日高剛 ニュース&Wiki etc.

日高 剛(ひだか たけし、1977年8月15日 - )は、福岡県北九州市小倉北区出身の元プロ野球選手(捕手)。右投左打。 (出典:Wikipedia)

「日高剛」Q&A

  • Q&A

    下記のような活躍できるジャーナリストや解説委員になるにはどうしたらいいのですか? ・…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年10月19日 07:55

  • Q&A

    オリックスと阪神でプレーされた日高剛捕手が引退されました。 (GG佐藤選手が転職に成…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年10月11日 09:38

  • Q&A

    阪神:次の中から戦力外にならないのは誰ですか 投手 ×吉見 祐治 ×建山 義紀 × …

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2014年9月30日 08:28

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日高剛」のつながり調べ

  • 中村剛也

    中村剛也から見た日高剛

    初盗塁:2003年10月1日、対オリックス・ブルーウェーブ28回戦(Yahoo!BBスタジアム)、8回表に二盗(投手:窪田淳、捕手:日高剛)(中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田護

    岸田護から見た日高剛

    '、背番号を18'に変更。開幕第3戦で4回からリリーフ登板すると、6回1失点の好投で最後まで投げきり、シーズン初勝利を挙げる。しかし、先発としては要所で踏ん張りきれない投球がやや目立ち、5月9日の対ロッテ戦からリリーフに転向。更に、開幕当初は抑えを務めていたジョン・レスターが安定感に欠く投球内容が目立ってきたため、6月10日の対読売ジャイアンツ戦で初セーブを挙げ、クローザーに指名された。同じくリリーフへ転向した平野佳寿と共に勝利の方程式として交流戦優勝に貢献し、リーグ戦再開後も抑え投手として活躍。先発としては6試合に先発、防御率4.85、1勝4敗、WHIP1.38、奪三振率6.61であったが、救援としては51試合に登板し、セーブ数こそなかなか伸びなかったものの、防御率2.18、5勝1敗、11ホールド、12セーブ、WHIP1.16、奪三振率9.43の好成績を残した。オフには日高剛に代わって選手会長に就任。一般女性との結婚を発表した。(岸田護 フレッシュアイペディアより)

「日高剛」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