576件中 81 - 90件表示
  • ピテシュティ

    ピテシュティから見た旧石器時代旧石器時代

    この地域にあった最初の人間の定住地は、旧石器時代に遡る。硬貨が紀元前3世紀に、トラキアでリュシマコスが発行したドラクマ硬貨のデザインを模倣してダキア人によって鋳造されており、ピテシュティで発見された。小さなローマ帝国のカストゥルムが紀元3世紀に建てられた。これは今日のピテシュティの近接した場所であった(ローマ属州ダキアとモエシアのための防御施設の一部としてであった)。大移動時代、ピテシュティ一帯は歴史家ジウレスクによれば、ヴラフ人とスラヴ人との間の貿易地であり、彼の意見では、丘の上の市場を意味する孤立した場所、トゥルグル・ディン・デアル('''')の発祥だとしている。ピテシュティ フレッシュアイペディアより)

  • ドロシー・ギャロッド

    ドロシー・ギャロッドから見た前期旧石器時代旧石器時代

    ギャロッドは、イギリス古生物学者のドロシア・ベイトと緊密に協力して、カルメル山のタブーン、エル=ワド、エス=スフール、シュクバ、ケバラの各洞窟で発掘を試み、前期旧石器、中期旧石器および亜旧石器の時代系列を実証し、地域の有史以前の時代の理解に大きく貢献した。エス=スフールとエル=ワドでの発掘の後、シュクバ洞窟が位置するワディ=エ=ナトゥフの河谷にちなんで、亜旧石器時代末期の文化について「ナトゥフ文化」と命名した。ギャロッドによるレバント地方での発掘で確立された年代順の枠組みは、有史以前の時代を理解するのに現在においても重要なものとなっている。レバント地方の洞窟の発掘調査は、地元の村から積極的に女性労働者を募集し、ケバラン文化の遺跡であるケバラ洞窟では仲間の考古学者のフランシス・タービルピーターと共に働いた。ドロシー・ギャロッド フレッシュアイペディアより)

  • ドロシー・ギャロッド

    ドロシー・ギャロッドから見た中期旧石器時代旧石器時代

    ギャロッドは、イギリス古生物学者のドロシア・ベイトと緊密に協力して、カルメル山のタブーン、エル=ワド、エス=スフール、シュクバ、ケバラの各洞窟で発掘を試み、前期旧石器、中期旧石器および亜旧石器の時代系列を実証し、地域の有史以前の時代の理解に大きく貢献した。エス=スフールとエル=ワドでの発掘の後、シュクバ洞窟が位置するワディ=エ=ナトゥフの河谷にちなんで、亜旧石器時代末期の文化について「ナトゥフ文化」と命名した。ギャロッドによるレバント地方での発掘で確立された年代順の枠組みは、有史以前の時代を理解するのに現在においても重要なものとなっている。レバント地方の洞窟の発掘調査は、地元の村から積極的に女性労働者を募集し、ケバラン文化の遺跡であるケバラ洞窟では仲間の考古学者のフランシス・タービルピーターと共に働いた。ドロシー・ギャロッド フレッシュアイペディアより)

  • ドロシー・ギャロッド

    ドロシー・ギャロッドから見た旧石器時代旧石器時代

    ドロシー・ギャロッド(Dorothy Annie Elizabeth Garrod、1892年5月5日 - 1968年12月18日)は、イギリスの考古学者。旧石器時代の先駆的な仕事を通して、女性初のオックスブリッジ主任教授となった。大英帝国勲位(CBE)、英国学士院会員(FBA)。父は医師のアーチバルド・ギャロッド卿。ドロシー・ギャロッド フレッシュアイペディアより)

  • ムトリク

    ムトリクから見た旧石器時代旧石器時代

    この地域には旧石器時代から人類が居住していたことが、ジェンティレチェア2とイルロイン・ランガチョの洞窟から明らかとなっている。ムトリク フレッシュアイペディアより)

