日高剛 ニュース&Wiki etc.

日高 剛(ひだか たけし、1977年8月15日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(捕手)。 (出典:Wikipedia)

「日高剛」最新ニュース

「日高剛」Q&A

  • Q&A

    下記のような活躍できるジャーナリストや解説委員になるにはどうしたらいいのですか? ・…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年10月19日 07:55

  • Q&A

    オリックスと阪神でプレーされた日高剛捕手が引退されました。 (GG佐藤選手が転職に成…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年10月11日 09:38

  • Q&A

    阪神:次の中から戦力外にならないのは誰ですか 投手 ×吉見 祐治 ×建山 義紀 × …

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2014年9月30日 08:28

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日高剛」のつながり調べ

  • 福本豊

    福本豊から見た日高剛

    現役時代の背番号「7」はオリックス・ブルーウェーブの準永久欠番待遇であったが、引退前後に親会社が阪急電鉄からオリックスに変わったことなどがあって、正式な永久欠番とはなっていなかった。ドラフト1位で入団した田口壮に背番号7が打診されたが、田口が固辞している(田口の背番号は6になった)。には本人公認の上で、同年に横浜ベイスターズから移籍してきたばかりのであった進藤達哉が背番号7を着けた。進藤が引退した後は日高剛が背番号7を着け、に球団が近鉄と合併してオリックス・バファローズになって以降は準永久欠番扱いも失効している。山田が「7と(山田の)17は永久欠番にしてほしかったなあ」と語ったのを受け、福本は「それと(加藤英司の)10。この3つは今からでも返してほしいね」と語っている。(福本豊 フレッシュアイペディアより)

  • 憲史

    憲史から見た日高剛

    初盗塁:1999年10月3日、対オリックス・ブルーウェーブ27回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回表に二盗(投手:川越英隆、捕手:日高剛)(憲史 フレッシュアイペディアより)

「日高剛」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「日高剛」のニューストピックワード