61件中 11 - 20件表示
  • 田口昌徳

    田口昌徳から見た日高剛日高剛

    初盗塁:2001年5月12日、対オリックス・ブルーウェーブ11回戦(東京ドーム)、4回裏に二盗(投手:加藤伸一、捕手:日高剛田口昌徳 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原孝介

    吉原孝介から見た日高剛日高剛

    には巨人時代のチームメイトの柳沢裕一との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍。主に日高剛や三輪隆に次ぐ3番手の捕手として起用されたため、出場機会に恵まれなかったが、9月27日の同年の公式戦最終試合(対近鉄戦)では途中からマスクを被り、両チームの最後の瞬間も守備に就いていた。また、ブルーウェーブ最後の打者となっている。は分配ドラフトによりオリックス・バファローズと契約。以降は近鉄との合併もあり一軍に一度も呼ばれず、二軍生活が続いていたが、豊富な経験を買われサーパスでも選手としての出場よりもバッテリーコーチ補佐を任されていた。吉原孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た日高剛日高剛

    (パ) 三井(西)、小林宏(ロ)、岡本(近)、吉田(近)、●山口(オ)、ペトラザ(ダ)、森(西)?伊東(西)、日高(オ)、的山(近)2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 守備妨害

    守備妨害から見た日高剛日高剛

    2007年6月8日甲子園球場でのオリックスバファローズ対阪神タイガース戦、8回裏無死一塁で、阪神の左打者鳥谷敬の送りバント失敗による右方向への小ファウル・フライを捕球しようとしたオリックスの捕手日高剛が、打者鳥谷の脚につまずいて転倒。この転倒で捕球ができなかったと判断した谷博球審は、打者鳥谷の守備妨害を認めアウトを宣告した。守備妨害 フレッシュアイペディアより)

  • 深谷亮司

    深谷亮司から見た日高剛日高剛

    初出場:2002年4月3日、対日本ハムファイターズ2回戦(東京ドーム)、7回裏に日高剛に代わり捕手として出場深谷亮司 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た日高剛日高剛

    投手。オリックスのセットアッパー。急性骨髄性白血病を克服し、2004年の東京戦でプロ初先発。いきなり岩鬼に先頭打者本塁打を喰らう(岩鬼は岩下への情からデタラメに振ったのだが、岩下が投じたのがど真ん中だったため、逆にジャストミートしてしまった)が、その後は気迫の投球で失点を許さず、9回を完投。試合はオリックスが9回裏、日高剛のソロ本塁打で2-1とサヨナラ勝利。岩下は涙の完投勝利を挙げた。ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た日高剛日高剛

    は正捕手である日高剛を脅かすことができず、出場機会が半減した。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎真

    塩崎真から見た日高剛日高剛

    はコリンズ新監督が残留を想定していなかったこともあり、一時は日高剛とともにチーム構想から外れ、グレッグ・ラロッカらに出場機会を奪われた。同年は、ほぼ三塁の守備固めとしての出場のみとなり、34試合出場、打率.141、1本塁打と自己最低の成績に終わった。塩崎真 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎祐樹

    宮崎祐樹から見た日高剛日高剛

    初出場:2012年5月4日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(札幌ドーム)、8回表に日高剛の代打として出場宮崎祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・リグス

    アダム・リグスから見た日高剛日高剛

    初盗塁:2005年5月20日、対オリックス・バファローズ1回戦(明治神宮野球場)、6回裏に二盗(投手:吉川勝成、捕手:日高剛アダム・リグス フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「日高剛」のニューストピックワード