77件中 41 - 50件表示
  • 日高剛

    日高剛から見た全国高等学校野球選手権福岡大会

    ソフトボールで体が大きいからと捕手を務めてから、一貫して同じポジションを守っている。九州国際大付高校では2年生の時、捕手、四番打者として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、九州工に敗退。翌年も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。1995年のプロ野球ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た九州国際大学付属中学校・高等学校

    ソフトボールで体が大きいからと捕手を務めてから、一貫して同じポジションを守っている。九州国際大付高校では2年生の時、捕手、四番打者として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、九州工に敗退。翌年も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。1995年のプロ野球ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た北海道日本ハムファイターズ

    初本塁打:1998年7月16日、対日本ハムファイターズ16回戦(東京ドーム)、11回表に黒木潤司から右越決勝ソロ日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見たナゴヤドーム

    1500試合出場:2013年8月25日、対中日ドラゴンズ18回戦(ナゴヤドーム)、8番・捕手で先発出場 ※史上179人目日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た大阪近鉄バファローズ

    初先発出場:1998年4月17日、対近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、8番・捕手で先発出場日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た代打

    は、正捕手として開幕ダッシュに貢献するも、その後は度々岡田監督からリード面で酷評されることが多くなる。開幕25試合目となった4月23日の対日本ハム戦で、チームは早くも15度目の2桁被安打となる13安打11失点を記録し、翌日に早くも二軍降格を味わった。その後、セ・パ交流戦では攻守に活躍して、チーム初の交流戦優勝に貢献した。リーグ戦が再開した後は、6月30日の楽天戦で9回裏に川岸強から逆転サヨナラ2ランを放ったものの、再びリード面で岡田監督から不興を買う場面が多くなり、7月18日に二軍降格。攻撃面での打力を買われてDHや代打で起用されることが多かった一方で、本業の捕手としては3度の二軍降格もあって79試合の出場に留まった。先発出場に限れば、鈴木郁洋や前田大輔などにスタメンマスクを譲る機会が多く、53試合に留まった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た横浜DeNAベイスターズ

    は的山がソフトバンクに移籍したため、正捕手としての座がより強固な物になった。前半戦は3割近い打率を維持し、5月25日の横浜戦では1試合5安打を記録。同年のオールスターにも出場、第2戦で巨人のマーク・クルーンが投げた161km/hの速球を右中間スタンドに運ぶ本塁打を放った。最終的に自己最多の134試合に出場し、プロ13年目で初の規定打席到達。6年ぶりの2桁本塁打となる自己最多の13本塁打、打率.269、チームトップの18犠打と自己最高の打撃成績を記録した。守備面でも開幕前の構想に居た先発投手が相次いで離脱する中、経験や実績に欠ける先発陣を破綻させることなく引っ張った。一方で、捕手としてリーグワーストの6失策、盗塁阻止率も規定試合数に到達した捕手の中では両リーグ通じて最低の.221に終わった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た捕手

    日高 剛(ひだか たけし、1977年8月15日 - )は、福岡県北九州市小倉北区出身の元プロ野球選手(捕手)。右投左打。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見たソフトボール

    ソフトボールで体が大きいからと捕手を務めてから、一貫して同じポジションを守っている。九州国際大付高校では2年生の時、捕手、四番打者として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、九州工に敗退。翌年も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。1995年のプロ野球ドラフト会議においてオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た本塁打

    は打率.193に低下したが初の2桁となる12本塁打を放ち、チーム唯一の長打力がある日本人選手という信頼を得た。日高剛 フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示