61件中 31 - 40件表示
  • 島内宏明

    島内宏明から見た日高剛日高剛

    初盗塁:2012年9月3日、対オリックス・バファローズ20回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、6回裏に二盗(投手:小松聖、捕手:日高剛島内宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見た日高剛日高剛

    初盗塁:2003年7月23日、対オリックス・ブルーウェーブ17回戦(西武ドーム)、4回裏に二盗(投手:具臺晟、捕手:日高剛後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た日高剛日高剛

    2008年5月5日の対オリックス戦、6回表ノーアウト一塁、カウント1ストライク0ボールの場面で、一塁ランナー西岡剛が盗塁した際に捕手日高剛へ向けてバットを投げる。試合は一時中断したが球審柿木園悟の判定はファウルチップで試合再開、西岡の盗塁も認められた。スローで見ても捕球後のタイミングでバットを投げている行為である。同年7月3日の対楽天戦の9回の打席で、ヒットエンドランの際に投球はピッチドアウトで大きく外れていたにも関わらず、嶋基宏捕手が二塁へ送球するタイミングでバットを放り投げた(捕手がうまくかわし、二塁へ送球したため結果は盗塁死となった)。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田護

    岸田護から見た日高剛日高剛

    、背番号を18に変更。開幕第3戦で4回からリリーフ登板すると、6回1失点の好投で最後まで投げきり、シーズン初勝利を挙げる。しかし、先発としては要所で踏ん張りきれない投球がやや目立ち、5月9日の対ロッテ戦からリリーフに転向。更に、開幕当初は抑えを務めていたジョン・レスターが安定感に欠く投球内容が目立ってきたため、6月10日の対巨人戦で初セーブを挙げ、クローザーに指名された。同じくリリーフへ転向した平野佳寿と共に勝利の方程式として交流戦優勝に貢献し、リーグ戦再開後も抑え投手として活躍。先発としては6試合に先発、防御率4.85、1勝4敗、WHIP1.38、奪三振率6.61であったが、救援としては51試合に登板し、セーブ数こそなかなか伸びなかったものの、防御率2.18、5勝1敗、11ホールド、12セーブ、WHIP1.16、奪三振率9.43の好成績を残した。オフには日高剛に代わって選手会長に就任。一般女性との結婚を発表した。岸田護 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た日高剛日高剛

    コミッショナー事務局は、7日をもって締め切ったフリーエージェント(FA)手続き行った選手を公示。岡島秀樹投手、小笠原道大内野手(以上日本ハム)、的山哲也捕手、日高剛捕手、塩崎真内野手(以上オリックス)、金本知憲外野手(阪神)、小久保裕紀内野手(巨人)、門倉健投手(横浜)の8選手。うち金本、的山はFA宣言の上残留の見通し。残り6選手は今後全球団との交渉が可能となる(5日、7日のできごと参照)。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た日高剛日高剛

    1イニング4奪三振:2000年9月3日、対オリックス・ブルーウェーブ23回戦(福岡ドーム)、2回表にジョージ・アリアス・五島裕二・日高剛(振り逃げ)・田口壮 から ※史上7人目(8度目)斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た日高剛日高剛

    初盗塁:同上、5回裏に二盗(投手:戎信行、捕手:日高剛赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 一岡竜司

    一岡竜司から見た日高剛日高剛

    初奪三振:同上、9回表に日高剛から一岡竜司 フレッシュアイペディアより)

  • 江柄子裕樹

    江柄子裕樹から見た日高剛日高剛

    初奪三振:同上、8回裏に日高剛から江柄子裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 中西健太

    中西健太から見た日高剛日高剛

    初盗塁:2008年7月21日、対オリックス・バファローズ12回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、5回裏に二盗(投手:小松聖、捕手:日高剛中西健太 フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「日高剛」のニューストピックワード