403件中 81 - 90件表示
  • 高原山

    高原山から見た後期旧石器時代旧石器時代

    矢板市北部にある活火山・高原山を構成する一峰である剣ヶ峰が原産の黒曜石を使用した石器が矢板市より200km以上離れた静岡県三島市や長野県信濃町の遺跡で発見され研究が進められている。産出時期は古いものでは石器の特長より今から約3万5千年前の後期旧石器時代と考えられており、その採掘坑遺跡(高原山黒曜石原産地遺跡群)は日本最古のものと推定されている。氷河期の寒冷な時期に人が近付き難い標高1,500m近い高地で採掘されたことや、従来の石器時代の概念を覆すような交易範囲の広さ、遺跡発掘により効率的な作業を行っていたこと等が分かっている。またこの新しい発見により日本人の起源、人類の進化をたどる手掛かりになると言う研究者の発言も報道もされている。高原山 フレッシュアイペディアより)

  • スプリング・エフェメラル

    スプリング・エフェメラルから見た旧石器時代旧石器時代

    一方、約1万年前の最終氷期の終焉に伴い、氷期の落葉広葉樹林の生態系に適応した生活文化を持つ旧石器時代人が、新しい照葉樹林の生態系に文化の適応を起こして縄文人となったときに、生活資源の獲得方法を熟知した落葉広葉樹林を維持するために、森林の一部に一定の手入れを続けて、今日の照葉樹林地帯における里山や草原の原型を作り出して維持し続けたという説も提唱されている。その場合、日本の照葉樹林地帯に見られるスプリング・エフェメラルは、縄文人による生態系操作によって間氷期を生き延びて現在に至っていることになる。スプリング・エフェメラル フレッシュアイペディアより)

  • 川名

    川名から見た旧石器時代旧石器時代

    川名地区南部の清水遺跡からは旧石器時代後期の石器(表面採集=礫器・剥片)が出土している。川名 フレッシュアイペディアより)

  • 原史時代

    原史時代から見た原始時代旧石器時代

    原史時代(げんしじだい、)とは、同時代における文献・伝承が断片的にまたは痕跡的に存在するが、それのみで当該時期における人類の過去を十分に知ることが不可能な時代をいう。先史時代および歴史時代に対応する時代概念であり、日本語における同音の原始時代と混同されやすいが別物である。日本では古墳時代(特に中国の歴史文献における記述がなく、ヤマト王権の成立過程などが把握しづらい「空白の4世紀」)がこれに該当するとされ、初期古代国家・日本文化発端期にあたる弥生時代も含まれるとする説もある。ただし、文献の遺存の有無や多少に基づいて時代区分を行う考え方には批判もあり、研究者の間でもこの呼称の使用に関しては意見が分かれている。原史時代 フレッシュアイペディアより)

  • コロミエ

    コロミエから見た旧石器時代旧石器時代

    コロミエの領域には旧石器時代に既に人が定住していた。この時代の発掘品がトゥールーズの博物館に展示されている。コロミエ フレッシュアイペディアより)

  • シャテルペロン文化

    シャテルペロン文化から見た後期旧石器時代旧石器時代

    シャテルペロン文化(シャテルペロンぶんか、カステルペロニアン文化、カステルペロン文化とも)とは西ヨーロッパ後期旧石器時代初期の約3.6万年前から3.2万年前に栄えた文化。フランス、アリエ県のシャテルペロン洞窟にちなんで名づけられた。時代的にはムスティエ文化の後、グラヴェット文化、オーリニャック文化の前の文化である。シャテルペロン文化 フレッシュアイペディアより)

  • フィレレース

    フィレレースから見た原始時代旧石器時代

    魚網等のネット作りそのものは原始時代より存在し、狩猟採集に使用されていた。フィレレース フレッシュアイペディアより)

  • キュベレー

    キュベレーから見た旧石器時代旧石器時代

    この女神はアナトリアで新石器時代から崇拝されていた大地母神の系譜を引いていると考えられている。ガイアーやそのクレータ島での対応女神レアーと同じく、キュベレーは肥沃な大地、谷や山、壁や砦、自然、野生動物(特にライオンと蜂)を体現する。 (ポトニア・テローン、「百獣の女王」)という称号はクレータ島の大いなる母(レアーのこと)とも関連して、この女神が旧石器時代に遡る歴史をもつことをほのめかしている。この女神は死と再生の神の一柱である。キュベレーの夫は、同時にキュベレーの息子であるアッティスで、後代にはアッティスの祭祀集団が結成された。キュベレー フレッシュアイペディアより)

  • ウォーハンマー

    ウォーハンマーから見た旧石器時代旧石器時代

    槌は旧石器時代から使用されていた人類の基本的な工具の一つで、道具としてのみならず狩猟や戦闘にも使用された。軍隊でも杭を打つのに使用する陣地作成に欠かせない工具であり、急場では戦闘にも用いられたものの、純戦闘用に開発された槌はあまり見られない。これは工具としての面が強いことや、殴打武器としてはメイスや棍棒と比べ扱いにくい事などが要因としてあげられる。ウォーハンマー フレッシュアイペディアより)

  • オーリニャック文化

    オーリニャック文化から見た旧石器時代旧石器時代

    オーリニャック文化(Aurignacian)はフランス・ピレネー地方を中心とする地域の旧石器時代後期に属する一文化。ヨーロッパにおいて更新世の最後の氷河期である第4氷期の第1亜間氷期から第2亜間氷期まで続いていた。オーリニャック文化 フレッシュアイペディアより)

403件中 81 - 90件表示

「旧石器時代」のニューストピックワード