  • 磨石

    磨石から見た旧石器時代旧石器時代

    山形県押出遺跡や長野県大崎遺跡からは、堅果の粉による食品「縄文クッキー」の炭化したものが出土しており、粉食文化が広く普及していることを物語っている。磨石の出土は圧倒的に縄文時代に多いが、石皿とセットになっての出現は旧石器時代のナイフ形石器の盛行する時期にまでさかのぼる。磨石 フレッシュアイペディアより)

  • カンガス・デ・オニス

    カンガス・デ・オニスから見た旧石器時代旧石器時代

    旧石器時代前期とされる定住地跡が、ボシュ洞窟とロス・アスレス洞窟で見つかっている。そこには石柱や骨、あらゆる種類の動物とジオメトリックなモチーフを取り混ぜた洞窟壁画が残っていた。新石器時代の定住地跡はセルムラやトレスパの洞窟で発見されている。同様に、保存状態のよいドルメンが見つかっている。アストゥリアス人とカンタブリア人はともにローマの侵攻に抵抗した民族である。ローマ化を進めるには、既にローマが平定した地域とカンタブリアとを結ぶ道路を建設することが必要だった。カンガス・デ・オニス フレッシュアイペディアより)

  • チクラーナ・デ・ラ・フロンテーラ

    チクラーナ・デ・ラ・フロンテーラから見た旧石器時代旧石器時代

    チクラーナの歴史は旧石器時代にさかのぼると、一部の歴史家は主張する。チクラーナの沖合いにあるサンクティ・ペトリ島は、フェニキア人が建てたガデイラのヘラクレイオン神殿があった場所でないかとされている。市内からは、フェニキア人定住地があったことを示す出土品が発掘されている。1930年、この小島を訪れた作曲家マヌエル・デ・ファリャは、インスピレーションを受けて『アトランティーダ』を作曲している。チクラーナ・デ・ラ・フロンテーラ フレッシュアイペディアより)

  • ビスカヤ県

    ビスカヤ県から見た旧石器時代旧石器時代

    ビスカヤにおいて、旧石器時代中期の人間(ネアンデルタール人)の居住の証拠が確認されている。ビスカヤの3地域、ベンタ・ラペラ(カランツァ)、クルツィア(ゲチョ)、ムルア(ドゥランゴアルデア)でムスティエ文化の遺物が発見されている。ゲルニカ近くのサンティマミニェ洞窟では、旧石器時代後期のシャテルペロン文化(やはりネアンデルタール人)の遺物が発見されている。ホモ・サピエンスの重要な居住地には、オーリニャック文化のベンタ・ラペラ、クルツィア、ルメンツァ、のサンティマミニェ、ボリンコバ、アチュラ、のサンティマミニェ、ボリンコバ、のサンティマミニェ、ルメンツァなどがある。ビスカヤ県 フレッシュアイペディアより)

  • サフル大陸

    サフル大陸から見た旧石器時代旧石器時代

    人類がサフル大陸に進出したのは、最終氷期にあたる紀元前6万?5万年の旧石器時代である。そのため、当時は海面が現在より80メートルも低かったとされ、大陸が形成できた。しかし、それでもサフル大陸に最も近い現在の東南アジアとなるスンダランドからは80キロメートルの距離があり、意図的な航海だったことが予測されている。この時代の人間は簡単な石器しか作れなかったため、サフル大陸に渡った人類の痕跡は、石器類の人工遺物、埋葬された人骨などである。最も古い人類の痕跡は北部、東南部から発見されており、年代は約6万年前なので、上陸した地からかなり遠い東南部から報告されているということは、かなり速いスピードで人類がサフル大陸に進出して行った事が分かる。また、オーストラリアの古い遺跡が、サフルの海岸沿いに位置していることから、海岸沿いに人類が進出したものと思われる。サフル大陸 フレッシュアイペディアより)

576件中 81 - 90件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード