通過、ダイモスの日面通過、フォボスの影を参照のこと。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た天文現象

    食(しょく、)とはある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。本来の用字は蝕。大きく分けて、天体と観測者の視線上を別の天体が通る「掩蔽」と、光源(主に太陽)と天体との間を別の天体が通る「影による食」がある。ただし、単に「食」といった場合、後者のみを指すこともある。太陽の掩蔽が観測されるとき、観測者のいる天体を外から見ると「影による食」が起こっている。また、隠すほうの天体または影が隠されるほうに比べ極端に小さい場合は通過という。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た内惑星

    内惑星や衛星が太陽と観測者の間を通過する現象を日面通過と呼ぶ。部分日食の一種ともいえる。このとき惑星面上に衛星の影が観測できるが、内惑星の影は観測できない。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たダイモスの日面通過

    火星では、二つの衛星フォボスとダイモスのいずれも太陽を完全に隠すほど大きくないため、部分日食しか起こらない。火星での日食は火星表面上と火星周回軌道上の両方で撮影されている。詳しくはフォボスの日面通過、ダイモスの日面通過、フォボスの影を参照のこと。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た放送衛星

    静止衛星は地球の赤道上空の軌道にあるため、春分や秋分の前後には地球の影に衛星が入り、年数回月の影に衛星が入る時間がある。この現象を衛星食などと呼ぶ場合がある。この食の間は太陽電池による発電が行なえないため蓄電池を用いて運用を行なうが、場合によっては衛星の機能を休止することもある。例として、日本の放送衛星には1997年まで、衛星の食による放送休止時間が存在した。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た衛星

    内惑星や衛星が太陽と観測者の間を通過する現象を日面通過と呼ぶ。部分日食の一種ともいえる。このとき惑星面上に衛星の影が観測できるが、内惑星の影は観測できない。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「日食」のニューストピックワード