前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た日高剛日高剛

    パ:ダルビッシュ(日本ハム)、清水(ロッテ)、山本(オリックス)、帆足(西武)、加藤大(オリックス)○ - 日高(オリックス)、細川(西武)2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木郁洋

    鈴木郁洋から見た日高剛日高剛

    は正捕手の日高剛の怪我による戦線離脱後、スタメンに起用されることが多くなった。二番手捕手の地位を確保して自己最多の63試合に出場し、チーム2位の8盗塁を記録した。鈴木郁洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た日高剛日高剛

    FA宣言していた日高剛捕手がオリックスと再契約することで合意。これでこのオフにFA宣言した選手の所属する球団がすべて決定した。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た日高剛日高剛

    は岡田彰布新監督にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の対楽天戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日の対ロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見た日高剛日高剛

    基本的には、2005年に監督を務めた仰木彬の「猫の目打線」の流れを引き継いでいるが、清原・中村紀洋・外国人を中心にして、前年規定打席不足に終った北川・谷佳知や塩崎真・村松有人による固定オーダーを組み、さらに水口栄二・後藤光尊・阿部真宏・日高剛・的山哲也などが脇を固めるという構想であった。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 今村文昭

    今村文昭から見た日高剛日高剛

    初打点:1999年5月14日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、6回表に日高剛の代打で出場、森慎二から左前2点適時打今村文昭 フレッシュアイペディアより)

  • 前田大輔 (野球)

    前田大輔 (野球)から見た日高剛日高剛

    は新人ながら一軍で活躍し、まずまずの打率を残して正捕手の日高剛を脅かす存在となる。翌は自己最多の51試合に出場した。選手分配ドラフトでは、合併球団オリックス・バファローズに振り分けられた。前田大輔 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信夫

    高橋信夫から見た日高剛日高剛

    初出場:1998年5月15日、対福岡ダイエーホークス6回戦(グリーンスタジアム神戸)、8回表に日高剛に代わり捕手として出場高橋信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た日高剛日高剛

    (パ) ●松坂(西)、前川(近)、戎(オ)、小林(ロ)、森(西)?日高(オ)、野口2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 三輪隆

    三輪隆から見た日高剛日高剛

    オリックスでは選手会長なども務めたが、中嶋聡・高田誠・日高剛らの控えに回ることが多かった。ヤクルトスワローズとの1995年の日本シリーズ第4戦(明治神宮野球場)・読売ジャイアンツとの1996年の日本シリーズ第4戦(本拠地・グリーンスタジアム神戸)では仰木彬監督からの指名で先発マスクを被った。1998年のプロ野球脱税事件では懲役1年、執行猶予3年、罰金500万円の有罪判決を受け、開幕から7週間の出場停止処分を科された。三輪隆 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「日高剛」のニューストピックワード