55件中 31 - 40件表示
  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た内惑星

    太陽は視直径が大きいために、内惑星や衛星が太陽と観測者の間を通過するものは太陽面通過と呼ばれる。部分日食の一種ともいえる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た放送衛星

    問題となるのは、地球から人工衛星が食で見えなくなることではなく、人工衛星から太陽が掩蔽で見えなくなることである。この食の期間は太陽電池による発電が行なえないため蓄電池を用いて運用を行なうが、場合によっては衛星の機能を休止を余儀なくされる。例として、日本の放送衛星には1997年まで、衛星の食による放送休止時間(主に2-4月と9-11月の深夜)が存在した。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た日本書紀

    「食」は「蝕」の代用表記である。日本での日食の最古の記録である日本書紀では「日蝕え尽きたり」と表記されているが、明治2年前の文献では「食」と「蝕」が混在しており、更に1956年の第3期国語審議会では、「食」と表記するように決定している。2010年代の天文書・天文辞典では「食」と表記されているが、「蝕」との表記例もある。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た衛星

    太陽は視直径が大きいために、内惑星や衛星が太陽と観測者の間を通過するものは太陽面通過と呼ばれる。部分日食の一種ともいえる。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たフォボスの影

    火星表面には火星の衛星の影が射すことがある。フォボスの影を参照のこと。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た外惑星

    外惑星は地球に昼の面が向いていれば、望遠鏡により惑星面上に衛星の影が観測できることがある。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たケートゥ

    「食」は食物を囓った痕が歯型により残った湾曲した形に因むが、日食・月食以外にはその意はほとんどない。日食や月食が起きるしくみが知られていなかった時代には、インドなどではラーフやケートゥなどの見えない星が食の原因と説明されていたことがあった。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見たケプラー89

    はくちょう座にある恒星ケプラー89の周りを公転する太陽系外惑星、ケプラー89dとケプラー89eでは、dの一部をeが隠す惑星同士の食が観測された。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た

    食は移動する天体の動きに従う光量の変化として観測される。観測者が、光源天体からの光を隠す天体を見ているのか、光を隠している天体が別の天体表面に投射した影(、写像)を見ているのかによって区別できるが、どちらも食と呼ばれている。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

  • 食 (天文)

    食 (天文)から見た海王星

    惑星や衛星、小惑星などによって恒星が隠される現象を恒星食といい、地球の月によって恒星が隠される場合は特に「星食」という。天王星や海王星の環は恒星食による恒星の明るさの変化から発見されている。食 (天文) フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「日食」のニューストピックワード