403件中 91 - 100件表示
  • 新宿歴史博物館

    新宿歴史博物館から見た旧石器時代旧石器時代

    地上3階、地下1階の構造で、1階部分の入口付近には1913年(大正2年)の開通当時から1991年(平成3年)まで使われていた四谷見附橋の高欄が展示されている。常設展示室・企画展示室共に地下1階にあり、常設では5つのコーナーに分けて、旧石器時代から昭和時代初期までにおける展示が行われている。そこでは、内藤新宿の復元模型、江戸時代の商家、昭和初期の文化住宅の復元家屋や、当時の都電なども展示されている。新宿歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 魔術

    魔術から見た旧石器時代旧石器時代

    世界各地の部族社会において、シャーマンや呪術師と呼ばれるような者たちが治療、祈祷、雨乞いの儀式などを行い、占術や呪術を用いて人々の悩みを解決していた。先史時代にも行われていたと想像されるこの呪術的営為が魔術の起源であるといえる。旧石器時代の洞窟遺跡には、呪術師であると解釈できる人物像もみられる。魔術 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の経済史

    台湾の経済史から見た旧石器時代旧石器時代

    根據考古学の発掘調査により台湾では旧石器時代後期(50,000年から10,000年前)に人類の居住があったことが確認されている。現在確認できる台湾最初の文化として八仙洞遺跡に代表される遺跡が東海岸を中心に発掘され長浜文化と称されている。また台南市左鎮区では原人の骨格が発見され左鎮人と称されている。また新石器時代になると台北盆地では円山文化、芝山巌文化などの遺跡も発見されている。台湾の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • アナーニ

    アナーニから見た旧石器時代旧石器時代

    この地で発見された旧石器時代の遺物によれば、人類の居住は70万年前にさかのぼる。フォンタナ・ラヌッチオからは、ホモ・エレクトゥスの歯や、骨角器や火打石が発見されている。アナーニ フレッシュアイペディアより)

  • アリゾナ州の歴史

    アリゾナ州の歴史から見た旧石器時代旧石器時代

    現存している最も良好な考古学と地質学の資料によれば、旧石器時代の紀元前1万6000年から紀元前1万年の間のある時期に、マンモス狩猟民は、家族単位で北アメリカ大陸の北西部へ移動したことがわかっている。アラスカ中央部で初めは氷河に遮られていたが、氷河期後期の一時的な氷河後退で、カナダ北西部の通路が開け、一団は大陸の他の部分に四方八方に広がることになった。アメリカ合衆国南西部での最も初期の人類の明らかな証拠は、一連の旧石器時代の有樋石槍尖頭器である。一部の科学者は、女性、男性と子供たちの小集団がマンモス狩猟民よりも1万年から2万年早く、アリゾナ南西部とメキシコ北西部の砂漠をめぐっていたことを示している。アリゾナ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリー国立博物館

    ハンガリー国立博物館から見た旧石器時代旧石器時代

    一階の片側では東西の未開地、ハンガリーの土地に紀元前40万年から804年にかけて住んでいた人々の展示が為されている。ここでは旧石器時代からアヴァール族までを扱っている。逆側では聖イシュトヴァーンの王冠の戴冠やその時の外套について展示されている。ハンガリー国立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 細石器

    細石器から見た旧石器時代旧石器時代

    細石器(さいせっき、マイクロリス、microlith)とは、打製石器の一種で、小型かつ刃の特徴を持つ石器である。日本国内では一般的には旧石器時代後期に分類されるが、ヨーロッパ等では旧石器時代および新石器時代の過渡期として中石器時代が設定されており、ここに属するとされる場合もある。ユーラシア大陸の中央部にあるアルタイ地方には約4万年前頃に幅1センチメートル以下の石刃(細石刃)がすでに発生していたという。これが東シベリア・極東地域の細石刃の起源であるとされている。しかし、最近では、このような石器の変遷観は見直されようとしている。細石器 フレッシュアイペディアより)

  • ピリカ遺跡

    ピリカ遺跡から見た旧石器時代旧石器時代

    ピリカ遺跡(ぴりかいせき)は、北海道今金町にある旧石器時代の遺跡。美利河遺跡とも表記される。国の史跡に指定されている。ピリカ遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイの歴史

    ブルネイの歴史から見た旧石器時代旧石器時代

    東南アジアの先史時代、つまり旧石器時代から鉄器時代にかけては、大陸部、とくにベトナム北部を中心に進展した。最初期のホアビン文化は紀元前1万年前ごろから、紀元前5000年ごろまで継続した。旧石器時代に属し、土器は見られない。チョッパー、局部磨製石器、スマトラリスなどの打製石器が中心であった。ブルネイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ニール・ゴードン・マンロー

    ニール・ゴードン・マンローから見た旧石器時代旧石器時代

    ニール・ゴードン・マンロー(Neil Gordon Munro、1863年6月16日 - 1942年4月11日)は、イギリスの医師、考古学者、人類学者。エジンバラ大学で医学を学び、インド航路の船医として29歳で日本にやってきた。横浜で横浜ゼネラルホスピタルで医師として、その後軽井沢サナトリウムの院長として働く一方、考古学にも深い造詣があり、日本の旧石器時代の研究をつづけ、横浜三ツ沢の貝塚(横浜市神奈川区)の発掘などをしている。1905年、日本に帰化した。ニール・ゴードン・マンロー フレッシュアイペディアより)

403件中 91 - 100件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード