62件中 21 - 30件表示
  • 日高剛

    日高剛から見た黒木純司

    初本塁打:1998年7月16日、対日本ハムファイターズ16回戦(東京ドーム)、11回表に黒木潤司から右越決勝ソロ日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た斉藤俊雄

    は、伊藤光や鈴木がスタメンマスクとして専ら起用され、第三捕手の座もロッテから移籍した斉藤俊雄に奪われ、捕手としての出場は僅かに5試合、スタメンマスクをかぶったのは開幕第3戦の4月14日、対ソフトバンク戦のみであった。自身は代打や指名打者での起用が専らとなったが、打撃も全くふるわず、二軍暮らしの長いシーズンとなった。結局、一軍定着以後では自己最少の26試合の出場で、わずか3安打、打率.068に終わった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た鈴木郁洋

    は、正捕手として開幕ダッシュに貢献するも、その後は度々岡田監督からリード面で酷評されることが多くなる。開幕25試合目となった4月23日の対日本ハム戦で、チームは早くも15度目の2桁被安打となる13安打11失点を記録し、翌日に早くも二軍降格を味わった。その後、セ・パ交流戦では攻守に活躍して、チーム初の交流戦優勝に貢献した。リーグ戦が再開した後は、6月30日の楽天戦で9回裏に川岸強から逆転サヨナラ2ランを放ったものの、再びリード面で岡田監督から不興を買う場面が多くなり、7月18日に二軍降格。攻撃面での打力を買われてDHや代打で起用されることが多かった一方で、本業の捕手としては3度の二軍降格もあって79試合の出場に留まった。先発出場に限れば、鈴木郁洋や前田大輔などにスタメンマスクを譲る機会が多く、53試合に留まった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た埼玉西武ライオンズ

    3年目のに中嶋聡が西武ライオンズにFA移籍し、三輪隆がプロ野球脱税事件により出場停止というチーム状況に伴い一軍昇格。その後、三輪復帰までの正捕手を期待された高田誠の打撃不振もあり、それまで一軍出場は1試合もなかったが強肩とパンチ力のある打撃を武器に正捕手となった。しかし、打撃はパンチ力がある一方で確実性に欠け、常時バスター打法をするなど試行錯誤をしたが2割前後の低打率が続いた。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た北九州市

    福岡県北九州市小倉北区出身。ソフトボールで体が大きいからと捕手を務めてから、一貫して同じポジションを守っている。九州国際大付高校からのプロ野球ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見たオリックス・バファローズ

    福岡県北九州市小倉北区出身。ソフトボールで体が大きいからと捕手を務めてから、一貫して同じポジションを守っている。九州国際大付高校からのプロ野球ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た安打

    は的山がソフトバンクに移籍したため、正捕手としての座がより強固な物になった。前半戦は3割近い打率を維持し、5月25日の横浜戦では1試合5安打を記録。同年のオールスターにも出場、第2戦で巨人のマーク・クルーンが投げた161km/hの速球を右中間スタンドに運ぶ本塁打を放った。最終的に自己最多の134試合に出場し、プロ13年目で初の規定打席到達。6年ぶりの2桁本塁打となる自己最多の13本塁打、打率.269、チームトップの18犠打と自己最高の打撃成績を記録した。守備面でも開幕前の構想に居た先発投手が相次いで離脱する中、経験や実績に欠ける先発陣を破綻させることなく引っ張った。一方で、捕手としてリーグワーストの6失策、盗塁阻止率も規定試合数に到達した捕手の中では両リーグ通じて最低の.221に終わった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た千葉ロッテマリーンズ

    初出場:1998年4月16日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(グリーンスタジアム神戸)、5回裏に高田誠の代打で出場日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見たプロ野球ドラフト会議

    福岡県北九州市小倉北区出身。ソフトボールで体が大きいからと捕手を務めてから、一貫して同じポジションを守っている。九州国際大付高校からのプロ野球ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た広島東洋カープ

    は開幕二軍スタートとなった。5月2日に一軍登録されるも、代打または指名打者としての出場が専らだった。5月25日の対広島戦で、1点を追う9回裏1死に代打として出場すると、抑えのデニス・サファテから2年ぶりの本塁打となる同点ソロ本塁打を放ち、チームのサヨナラ勝ちに大きく貢献した。6月2日の対巨人戦では4年ぶりの三塁打となる適時三塁打を放ったが、その後は打撃不振に陥り、打率を一割台にまで落ち込んだことで6月26日に登録抹消。8月21日に、前の試合で投手陣の崩壊を招いた責任で同時に二軍降格となった伊藤・斉藤と入れ替わりで、横山徹也と共に昇格。8月23日の試合でシーズンで初めてスタメンマスクを被ると、8月26日の対西武戦では途中加入のアレッサンドロ・マエストリの来日初完投勝利、9月5日の対ロッテ戦では前田祐二のプロ初先発初勝利を導く等、随所で好リードを見せた。最終的には54試合出場し、打率は1割台から.239に持ち直すなど正捕手奪還の足がかりとなった。11月27日、行使した海外FA(フリーエージェント)権で、阪神タイガースに移籍した。日高剛 フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「日高剛」のニューストピックワード