1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
77件中 71 - 77件表示
  • 日高剛

    日高剛から見た東京ドーム

    初本塁打:1998年7月16日、対日本ハムファイターズ16回戦(東京ドーム)、11回表に黒木潤司から右越決勝ソロ日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た犠牲バント

    は的山がソフトバンクに移籍したため、正捕手としての座がより強固な物になった。前半戦は3割近い打率を維持し、5月25日の横浜戦では1試合5安打を記録。同年のオールスターにも出場、第2戦で巨人のマーク・クルーンが投げた161km/hの速球を右中間スタンドに運ぶ本塁打を放った。最終的に自己最多の134試合に出場し、プロ13年目で初の規定打席到達。6年ぶりの2桁本塁打となる自己最多の13本塁打、打率.269、チームトップの18犠打と自己最高の打撃成績を記録した。守備面でも開幕前の構想に居た先発投手が相次いで離脱する中、経験や実績に欠ける先発陣を破綻させることなく引っ張った。一方で、捕手としてリーグワーストの6失策、盗塁阻止率も規定試合数に到達した捕手の中では両リーグ通じて最低の.221に終わった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見たMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    には、開幕から一軍に登録されると、一軍公式戦44試合に出場。打力を生かすべく左の代打に起用されたほか、この年から先発投手に転向した榎田大樹が登板する試合を中心に、スタメンマスクを任されていた。しかし、7月6日の対広島戦(マツダスタジアム)6回表の守備中に、三塁側のファウルゾーンに上がったフレッド・ルイスの飛球を追跡中に、三塁手の新井良太と激突したため交代。激突の影響で左大腿四頭筋を損傷したため、翌日から戦線を離脱するとともに、およそ2か月にわたって治療とリハビリに専念した。なおこのシーズンで、NPB通算打率ランキングの対象となる4000打数に到達した。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た任意引退選手

    には、横浜DeNAベイスターズから移籍したベテラン捕手・鶴岡一成や、新人捕手・梅野隆太郎の台頭で一軍公式戦への出場機会が激減。10月3日に現役引退を発表した。11月6日付で、NPBから任意引退選手として公示。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た盗塁阻止率

    は後半打撃好調で自己最高の打率.275を残した。ここまでの間、打撃は進歩を見せたものの守備では目立った成長が見られず、盗塁阻止率も強肩の割になかなか上がらなかった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た先発投手

    は的山がソフトバンクに移籍したため、正捕手としての座がより強固な物になった。前半戦は3割近い打率を維持し、5月25日の横浜戦では1試合5安打を記録。同年のオールスターにも出場、第2戦で巨人のマーク・クルーンが投げた161km/hの速球を右中間スタンドに運ぶ本塁打を放った。最終的に自己最多の134試合に出場し、プロ13年目で初の規定打席到達。6年ぶりの2桁本塁打となる自己最多の13本塁打、打率.269、チームトップの18犠打と自己最高の打撃成績を記録した。守備面でも開幕前の構想に居た先発投手が相次いで離脱する中、経験や実績に欠ける先発陣を破綻させることなく引っ張った。一方で、捕手としてリーグワーストの6失策、盗塁阻止率も規定試合数に到達した捕手の中では両リーグ通じて最低の.221に終わった。日高剛 フレッシュアイペディアより)

  • 日高剛

    日高剛から見た福岡県

    日高 剛(ひだか たけし、1977年8月15日 - )は、福岡県北九州市小倉北区出身の元プロ野球選手(捕手)。右投左打。日高剛 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
77件中 71 - 77件表示