576件中 51 - 60件表示
  • ツレス島

    ツレス島から見た旧石器時代旧石器時代

    ツレス島には旧石器時代から人が住んでいた。後にローマ帝国の支配を受けた。ローマ帝国衰退後、数世紀に渡り東ローマ帝国に支配された。7世紀、クロアチア人がダルマチアの島々へ侵攻したが、彼らは8世紀初頭に島々を手放した。ツレス島 フレッシュアイペディアより)

  • 型式学的研究法

    型式学的研究法から見た旧石器時代旧石器時代

    1863年にストックホルムのスウェーデン国立歴史博物館に職を得たモンテリウスは、ヨーロッパ各地の博物館の収集品を見てまわるうち、遺物の形態差や装飾の違い、そしてまた、それらが生物が進化するように時系列に沿って変化していることに気づいた。いわば、人工物がまるで生物の種のように進化していることを「発見」したのである。そして、ヨーロッパの考古学界が、従来重大な関心をはらってきた人類学の領域、あるいは旧石器時代に対してよりも、新石器時代以降に関心を向けつつあったとき、言い換えれば、その関心が進化論的な図式よりも各国の国民史に移ろうとしたときに、遺物の形態進化に目を向け、考古学における型式学的研究法の採用を方向づけたのである。型式学的研究法 フレッシュアイペディアより)

  • アルカセル・ド・サル

    アルカセル・ド・サルから見た旧石器時代旧石器時代

    人類定住の歴史は旧石器時代にさかのぼる。フェニキア人はこの地をケイティオン(Keition)と呼び、ルシタニアの時代まで重要な戦略要所となった内港を既に持っていた。ローマ時代に町は黄金期を迎えた。その地理的特徴のためイベリア半島の塩貿易及び貿易路のある地となり、このためにサラティア(Salatia)という古名が生まれたとされる。正しくはサラティア・ウルブス・インペラトリア(Salatia Urbs Imperatoria)と呼ばれ、この地方唯一のローマ帝国都市であった。地方第一の都市の地位は、西ゴート領となっても保たれた。アルカセル・ド・サル フレッシュアイペディアより)

  • ドリャノヴォ

    ドリャノヴォから見た旧石器時代旧石器時代

    バルカン半島で最も古い人類の居住の痕跡がこの地域で見られる。旧石器時代の人の居住を示す証拠が、アンダカ川( / Andaka)渓谷にあるドリャノヴォ修道院( / Dryanovski manastir、en)近くのバチョ・キロ洞窟( / peshtera "Bacho Kiro"、en)から見つかっている。トラキア人や古代ローマ時代の村や要塞、刻印や装飾のある柱などが見つかっている。ドリャノヴォ フレッシュアイペディアより)

  • コンブ・カペル

    コンブ・カペルから見た旧石器時代旧石器時代

    コンブ・カペル(Combe Capelle)は南フランス、ドルドーニュ県のベルジュラック南東38kmのペリゴール地方のCouzeの谷にある旧石器時代の遺跡である。コンブ・カペル フレッシュアイペディアより)

  • ヴルシャツ

    ヴルシャツから見た旧石器時代旧石器時代

    ヴルシャツ周辺での人の生活の痕跡は旧石器時代や石器時代にまで遡る。2つの新石器時代の文化の跡がこの地域では発見され残っており、古いものはスタルチェヴォ文化()、新しいものはヴィンツァ文化()である。青銅器時代からのヴァティン文化、ヴルシャツ文化の跡も残り、鉄器時代からのケルト人が大部分のハルシュタット文化やラ・テーヌ文化なども残っている。アガテュルソイは最初にヴルシャツ周辺に定住した人々として知られている。その語、この地域にはゲタイやダキア人が居住するようになった。ダキア人の王国であるブレビスタやデケバルスに属していたが102年から271年にかけローマ帝国に属すようになった。ヴルシャツでは古代のダキア人やローマ人の集落跡が発見されている。その後、この地域はフン族の帝国やゲピド族、アヴァールの王国に属し、後にブルガリア帝国に属している。スラヴ人が居住するようになったのは6世紀のことで、この地域に居住するようになったのは西スラヴ人のアボドリテスであったと記録されている。ヴルシャツ フレッシュアイペディアより)

  • エルキ

    エルキから見た旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代に人が定住していたこの地を、ローマ人が征服した。中世にはサン・セピュルクル騎士団の存在があった。名残はオピトー地区(Hôpitaux)、コルドリー地区(Corderie、旧ハンセン病患者施療院)、サン・セピュルクル地区(Saint-Sépulcre)といった地名に残っている。古いエルキの町は海に沈んでしまったため、標高の高い場所に現在のコミューンが再建された。エルキ フレッシュアイペディアより)

  • ムツィグ

    ムツィグから見た旧石器時代旧石器時代

    近年になって当地でネアンデルタール人の遺物が発見されており、この地での人間の活動は旧石器時代にまでさかのぼることが証拠で裏付けられている。ムツィグ フレッシュアイペディアより)

  • グリムズ・グレイヴス

    グリムズ・グレイヴスから見た旧石器時代旧石器時代

    最初に本格的な調査を行ったウィリアム・グリーンウェルは、この遺跡を新石器時代のものとしたが、当時の考古学者はグリーンウェルの発表に疑いを唱え、(数千年級の新石器時代ではなく、数十から百万年級の)旧石器時代にまで遡るのではないかとする考古学者が多かった。後年さらに調査が行われ、グリーンウェルの説が裏付けられた。グリムズ・グレイヴス フレッシュアイペディアより)

  • 春成秀爾

    春成秀爾から見た旧石器時代旧石器時代

    春成 秀爾(はるなり ひでじ、1942年12月15日 - )は、日本の考古学者。国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専攻は日本考古学。主たる研究領域は旧石器時代から古墳時代にかけての儀礼・祭り・社会構造。日本第四紀学会評議員。考古学研究会会員。総合研究大学院大学(日本歴史専攻)教授。文学博士。2003年(平成15年)、弥生時代の始まりが従来の一般的な年代観よりも500年さかのぼる可能性があるとの見解を発表し、考古学における先史時代の実年代見直しの動きを主導した。また、佐原真の没後、その業績をまとめた『佐原真の仕事』(全6巻)を金関恕とともに編集しており、2005年(平成17年)より岩波書店から刊行されている。春成秀爾 フレッシュアイペディアより)

576件中 51 - 60件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード