576件中 21 - 30件表示
  • 旧石器時代

    旧石器時代から見た前期旧石器時代旧石器時代

    前期旧石器時代(英語: Lower Paleolithic/Early Stone Age、約260万年前 - 約30万年前)旧石器時代 フレッシュアイペディアより)

  • 旧石器時代

    旧石器時代から見た中期旧石器時代旧石器時代

    中期旧石器時代(英語: Middle Paleolithic/Middle Stone Age、約30万年前 - 約3万年前)旧石器時代 フレッシュアイペディアより)

  • ビームベートカーの岩陰遺跡

    ビームベートカーの岩陰遺跡から見た旧石器時代旧石器時代

    ビームベートカーの岩陰遺跡(ビームベートカーのいわかげいせき)は、インド中部に残る旧石器時代の岩陰遺跡であり、インド亜大陸における人類の最初期の痕跡から、インドの石器時代初期までの様子を伝えている。マディヤ・プラデーシュ州のにあり、その多くはラタパニ野生生物保護区(Ratapani Wildlife Sanctuary) 内にある。その文化的景観は、2003年にはUNESCOの世界遺産リストに登録された。日本ではビンベットカのロック・シェルター群ほか、いくつかの呼び方がある。ビームベートカーの岩陰遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮の先史時代

    朝鮮の先史時代から見た旧石器時代旧石器時代

    朝鮮の先史時代(ちょうせんのせんしじだい)は、人類が朝鮮半島に現れた時代に文字が存在しない時期を言う。朝鮮半島の先史時代は、ヨーロッパの地中海地域とは別にクリスチャン・トムセンが定義した「」に区分するのが難しく、考古学的、地質学的、古生物学的研究に依存する。一般的に歴史及び考古学の時代区分によると、石器時代に該当し、石器時代は発掘される遺跡の性格により旧石器時代、中石器時代、新石器時代に分かれる。その領域は朝鮮半島を中心にして、その起源及び伝播と関連があるロシア、シベリア、満州、遼寧省、中国東部の文化も一緒に研究されている。朝鮮の先史時代 フレッシュアイペディアより)

  • アルメニアの歴史

    アルメニアの歴史から見た前期旧石器時代旧石器時代

    メソポタミアの一部であるアルメニア高原は、世界最古の文明発祥地の一つとして知られ、そこからは前期旧石器時代の遺物も出土している。紀元前9世紀頃には、この地にウラルトゥが建設されていたが、この文明が外来の印欧語族の勢力と混ざり合ったことにより、現代に繋がるアルメニア人が誕生したと考えられている。アルメニアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 台北の歴史

    台北の歴史から見た旧石器時代旧石器時代

    台北市内に位置する円山遺跡及び芝山岩遺跡の最新の発掘調査により、台北地区には旧石器時代晩期には人類が居住していたことが判明している。台北の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ラリサ

    ラリサから見た旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代には、人類がこの地域で生活していたという痕跡が発見されているが、先進地域の周辺部という位置づけであった。しかし、ラリサ周辺は肥沃な土地であり、農業に適した土地であり、また古代には馬の産地として知られていた。やがて、ラリサの地域は他のギリシア地域との差は無くなってきた。ラリサ フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループC1a2 (Y染色体)

    ハプログループC1a2 (Y染色体)から見た旧石器時代旧石器時代

    ハプログループC1a2(V20)は、チェコから出土した30,000年前の旧石器時代の古人骨から検出されている。 さらに古いベルギーから出土した35,000年前の古人骨のY-DNAは、C1a-CTS11043に属すとされているが、V20等のC1a2を定義づける変異を持っていたかどうかは不明。 ロシア西部ヴラジーミル州スンギール遺跡から出土した約34,000年前の四体の古人骨のY-DNAについては、C1a1-M8に属すある一人の日本人のY-DNAよりも、C1a2-V20に属すある一人のネパール人のY-DNAにやや似ているという解析結果が報告されていることから、これらもC1a2の系統上に位置すると推定できる。ハプログループC1a2 (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島の狩猟採集時代の食事

    日本列島の狩猟採集時代の食事から見た旧石器時代旧石器時代

    日本列島の狩猟採集時代の食事を説明する。主に旧石器時代から縄文時代を経て、弥生時代までの食事である。旧石器時代には、主に狩猟によりシカ、ゾウ、ノウサギなど野生の動物が食された。約1万年前縄文時代になると人々は採集することが増えた。食事の中心になったのは木の実やイモであり、クリ、クルミ、ドングリ、ヤマイモ、マメといったものである。縄文人のゴミ捨て場は貝塚と呼ばれており、貝や魚介類をふんだんに食べていたことがうかがえる。ハマグリ、アサリ、カキを中心としイワシ、サバ、マグロなどを漁労によって、イノシシ、シカ、クマなどを狩猟によって獲得していた。縄文晩期になると水田で稲作するようになる。日本列島の狩猟採集時代の食事 フレッシュアイペディアより)

  • カルナータカ州

    カルナータカ州から見た旧石器時代旧石器時代

    カルナータカの歴史は、この地域で手斧(ハンド・アックス)などが発見され旧石器時代にまでさかのぼる。旧石器時代までさかのぼると、カルナータカは古代インドの有力な帝国の地でもあった。これらの帝国によって支持された哲学者や音楽的詩人などが、社会宗教的で文学的な文化活動を生み、現在まで伝えられている。新石器時代や巨石文化の遺跡もこの州で見つかっている。カルナータカ州 フレッシュアイペディアより)

576件中 21 - 30件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード