576件中 71 - 80件表示
  • 利器

    利器から見た旧石器時代旧石器時代

    そのはじまりは、前期旧石器時代の握槌(にぎりづち、ハンド・アックス)で、狩猟、解体、伐採など多目的に用いた。利器 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌地理学

    土壌地理学から見た旧石器時代旧石器時代

    定住農耕社会において、紀元前6000年の北部メソポタミア(今のイラク)が人類最古と言われており、その後やや遅れてエジプトのナイル河畔でも発展した。これらは、旧石器時代末に獲物を狩りすぎたことによる生存危機にさらされた人類が数千年試行錯誤を続けた結果である。土壌地理学 フレッシュアイペディアより)

  • 石刃技法

    石刃技法から見た後期旧石器時代旧石器時代

    石刃技法(せきじんぎほう ブレード・テクニック:blade techniqure)とは、後期旧石器時代に出現し、同時代を特徴づける縦長剥片で両側面を並行にする剥離技術のこと。これにより、同じ規格の石器の剥片の量産が可能となった。長さ5センチ、幅1.2センチ以上の剥片を石刃とした(M.N.プレジョン)。石刃技法 フレッシュアイペディアより)

  • 土取利行

    土取利行から見た旧石器時代旧石器時代

    同時に、弥生時代、縄文時代、旧石器時代という日本有史以前の音楽の研究と演奏を深め、縄文鼓を復元・演奏した「縄文の音世界プロジェクト」は各方面から注目を集める。一時、アジアの打楽器を中心とした演奏集団「スパイラル・アームズ」も率いた。大野一雄、山田せつ子ら舞踊家との共演も多い。土取利行 フレッシュアイペディアより)

  • カプサ文化

    カプサ文化から見た旧石器時代旧石器時代

    カプサ文化は北アフリカ、チュニジア、アルジェリアに分布する旧石器時代後期から中石器時代にかけての文化。カプサ文化 フレッシュアイペディアより)

  • カンザス州の歴史

    カンザス州の歴史から見た旧石器時代旧石器時代

    これまでに解明された考古学および地質学的形跡を総合すれば、旧石器時代のマンモスを狩猟の対象とした一族が旧石器時代終わり頃のいずれかの時点(紀元前1万年頃までと考えられる)で、様々な手段で北アメリカ大陸北西部に入ってきた。紀元前7000年頃、北アメリカに入ったアジア系移民がカンザスにも到達した。当初カンザスに入った人々は決してカンザスを捨てることはなく、後から入ってきた人によってその数が増えていった。これら新参の人々はマンモス、ラクダ、地上性ナマケモノおよび馬に遭遇した。これらの生物種はそれ以前に大型動物を狩る洗練された人々に遭うことは無かったので、その結果は「更新世の過剰殺りく」となり、紀元前8000年頃までに北アメリカの大型氷河期動物のほとんど全ての種は急速にまた組織的に個体数を減少した。ある意味で、マンモスを追った狩人はグレートプレーンズ北部で最初の経済繁栄サイクルを経験しており、資源が枯渇するか破壊されるまで容赦なく使い果たした。カンザス州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・テイヤール・ド・シャルダン

    ピエール・テイヤール・ド・シャルダンから見た旧石器時代旧石器時代

    1924年、パリに一時帰国したテイヤールは、上長より彼の思想に問題があることを指摘され、中国へと再び戻る。1929年10月、テイヤールとカナダ人研究者ブラックは、パリ博物館に電報を打ち、北京原人の発見を報告する。周口店で発見された旧石器時代の石器を鑑定して、北京原人がこれらの石器を使用していたと判断した。この後、テイヤールは、ゴビ砂漠、中央アジア、インド、ビルマ、ジャワへと研究旅行に出かける。ピエール・テイヤール・ド・シャルダン フレッシュアイペディアより)

  • ヒューマン・ユニバーサル

    ヒューマン・ユニバーサルから見た前期旧石器時代旧石器時代

    現代的な行動のもっとも古い証拠は前期旧石器時代に発見されており、これらの普遍性の出現はそれ以前に遡ることができると考えられる。ブラウン(1991)は次のようにリストした。ヒューマン・ユニバーサル フレッシュアイペディアより)

  • ズヴォレン

    ズヴォレンから見た旧石器時代旧石器時代

    ズヴォレンは旧石器時代から人が住んでいた。9世紀、スラヴ人が定住を始め、現在の中央スロバキアの地域中心地となった。ズヴォレンは1760年代までズヴォレン地方の首都のままであった。11世紀から12世紀、ヨーロッパでも大きな中世の城の一つプスチー城が建設された。町は元々城下に建てられ、ブダ(ブダペストの一部)からクラクフへと向かう重要な貿易ルート、ヴィア・マグナ(Via Magna)の途上にあった。ズヴォレンはハンガリー王ベーラ4世によって1230年代に町の特権を授けられた。ハンガリー王国で最初に町となったものの一つである。のち、ラヨシュ1世が新たにズヴォレン城を築き、代々のハンガリー王たちに人気のある狩猟休暇地となった。女王マーリアと神聖ローマ皇帝ジギスムントは、ズヴォレンで1385年に挙式した。ズヴォレン フレッシュアイペディアより)

  • アルカラ・ラ・レアル

    アルカラ・ラ・レアルから見た旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代から、アルカラ・ラ・レアルの様々な場所に人の定住地があり、新石器時代、銅器時代、青銅器時代にも見られた。興味深いことに、この土地はネアンデルタール人が最後まで暮らしていた場所の一つとされている。青銅器時代後期からイベリア人の時代となり、彼らの定住地が現れた。ローマ時代にはセロ・デ・ラ・モタ地区が最初のローマ定住地となった痕跡が見られる。これがアルカラ・ラ・レアルそのものの発祥と見られている。しかしローマの建築物は、古いイベリア人時代の地層を破壊してしまっている。アルカラ・ラ・レアル フレッシュアイペディアより)

576件中 71 - 80件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード