576件中 101 - 110件表示
  • ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群

    ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群から見た旧石器時代旧石器時代

    ユネスコ世界遺産の登録に当たっては、多くの考古学的景観や旧石器時代の洞窟絵画研究上最も重要なものの中でも、主に装飾洞窟 () に絞られた。世界遺産の登録の際には、147の旧石器時代の地層、25の装飾洞窟、この一帯で発見されたおよそ10万点におよぶ石器や骨角器などに言及されている。ただし、実際に登録されたのは以下に掲げるものだけである。ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 フレッシュアイペディアより)

  • ビューレン (ゲッティンゲン郡)

    ビューレン (ゲッティンゲン郡)から見た旧石器時代旧石器時代

    "ビューレン・フォア・デム・ヴァルト"の創設時期については分かっていない。考古学的な陶器の出土品やフォスキュッペル珪岩細工場跡は、定住するに好都合な位置にあるこの場所には旧石器時代からすでに人が訪れており、後に定住が行われたことを示している。ブルムヴァルトの東斜面にあるこの村は洪水から護られ、シェーデに船で行くことができた。この村に継続的な定住がなされた時期は不明である。9世紀と10世紀のコルヴァイ文書に "Burian" として何度も登場しており、1000年以上前であるとされている。しかし、この周囲にはかつて、あるいは現在も "Büren" と名乗る集落が他にもあり、この記述がどの集落を指しているかについては議論の余地がある。ビューレン (ゲッティンゲン郡) フレッシュアイペディアより)

  • コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群

    コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群から見た旧石器時代旧石器時代

    当初、ポルトガルで発見された旧石器時代の岩絵の残る野外のものとしては最大級の遺跡であるコア渓谷の先史時代の岩絵遺跡群が単独で登録され、2010年にスペインのシエガ・ベルデが拡大登録された。コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • ピュルゲン

    ピュルゲンから見た旧石器時代旧石器時代

    ピュルゲン周辺での最初のケルト人入植は旧石器時代あるいは紀元前1000年頃のハルシュタット期に始まった。地名、戦略上重要な位置であること、町の南東のフラウエンヴァルトに位置する墓地などから、先史時代に大きな入植地が造られていたと推測されている。丘陵墓はかつて200基存在すると言われたが、1908年には63基だけになっていた。第一次世界大戦後、危機にさらされていた丘陵墓が調査され、これにより印象深いハルシュタット期特有の装飾が施された器と火葬され骨が発掘された。ある墓には古代ギリシアの青銅製の水盤が副葬されていた。ピュルゲン フレッシュアイペディアより)

  • スロベニアの歴史

    スロベニアの歴史から見た旧石器時代旧石器時代

    スロベニアにおける人類の歴史は旧石器時代にムスティエ文化の担い手であったネアンデルタール人から始まる。リュブリャナ周辺では先史時代の住居跡が発見されており、紀元前1400年頃、イリュリア人が定住、彼らはギリシャと交流を持ちながらケルト人らと融合していく。スロベニアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルロワ=グーラン

    アンドレ・ルロワ=グーランから見た旧石器時代旧石器時代

    20世紀フランスを代表する先史学者・社会文化人類学者。第二次世界大戦前には日本でアイヌ民族などの調査に従事。戦後はパリ国立自然史博物館教授などを経て、1969年、コレージュ・ド・フランス先史学講座教授に就任、多彩な研究に取り組み厖大な著作を発表した。旧石器時代の洞窟壁画などの調査から 壁画と人間の言語活動との関わりを考察した研究はその代表と言える。著書に『先史時代の宗教と芸術』『世界の根源』などがある。アンドレ・ルロワ=グーラン フレッシュアイペディアより)

  • デバ

    デバから見た旧石器時代旧石器時代

    デバの自治体域には50以上の洞窟があり、(世界文化遺産「アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術」の構成遺産)、エルミッティア洞窟、ウルティアガ洞窟などの豊かな考古学遺跡がある。これらの洞窟からは旧石器時代の貝塚や骨で作られた銛などが出土しており、エカイン洞窟には魚類の洞窟絵画も描かれている。古代ローマ時代の年代記でも現在のデバの海岸やデバ川が言及されており、この河川の名称が町の名称の由来となった。デバ フレッシュアイペディアより)

  • 細石器

    細石器から見た旧石器時代旧石器時代

    細石器(さいせっき、マイクロリス、microlith)とは、打製石器の一種で、小型かつ刃の特徴を持つ石器である。日本国内では一般的には旧石器時代後期に分類されるが、ヨーロッパ等では旧石器時代および新石器時代の過渡期として中石器時代が設定されており、ここに属するとされる場合もある。ユーラシア大陸の中央部にあるアルタイ地方には約4万年前頃に幅1センチメートル以下の石刃(細石刃)がすでに発生していたという。これが東シベリア・極東地域の細石刃の起源であるとされている。しかし、最近では、このような石器の変遷観は見直されようとしている。細石器 フレッシュアイペディアより)

  • トゥイ (スペイン)

    トゥイ (スペイン)から見た旧石器時代旧石器時代

    ミーニョ川の渓谷は肥沃で、太古の時代からこの地域の定住者の食糧採集に適していたと考えられる。旧石器時代(2万2000年前)の遺跡がミーニョ川およびその支流のロウロ川の斜面の段丘に残されている。新石器時代(7000年前)のものとしては、カラスケイラの斧(パラモス教区)や巨石遺跡(アレアス教区のアンタ地区)などがある。6000年前には金属の加工が始まり、その時代の遺物として青銅の兜や、カルデラス・デ・トゥイ教区で発見された斧(トゥイ司教区美術館所蔵)やランドゥフェ教区のペトログリフなどがある。トゥイ (スペイン) フレッシュアイペディアより)

  • ムンダカ

    ムンダカから見た旧石器時代旧石器時代

    この地域には前期旧石器時代から人類が居住しており、その証明として、の対岸にあるサンティマミニェ洞窟や、などの遺跡がある。古代ローマ人はエレーニョ(Ereño)で産する大理石に惹かれてこの地域に達しており、ムンダカからベルメオを通ってビスカヤ地方西部のバルマセダに達するローマ街道の支線が彼らの存在の証拠として残っている。ムンダカ フレッシュアイペディアより)

576件中 101 - 110件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード