576件中 61 - 70件表示
  • ヴァロン=ポン=ダルク

    ヴァロン=ポン=ダルクから見た旧石器時代旧石器時代

    ショーヴェ洞窟は、先史時代の洞窟壁画が残る。そこには420点の動物画がある。多くは直接的な日付が放射性炭素年代測定によってBP31000年前と判定され、ほぼ一貫性のある結果となった。科学界は、ショーヴェ洞窟がオーリニャック文化の時代から存在し、世界最古の洞窟壁画であることに満場一致で同意している。洞窟は、ラ・コンブ・ダルクという地、ポン=ダルクが水の浸食で生まれる以前はアルデシュ川の湾曲部であったところにある。1994年12月18日、洞窟をジャン・マリー・ショーヴェ、エリエット・ブリュネル、クリスティアン・イレールが発見した。ラスコー洞窟、コスケール洞窟、キュサック洞窟とともに、ショーヴェ洞窟はその壁画の美の質の高さにおいて、重要なフランスの洞窟の1つである。また、古生物学および壁画美術の観点からも大きな科学的関心をもたれている。オーリニャック文化の時代に描かれた壁画は、非常に多様な技術が習得されたことを物語っている。一般的に、旧石器時代の芸術の場合の主題は、動物である。ヴァロン=ポン=ダルク フレッシュアイペディアより)

  • 大野川 (松本市)

    大野川 (松本市)から見た旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代の遺跡の特徴や近隣の遺跡分布などを見ると、乗鞍高原にその遺跡があっても不思議ではないのだが、今のところ発見がない。大野川 (松本市) フレッシュアイペディアより)

  • ブラチ島

    ブラチ島から見た旧石器時代旧石器時代

    島にあった人の定住地の発見された考古学的な日付は、旧石器時代に遡る(スペタルとドニ・フマクの間にあるコパキナ洞窟)。それにもかかわらず、新石器時代以降の人類の痕跡は全くない。青銅器時代と鉄器時代に、イリュリア人が島内陸部で暮らしていた。数多くの村があったが、そのどれも現存していない。ブラチ島 フレッシュアイペディアより)

  • エイジ オブ エンパイア

    エイジ オブ エンパイアから見た旧石器時代旧石器時代

    エイジ オブ エンパイア (Age of Empires) は、マイクロソフトが発売したリアルタイムストラテジーゲーム。開発はアンサンブルスタジオ。『エイジ オブ エンパイア』シリーズの第1作目である。それまでにはなかった時代の進化というシステムを導入しており、4つの時代(旧石器時代、新石器時代、青銅器時代及び鉄器時代)を取り扱っている。この時代の進化という概念は以降のエンパイア・アースやライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜などのゲームにも用いられている。日本では、1997年12月19日に、アメリカでは、1997年10月15日に発売された。その後、拡張版のライズ オブ ローマが発売されている。エイジ オブ エンパイア フレッシュアイペディアより)

  • プレショフ

    プレショフから見た旧石器時代旧石器時代

    プレショフの場所に人が定住した記録は遅くとも旧石器時代に遡る。発掘された最古の石器とマンモスの骨は、およそ2万8千年前のものである。スラヴ人がこの地域に移り住んだのは、4世紀か5世紀である。プレショフ フレッシュアイペディアより)

  • 白滝遺跡

    白滝遺跡から見た後期旧石器時代旧石器時代

    白滝遺跡(しらたきいせき)は、北海道紋別郡遠軽町字上白滝に所在する北海道地方における後期旧石器時代の代表的な遺跡であり、70あまりの遺物出土地点の総称でもある。十勝三股・置戸とならぶ黒曜石の大原産地である。白滝遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 尖頭器

    尖頭器から見た後期旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代の研究が進展するにともない、縄文時代の石槍もポイント(尖頭器)と呼ばれるケースが増えており、その場合は後期旧石器時代から縄文時代にかけての槍先形の石器(上記の2.と3.)を呼称する。尖頭器 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾 (川崎市)

    長尾 (川崎市)から見た旧石器時代旧石器時代

    当地からは旧石器時代の石器や縄文・弥生時代の遺跡が発掘されるなど、古くから人が暮らしていた土地であり、平安時代の創建と伝わるほか、鎌倉時代には源頼朝の弟である全成が院主となった「威光寺」も所在していた(現存する妙楽寺は、威光寺の塔頭であった)。ただし、これらはすべて丘陵地帯(谷長尾)の側にあり、のちの河内長尾は多摩川の流路となっていた。長尾 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 池田市立歴史民俗資料館

    池田市立歴史民俗資料館から見た旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代から近代にわたる「池田」の歴史的・文化的特性を、考古・歴史・民族・美術工芸などの資料を通じて紹介する。池田市立歴史民俗資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 利器

    利器から見た後期旧石器時代旧石器時代

    3万年前頃になると石斧が定型化して柄がつき、また、刃先を磨いた局部磨製石斧も登場した。これも、大型獣の狩猟や解体、木の伐採や切断、土掘りなど多用途の石器である。さらに石刃(せきじん)技法の誕生で片刃(かたば)のナイフ形石器が出現し、これは後期旧石器時代を特徴づける石器となる。利器 フレッシュアイペディアより)

576件中 61 - 70件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード