前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 心理的契約

    心理的契約から見た希望退職早期優遇退職

    日本の企業においては多くの場合は心理的契約という形で労働契約が結ばれていた。というのも日本においての雇用形態というのは終身雇用制が主であり、従業員というのは終身を就職先で過ごすこととなり、余程の事がない限り他の企業に移るということが無かったからである。終身雇用制を導入していてもそれが明文化されておらず、労働契約においても終身雇用を契約していないという場合が多かった。だが日本の経済状況の変化とともに企業は従業員を終身雇用するということが難しくなり、人員削減をするという必要が生じるようになった。そしてリストラが行われるようになり早期退職や希望退職などという形で実質の解雇が行われるようになってきた。企業がこのような形になったならば終身雇用は行われないというわけであり、従来の心理的契約ならば労働者の雇用を守ることができず雇用契約は不完備であると批判されるようになってきた。このことから今後の日本企業においては、後に公正に労働者を解雇するためにも労働契約の明確化が必要となってきているわけである。心理的契約 フレッシュアイペディアより)

  • 小関博

    小関博から見た早期優遇退職早期優遇退職

    1977年群馬銀行頭取就任。同銀行の人事制度を大幅に刷新し、1983年には従来の57歳定年制を1年に1歳ずつ引き上げ、60歳定年制に移行させ、同時に早期優遇退職を開始するほか、給与体系の見直し、検査役、相談係などの新専任職の設置などを行うことを明らかにした。その後群馬銀行は1989年には過去最高の経常利益約243億円を達成した。小関博 フレッシュアイペディアより)

  • 山中かん

    山中かんから見た早期優遇退職早期優遇退職

    当時の松屋は多店舗戦略やゴルフ会員権販売の失敗、またオイルショックの影響を受け、売上は対前年比マイナス97%の経営危機に瀕していた。売り場の士気も低く、商品ケースは汚れてほこりをかぶり、従業員は意気消沈していたという。着任までの1か月に方針をおおむね固め、創業地でもあった横浜店を1978年横浜松坂屋へ売却し、約400名の希望退職者募集、約140億円にも及んだ借入金を当時メインバンクであった三菱銀行へ一本化するなどの対策を行った。山中かん フレッシュアイペディアより)

  • 中西龍

    中西龍から見た希望退職早期優遇退職

    1984年6月16日、NHKを希望退職。『にっぽんのメロディー』のほか、フジテレビ『鬼平犯科帳』やCMのナレーションを担当し、フリーとして活動の場を広げる。中西龍 フレッシュアイペディアより)

  • HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜

    HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜から見た早期優遇退職早期優遇退職

    黎に早期優遇退職を勧告する。HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜 フレッシュアイペディアより)

  • JAL再生タスクフォース

    JAL再生タスクフォースから見た希望退職早期優遇退職

    これにともなって人員整理が必要となった。人員整理は職種ごとに行われたが、募集した希望退職の人員に達しない場合、リストラの対象としたパイロットや客室乗務員には白紙の勤務シフト表を渡して希望退職に応じるまで退職を促す面談部屋への出勤を義務づけるなどの措置で、当初の削減目標を達成した。JAL再生タスクフォース フレッシュアイペディアより)

  • イタリヤード

    イタリヤードから見た早期優遇退職早期優遇退職

    10月1日と10月10日期日の仕入決済資金として4億円をメインバンクの三和銀行に申し込んだが、「新規融資はできません」との一点張りで断られたという。そのため、主要仕入れ先8社に対して仕入債務3億7,000万円の支払延期を受け、かつ10月31日期日の仕入債務3億3,000万円の支払延期を要請しなければならなくなった。9月27日には、全従業員120名の4分の1に当たる30名程度の早期優遇退職募集を発表。翌9月28日には、北村は経営再建に取り組む姿勢を明確にすべく剃髪した姿で、人員削減や在庫圧縮を進めながら外部のデザイナーを起用し、ヤング層を対象とする新ブランドを翌春から販売して早期の黒字化を目指す旨を発表した。イタリヤード フレッシュアイペディアより)

  • 会社都合退職

    会社都合退職から見た早期優遇退職早期優遇退職

    かつて「解雇」が法律的に詳細定義されていない時代には使用者の都合による安易な契約解除(解雇もしくは不当解雇)も多く存在した。不況時にはそれが激化したことなどから、近年の労働基準法の改正により、「解雇ルール」が明文化され、使用者の安易な解雇ができなくなった。したがって、労働者の契約を終了させるのにも相当な理由が必要となった。また解雇には労働者の意思を挟み込む余地がないので、解雇された労働者が「不当解雇」と言うことで争い(主に訴訟や公的機関での紛争)が生じる可能性も充分にあり、使用者にとっても不安定な状況におかれてしまう。さらには使用者、労働者とも、膨大な時間と費用の浪費を余儀なくされる。そこで、それに替わる使用者起因による労働契約解除の効果として、法律的な位置付けはされていないが、退職勧奨や早期優遇退職などの「働きかけに応じる」という行為が使用者及び(退職を考えている)労働者の双方にとってメリットがあるということで急増している。それが労働者の退職時の手当て(退職金)や離職後の求職者給付などにおいて手厚い処遇をされ、使用者も解雇をすることによる外部からの風当たりや労働者からの軋轢(あつれき)を避けられることにもなり、この言葉が社会常識化した慣例用語とも言える。会社都合退職 フレッシュアイペディアより)

  • 会社都合退職

    会社都合退職から見た希望退職早期優遇退職

    退職勧奨;使用者から労働者への働きかけが原因なので会社都合と言える。事業縮小などによる希望退職の募集などがこの例に入る。会社都合退職 フレッシュアイペディアより)

  • おやじの背中

    おやじの背中から見た早期優遇退職早期優遇退職

    元柏陽建設土木工事部部長。これまで多くの橋建設事業に従事。早期退職優遇制度や雇用保険の受給などで当面の生活には困らないと依願退職したことを家族に告げるが、肝心な退職理由については言葉を濁していた。主婦業は誰にも出来る簡単な仕事だと安易な気持ちで主夫を始める。おやじの背中 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「早期退職」のニューストピックワード