172件中 51 - 60件表示
  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た北海道放送

    Webページではマイクロソフトと連携し、Microsoft Windows Vistaの標準機能であるWPFを活用した、旭山動物園の紹介や動物について詳細に書かれている無料コンテンツ「Mother Earth〜母なる地球」が作られた。2009年4月には、旭川市が制定した旭山動物園オフィシャルサポーター制度で承認された「あさひやま"もっと夢"基金応援サイト 旭山動物園モバイル」がJNN系列である北海道放送よりリリースされ、ライブカメラで「あざらし館」や「ほっきょくぐま館」、「ぺんぎん館」をのぞく事が出来る他、開園当時の様子や、貴重なテレビ放送の動画なども閲覧することが出来る。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た旭川電気軌道

    旭川市でも動物園開設を求める声が大きくなり、当時の五十嵐広三市長(後の建設大臣・内閣官房長官)が、1964年度以降開園へ向け予算をつけた。建設地には市内数カ所の候補があったが、地形や地質が適していたこと、また市内中心部から旭川電気軌道の路面電車(旭川電気軌道東旭川線、1972年限りで廃止)が運行されていたことなどが決め手となり、市の東部にある旭山が選ばれた。1966年4月着工、1967年6月完工、総事業費は約2億5千万円であった。各地に預託されていた動物を運び入れて開園したのは1967年7月1日である。当初の動物は75種505匹だった。なお、これにはコイ200匹も含まれている。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た日本放送協会

    2005年11月15日、NHKの番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜・旭山動物園〜ペンギン翔ぶ〜」に取り上げられた。また、2006年5月13日には、フジテレビ系列で旭山動物園をモチーフとしたスペシャルドラマ「奇跡の動物園〜旭山動物園物語〜」が放送、次いで2007年5月11日、2008年5月16日に続編が放送され、その後もたびたびドラマの撮影や映画の撮影が行われている。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たホッキョクグマ

    動物の自然な生態が見られる行動展示(後述)を実施して、一躍有名になった。1997年以降は入園者数が増加し、北海道を代表する観光地として定着している。日本国内だけではなく海外からも数多くの観光客が訪れている。2004年6月の「あざらし館」公開以降は7月は18万5,461人、8月は32万1,500人と、恩賜上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数を記録した。2006年度の入園者数は300万人を超え、350万人の来園者があった上野動物園に次いで国内2位、2010年以降は、愛知県の東山動植物園に抜かれ第3位になったが世界レベルでも上位の入場者数を記録している。寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、旭山動物園が国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物にホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがいる。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たコノハズク

    動物の自然な生態が見られる行動展示(後述)を実施して、一躍有名になった。1997年以降は入園者数が増加し、北海道を代表する観光地として定着している。日本国内だけではなく海外からも数多くの観光客が訪れている。2004年6月の「あざらし館」公開以降は7月は18万5,461人、8月は32万1,500人と、恩賜上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数を記録した。2006年度の入園者数は300万人を超え、350万人の来園者があった上野動物園に次いで国内2位、2010年以降は、愛知県の東山動植物園に抜かれ第3位になったが世界レベルでも上位の入場者数を記録している。寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、旭山動物園が国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物にホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがいる。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たオオワシ

    2007年4月 - 年間入園者数が300万人を突破(2006年度)。国内で初めてオオワシの人工孵化に成功する。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た旭川駅

    旭川駅前始発で41・42・47系統、旭山動物園行。41・47系統は「東旭川1条6丁目」停留所にて東旭川駅乗換も可能。休園日は「旭山」行に系統が変更になる。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たゾウ

    今後の構想・計画としてゾウの多頭飼育を検討中である。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見た行動展示

    動物の自然な生態が見られる行動展示(後述)を実施して、一躍有名になった。1997年以降は入園者数が増加し、北海道を代表する観光地として定着している。日本国内だけではなく海外からも数多くの観光客が訪れている。2004年6月の「あざらし館」公開以降は7月は18万5,461人、8月は32万1,500人と、恩賜上野動物園を抜いて日本一の月間入園者数を記録した。2006年度の入園者数は300万人を超え、350万人の来園者があった上野動物園に次いで国内2位、2010年以降は、愛知県の東山動植物園に抜かれ第3位になったが世界レベルでも上位の入場者数を記録している。寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、旭山動物園が国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した動物にホッキョクグマ、アムールヒョウ、コノハズクなどがいる。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市旭山動物園

    旭川市旭山動物園から見たモモイロペリカン

    異なる動物を同じ場所で飼育する「混合展示」も新たな取り組みとして試みられている。現在はゴマフアザラシとウミネコ・オオセグロカモメ、ジェフロイクモザルとカピバラの混合展示を行っている。過去にはペンギン館でアザラシの仔を飼育していたことがあるほか、マルミミゾウとモモイロペリカンの混合展示もあった。動物同士のストレス解消などの狙いがある。旭川市旭山動物園 フレッシュアイペディアより)

172件中 51 - 60件表示

「旭山動物園」のニューストピックワード