66件中 31 - 40件表示
  • 本多雄一

    本多雄一から見た日高剛日高剛

    ''は、オープン戦から好調を維持し、開幕を一軍で迎えた。4月5日の対オリックス戦の延長10回同点一死二塁の場面で川越英隆から前進守備のセンターを越えるサヨナラタイムリー二塁打を放った。開幕から9試合連続安打で5試合マルチヒットなど好スタートを切った。5月2日の対千葉ロッテ戦の初回に唐川侑己から左すねに死球を受けて途中交代、福岡市内の病院で打撲と診断されたが、4試合欠場し、復帰後は調子を崩し打率.231まで下げた。5月24日から11試合連続安打と徐々に調子を取り戻し、特に5月27日のセ・パ交流戦、対巨人戦では4安打と活躍した。6月21日には自身2度目の先頭打者本塁打を記録した。8月18日の対西武戦の一塁ベースカバーの際に犠打をしたヒラム・ボカチカと交錯して右足を痛め担架で運ばれ負傷交代し、福岡市内の病院で右足大腿部の打撲と診断された。8月22日から13試合連続安打など安定し、9月3日の対オリックス戦では初回と5回に伊原正樹?前田大輔バッテリー、7回には香月良太?日高剛バッテリーから二盗を成功させ、自身初の1試合3盗塁を達成した。レギュラーシーズンは137試合に正二塁手として先発出場し、自己最多となる43盗塁(チーム2位)を記録した。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た日高剛日高剛

    新監督の岡田彰布にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神タイガース戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日のロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。この際には5年の複数年契約が結ばれていたが、報道では3年契約とされていた。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見た日高剛日高剛

    初盗塁:2003年7月23日、対オリックス・ブルーウェーブ17回戦(西武ドーム)、4回裏に二盗(投手:具臺晟、捕手:日高剛後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た日高剛日高剛

    投手。オリックスのセットアッパー。急性骨髄性白血病を克服し、2004年の東京戦でプロ初先発。いきなり岩鬼に先頭打者本塁打を喰らう(岩鬼は岩下への情からデタラメに振ったのだが、岩下が投じたのがど真ん中だったため、逆にジャストミートしてしまった)が、その後は気迫の投球で失点を許さず、9回を完投。試合はオリックスが9回裏、日高剛のソロ本塁打で2-1とサヨナラ勝利。岩下は涙の完投勝利を挙げた。ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪隆

    三輪隆から見た日高剛日高剛

    のプロ野球脱税事件で懲役1年、執行猶予3年、罰金500万円の有罪判決を受け、開幕から1ヶ月以上の出場停止処分を科された。同年からは日高剛と併用され、以降は段々と出場機会が減る。三輪隆 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た日高剛日高剛

    オリックス監督時代はチームの正捕手だった日高剛のリード面を再三批判した。キャンプ段階での日高のリード面に疑問を持っていたが、シーズンに入ると大量失点を繰り返したこともあり、2010年には打率はそれほど悪くなかったものの3度も2軍に降格させている。2011年以降は捕手に日高をほとんど起用しなかったが、2012年の終盤は伊藤光、齋藤俊雄の2人の捕手を懲罰抹消したことで、自身が休養するまで日高を捕手として起用したが、その日高はアレッサンドロ・マエストリの来日初完投勝利、前田祐二の初先発勝利をアシストするなど好リードを見せ、起用に応えた。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 野原将志

    野原将志から見た日高剛日高剛

    9月26日のヤクルト戦で6番・一塁手でプロ初スタメンで試合に出場。この試合の3打席目に赤川克紀から左前打を放ち、プロ初安打を記録した。同年オフ、背番号をFAで阪神に入団する日高剛に譲り、自身の背番号は67に変更になった。野原将志 フレッシュアイペディアより)

  • 島内宏明

    島内宏明から見た日高剛日高剛

    初盗塁:2012年9月3日、対オリックス・バファローズ20回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、6回裏に二盗(投手:小松聖、捕手:日高剛島内宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 8月15日

    8月15日から見た日高剛日高剛

    1977年 - 日高剛、プロ野球選手8月15日 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ファルケンボーグ

    ブライアン・ファルケンボーグから見た日高剛日高剛

    初奪三振:同上、6回表に日高剛から空振り三振ブライアン・ファルケンボーグ フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示