前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示
  • ピクト

    ピクトから見た旭硝子旭硝子

    旭硝子 企業 「世界中でAGC?ロシア昼」篇ピクト フレッシュアイペディアより)

  • AGCセラミックス

    AGCセラミックスから見た旭硝子旭硝子

    AGCセラミックス(英文名称AGC Ceramics Co.,Ltd.)は耐火物やファインセラミックスの製造を行う企業。旭硝子の子会社。AGCセラミックス フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄UT1形コンテナ

    国鉄UT1形コンテナから見た旭硝子旭硝子

        51、パシフィックリース所有(旭硝子借受)。 メチレンクロライド専用。国鉄UT1形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 長瀬朋彦

    長瀬朋彦から見た旭硝子旭硝子

    1975年3月、成蹊大学工学部機械工学科卒業後、同年4月に旭硝子株式会社へ入社。長瀬朋彦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮下信顕

    宮下信顕から見た旭硝子旭硝子

    2006年 AGCモノづくり研修センター宮下信顕 フレッシュアイペディアより)

  • 九州電気軌道

    九州電気軌道から見た旭硝子旭硝子

    大門発電所完成後の1912年8月、電力供給事業の第一歩として九州帝国鉄道管理局小倉工場(現・JR小倉総合車両センター)と電力供給契約を締結し、年末までに2,000キロワットの電力供給を開始した。大戦景気の影響もありその後こうした大口電力供給は活況を呈し、1914年(大正3年)には2月の浅野セメント(現・太平洋セメント)への供給開始を皮切りに、10月には門司方面は九州帝国鉄道管理局・九州電線・帝国麦酒、小倉方面は市立病院、八幡方面は旭硝子へと供給を開始、11月にはさらに大里製粉と新規供給が続いた。その後も1915年(大正4年)に大里製粉・東京製綱小倉工場、1916年に陸軍兵器廠・大阪曹達(現・大阪ソーダ)小倉工場、1917年に浅野製鋼(現・新日鐵住金小倉地区)・東洋陶器(現・TOTO)・神戸製鋼所、1920年に豊国セメント苅田工場(現・三菱マテリアル)と続々電力供給契約が成立している。供給電力量は1914年時点では133万キロワット時であったが、1919年(大正8年)には573万キロワット時へと伸長した。一方、小口の電力供給については石炭やガスといった他の動力源に押され成績は振るわなかった。九州電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢化学工業

    伊勢化学工業から見た旭硝子旭硝子

    伊勢化学工業株式会社(いせかがくこうぎょう)は、旭硝子子会社の専門化学メーカーである。ヨウ素及びヨウ素化合物、電池材料に使用される金属化合物の生産や、天然ガスの採取・販売を行っている。特に、ヨウ素は、日本、アメリカ、チリのみで生産されているもので、伊勢化学工業は、日本のヨウ素生産量の4割以上、世界の生産量の約12%を供給する世界的有力メーカーである。地中から汲み上げられた鹹水を原料としてヨウ素を製造している。鹹水の採取地は千葉県の南関東ガス田及び宮崎県の宮崎ガス田である。伊勢化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • AGCプライブリコ

    AGCプライブリコから見た旭硝子旭硝子

    称.,Ltd.)は、日本の窯業会社。耐火物などの製造を行う。旭硝子グループ。AGCプライブリコ フレッシュアイペディアより)

  • 石津進也

    石津進也から見た旭硝子旭硝子

    石津 進也(いしづ しんや、1938年8月23日 - )は、日本の実業家。旭硝子代表取締役社長、取締役会議長を歴任。ベルギー王国王冠勲章コマンドール章受章。石津進也 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川区

    神奈川区から見た旭硝子旭硝子

    旭硝子中央研究所(羽沢町)神奈川区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示

「AGC」のニューストピックワード