403件中 71 - 80件表示
  • ナイフ形石器

    ナイフ形石器から見た後期旧石器時代旧石器時代

    ナイフ形石器(ナイフがた せっき)とは、後期旧石器時代に特徴的な、石刃(刃器)などの剥片に刃潰し剥離(剥片自身がもつ鋭い側縁の一部をナイフの刃のように残し、ほかの側縁を鈍くつぶす調整剥離)を加え、現在のナイフに似た形に仕上げた石器である。海外では先端の尖ったナイフ形石器を尖頭器に含んで扱うことが多いが、日本では両刃の槍先形尖頭器とは区別して片刃の利器をナイフ形石器と呼称する。ナイフ形石器 フレッシュアイペディアより)

  • ナイフ形石器

    ナイフ形石器から見た旧石器時代旧石器時代

    また、旧石器時代の時期区分や文化の発展段階を検討するうえで、槍先尖頭器や細石器と並んで重要な役割を果たしている。ナイフ形石器 フレッシュアイペディアより)

  • アルカセル・ド・サル

    アルカセル・ド・サルから見た旧石器時代旧石器時代

    人類定住の歴史は旧石器時代にさかのぼる。フェニキア人はこの地をケイティオン(Keition)と呼び、ルシタニアの時代まで重要な戦略要所となった内港を既に持っていた。ローマ時代に町は黄金期を迎えた。その地理的特徴のためイベリア半島の塩貿易及び貿易路のある地となり、このためにサラティア(Salatia)という古名が生まれたとされる。正しくはサラティア・ウルブス・インペラトリア(Salatia Urbs Imperatoria)と呼ばれ、この地方唯一のローマ帝国都市であった。地方第一の都市の地位は、西ゴート領となっても保たれた。アルカセル・ド・サル フレッシュアイペディアより)

  • 泥河湾遺跡

    泥河湾遺跡から見た旧石器時代旧石器時代

    泥河湾遺跡群(でいかわんいせきぐん)は、中国河北省張家口市陽原県東部の桑乾河北岸にある旧石器時代の遺跡群。馬圈溝遺跡・小長梁遺跡・侯家窯遺跡・虎頭梁遺跡などを一括して指す。泥河湾遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 駒込

    駒込から見た旧石器時代旧石器時代

    豊島区駒込一丁目と文京区本駒込五丁目との境で発見された駒込一丁目遺跡付近からは、弥生後期の遺跡が発見されている。これまで20棟を超える竪穴住居跡が発掘されている。現在の市街地が形成された江戸時代・明治時代から遡ってみると、市街地形成以前にも駒込の名は多く記録に残されている。また駒込は日本武尊が命名者との説がある。付近の西ヶ原でも旧石器時代の出土品や縄文時代の集落跡が見つかっている。駒込染井村には伊勢津藩藤堂家が下屋敷・抱屋敷(約8万坪:26万m²)を構えていた。染井村には植木職人が多く住み、村全体が花園だった。ソメイヨシノもこの地の植木職人が作り出したとされている。現在は染井霊園に当時の地名を見ることができる。また、この辺りでは霧島ツツジの栽培も盛んだった。JR駒込駅の土手に春になるとツツジが多いのはその名残。また木戸孝允別邸跡があり、明治天皇行幸の石碑が建てられている。この近隣には木戸坂という坂がある。駒込 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フレール

    ジョン・フレールから見た旧石器時代旧石器時代

    ジョン・フレール(John Frere、1740年8月10日 - 1807年7月12日)は、イングランドの好古家、すなわち考古学確立以前の遺物研究者で、1797年にサフォーク州ホクスンで旧石器時代の石器を、絶滅種の大型動物とともに発見した先駆者。ジョン・フレール フレッシュアイペディアより)

  • 打製石器

    打製石器から見た旧石器時代旧石器時代

    打製石器(だせいせっき)とは、石を打ち砕いてつくられた石器で磨きをともなわないもの。日本では主に旧石器時代から縄文時代にかけて使われており、弥生時代に入って金属器が使われるようになると次第に減少した。磨製石器に対する語。打製石器の材料としては、黒曜石、サヌカイト、頁岩などがある。打製石器 フレッシュアイペディアより)

  • 頭型

    頭型から見た旧石器時代旧石器時代

    頭蓋変形がいつから始まったのかははっきりしないが、最も古いものは西アジアでの紀元前8000年くらい前の例が確認されているので、旧石器時代からあった可能性も考えられる。頭型 フレッシュアイペディアより)

  • コンブ・カペル

    コンブ・カペルから見た旧石器時代旧石器時代

    コンブ・カペル(Combe Capelle)は南フランス、ドルドーニュ県のベルジュラック南東38kmのペリゴール地方のCouzeの谷にある旧石器時代の遺跡である。コンブ・カペル フレッシュアイペディアより)

  • 東国文化歴史街道

    東国文化歴史街道から見た旧石器時代旧石器時代

    日本ロマンチック街道などと同類の、いわゆる観光街道の1つである。この街道の沿線には、旧石器時代の岩宿遺跡や、古墳時代の古墳(太田天神山古墳など)、古代-中世の律令制における国府・官衙・荘園に関する遺跡(新田荘遺跡など)、前近代の中山道・日光例幣使街道の宿場(倉賀野宿など)といった、東国文化の史跡・文化財が散在し、また街道を経由して足尾銅山や日光といった隣県の名跡にも行くことができるため、このような名称がつけられた。道路地図やカーナビ上の地図、地図検索サービスサイトのオンライン地図に表示されていることが多く、地元の住民やツーリング等においても一般的に利用されている。東国文化歴史街道 フレッシュアイペディアより)

403件中 71 - 80件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード