576件中 41 - 50件表示
  • 長野県

    長野県から見た旧石器時代旧石器時代

    長野県域でも旧石器時代の遺跡がいくつか発掘されている。その中の野尻湖遺跡(立ヶ鼻遺跡)から人類が活躍していたことを示す槍状木器・骨器・剥片石器などの遺物が発見されている。この遺跡はナウマンゾウやオオツノシカなどの大型哺乳動物を解体したキルサイトと推定されている。時期は約2万5千年前〜3万年前のものである。全国で発見されている斧形石器の約4分の1にあたる239点を出土し刃の部分を砥石で研磨した物が多く、世界でも最も古い磨製石器と言われている。その他この時代の遺跡としては仲町(信濃町)・日向林B(信濃町)・石子原(飯田市)遺跡が発見されている。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • イングランド人

    イングランド人から見た旧石器時代旧石器時代

    イングランド人としてのアイデンティティに大衆的な関心が寄せられていることは、近年イングランド人自身による科学的・社会的調査が行われていることからも分かるが、こういった調査の報告は、複雑な結果をひどく単純化している。2002年、英国放送協会は「イングランド人とウェールズ人は別の人種」という見出しで、イングランド・ウェールズ両者の市場町から被験者を選んで行った遺伝的な調査のレポートを行った。また一方で2006年9月、サンデー・タイムズ紙は、イギリス中の住人の名前の調査を行い、その結果リプリー市を「最も『イングランドらしい』町」だと発表した。リプリー市の住民のうち88.58%がイングランドの民族的背景を持っている、というのがその理由である。デイリー・メール紙は「我らはみなゲルマン人!(1600年間在住)」という見出しの記事を掲載した。これらの事例のいずれをとっても、研究の結論は、ジャーナリストが人種という用語を使っただけの、誇張や誤解釈に基づいたものであった。さらに、シュテフェン・オッペンハイマー()やブライアン・サイクスを始めとする最近の研究書は、近年の遺伝的研究をもってもイングランド人と「ケルト系」近隣国をはっきり区別する線引きはできず、段階的なクライン(地域的連続変異)が西(主にイベリア起源)から東(主にイベリア・バルカン起源)に流れている、と主張している。これらの研究書によれば、イギリス人の祖先の大部分は旧石器時代からのグレートブリテン島定住者で、東岸・西岸の間の差はそれほど大きくはないが、先史時代古くからのもので、主に旧石器時代から中石器時代(1万5千年前から7千年前)に起因するものだと考えられている。イングランド人 フレッシュアイペディアより)

  • 局部磨製石斧

    局部磨製石斧から見た後期旧石器時代旧石器時代

    局部磨製石斧(きょくぶませいせきふ)とは、いまより約4?3万年前の後期旧石器時代初頭に登場した、刃先に磨きをかけた石斧のことである。大形獣の狩猟や解体、木の伐採や切断、土掘りなど多目的に用いられたと推定される。局部磨製石斧 フレッシュアイペディアより)

  • 礫石

    礫石から見た旧石器時代旧石器時代

    鉱脈付近の河川上流域や礫層中に分布し、一帯には礫石を採取して石器づくりをおこなった形跡の残る場合が多い。そのようにしてつくられた石器は礫石器のほか打製石器があり、旧石器時代の技術や生活を知る手がかりとなる。礫石 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋島嶼史

    太平洋島嶼史から見た旧石器時代旧石器時代

    日本列島など大陸沿岸の島々には旧石器時代から人間が居住していた。数万年前の氷河期にはアリューシャン列島は回廊化し、日本列島も大陸と繋がり、スンダランドが存在していたと考えられている。これらの西から東に人々が渡ったと考えられている。太平洋島嶼史 フレッシュアイペディアより)

  • スプリング・エフェメラル

    スプリング・エフェメラルから見た旧石器時代旧石器時代

    一方、約1万年前の最終氷期の終焉に伴い、氷期の落葉広葉樹林の生態系に適応した生活文化を持つ旧石器時代人が、新しい照葉樹林の生態系に文化の適応を起こして縄文人となったときに、生活資源の獲得方法を熟知した落葉広葉樹林を維持するために、森林の一部に一定の手入れを続けて、今日の照葉樹林地帯における里山や草原の原型を作り出して維持し続けたという説も提唱されている。その場合、日本の照葉樹林地帯に見られるスプリング・エフェメラルは、縄文人による生態系操作によって間氷期を生き延びて現在に至っていることになる。スプリング・エフェメラル フレッシュアイペディアより)

  • 長浜文化

    長浜文化から見た旧石器時代旧石器時代

    長浜文化の年代は、最古のもので今からおよそ5万年以上前のものと推定され、5000年あまり前になってようやく消失した。これは後期旧石器時代に相当する。長浜文化 フレッシュアイペディアより)

  • モンティニー=レ=メス

    モンティニー=レ=メスから見た旧石器時代旧石器時代

    モンティニー=レ=メスの文明化を示す最古の痕跡は旧石器時代にさかのぼる。1万年前、東から来た流浪の採集民族が暮らしていた。1882年、紀元前200,000年頃のものとされる磨かれた石器と宝石がモゼル川の川床から見つかった。モンティニー=レ=メス フレッシュアイペディアより)

  • 頭型

    頭型から見た旧石器時代旧石器時代

    頭蓋変形がいつから始まったのかははっきりしないが、最も古いものは西アジアでの紀元前8000年くらい前の例が確認されているので、旧石器時代からあった可能性も考えられる。頭型 フレッシュアイペディアより)

  • サノワ

    サノワから見た旧石器時代旧石器時代

    現在のサノワの場所に初めて人が定住したのは旧石器時代中期であった。数々の石器が見つかっている。発見場所は現在のA15道路のインターチェンジ付近で、モンモランシー谷では最古の発掘物となった。サノワ フレッシュアイペディアより)

576件中 41 - 50件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード